トラリピ

トラリピで生活できるか

裁量トレードは楽しいです。そして、トラリピで自動的に稼いでくれるのも楽しいです。この考え方を突き詰めますと、「トラリピの自動売買で生活」という話が出てきます。

そこで、トラリピで生活できるか、生活できるならどれくらいの資金力が必要か考察します。

トラリピで生活するのに必要な収入

まず、生活するために必要な金額を確認しましょう。それを受けて、トラリピでどうやってその額を確保するか検討します。

一人暮らしで比較的質素でもOK、もしもの場合の貯蓄等も考えて、月20万円くらいほしいと考えたとします。FXの税率は基本20%ですから、毎月25万円の収入となります。

年収で300万円です。

社会保険料や衣食住の費用を考えますと、余裕はなさそうです。しかし、生活できそうです。そこで、トラリピで月25万円稼ぐことを考えます。

毎日1万円以上の収益を得るには

1か月は30日くらいですが、FXで取引できるのは21日前後です。よって、毎日1万円以上の収入が必要です。1日1万円を獲得する利食い例を考えてみます。

  • 1万通貨の取引で、100銭の利食いを毎日1回
  • 1万通貨の取引で、50銭の利食いを毎日2回
  • 2万通貨の取引で、50銭の利食いを毎日1回

これに、スワップポイントが加算されます。この利食いができるか?です。上から順に確認しましょう。

1万通貨で、100銭の利食いを毎日1回

100銭の利食いを毎日期待するのは、現実的ではありません。大波乱相場のときには、100銭でも面白いように約定します。

しかし、平常時の場合、100銭だと1週間に1回前後の利食いになるのでは?と想定できます。週1回では、全く足りません。

1万通貨で、50銭の利食いを毎日2回

そこで、利幅を50銭にしてみます。50銭だと、100銭よりは利食いしやすいでしょう。しかし、平穏時は週に数回しか約定しない場合もあります。

毎日2回の利食いを期待するのは、厳しいです。

2万通貨で、50銭の利食いを毎日1回

今回挙げた選択肢の中では、これが最も現実味があります。ただし、50銭の利食いを続けるには、ある程度の値動きが必要です。

値動きが活発になり、スワップポイントも大きくなることを期待します。この選択肢を使って、必要な証拠金を計算しましょう。

必要な証拠金はいくらか

では、トラップ1本の取引数量を2万通貨、50銭ごとに買うというトラリピで生活するとしましょう。この場合、どれくらいの資金が必要でしょうか。

豪ドル/円を例にして、考察します。

超長期で放置トレードの場合

トラリピは、文字通り放置して自動売買できるのが特徴です。この性質を生かして生活するには、それなりの範囲に注文を設定する必要があります。

下は、豪ドル/円の長期チャートです(M2Jから引用)。1992年以降を表示しています。

豪ドル/円の長期チャート

過去最低値は55円くらい、そして、高値は108円くらいです。そこで、以下の設定でトラリピするとします。

  • 取引数量:2万通貨
  • 取引範囲:55円~100円
  • 発注頻度:50銭ごとに買い

この場合、必要な証拠金は4,700万円くらいになります。巨額すぎて、だれも実行しないのでは?という金額になりました。

そこで、少し条件を変えます。55円から85円の間でトラリピします。

円安で買ってから円高になると、含み損が大きくなります。その含み損に耐えられるように証拠金を準備しますから、必要額が大きくなります。そこで、円安部分の注文を削除です。

この場合、必要な証拠金は2,200万円くらいです。4,700万円に比べれば半減以下です。しかし、2,200万円も、大きすぎる金額です。

波乱相場のトラリピ

過去最低値から高値までを広くカバーする方法は、どうやら現実的でないようです。そこで、考え方を変えます。波乱相場の時はどうだった?です。

下は、2020年前半の豪ドル/円の日足チャートです。

豪ドル/円の日足チャート

超長期で取引する場合、最低値は55円でした。今回は、60円くらいです。取引範囲が狭くなりますので、必要な証拠金が少なくなります。

仮に、60円~70円で取引するとします。この時に必要な金額は、300万円台です。最初に検討した際に出てきた4,700万円に比べると、圧倒的に小さい金額になりました。

また、特筆できるのは、値動きの大きさです。

上のチャートは縮小していてメモリが見づらいですが、縦軸は2.5円(250銭)ごとに書かれています。

1日で100銭を余裕で超える値動きを連発しましたから、1日1回どころか、2回3回と利食いできた日もあったでしょう。

乱高下を狙う

以上の考察を踏まえますと、以下のことが言えそうです。

毎日1万円を狙うと、必要資金が大きすぎる。乱高下の相場で一気に利食いを狙うと、必要な資金は控えめで、収益を大きくできる。

では、乱高下の相場とは具体的にどこか?ですが、豪ドル/円ならば、下の赤枠で囲った部分などです。

豪ドル/円の長期チャート

  1. 阪神・淡路大震災
  2. アジア経済危機後~ドットコムバブル崩壊あたり
  3. リーマンショック
  4. 新型コロナウイルス問題

円高&大乱高下となったのは、いずれも日本にとって良くないことが起きた時期です。

今後はどうなるか不明ですが、4回同じ事が起きたのなら5回目も同じなのでは?と想定して、リスク管理を万全にしつつ利食いを狙えそうです。

乱高下以外はどうする?

この記事は、トラリピで生活できるか?を考えています。乱高下相場では良好な利食いを実現できると分かりましたが、それ以外の時期はどうする?が問題になります。

下は、選択肢の例です。

  • 乱高下で一気に稼ぐ
  • 平常時は諦めて、少額を稼ぐ

毎日、あるいは毎月定額を稼ごうと思うと、どうしても無理が出てきます。その無理を押しのけて稼ぐには、多額の証拠金が必要になります。

そこで、メリハリをつけます。普段は少額でOK、乱高下で一気に狙うというスタイルです。

また、今回は豪ドル/円に焦点を当てましたが、通貨ペアを限定する必要はありません。その時々で旬となっている通貨ペアを探して、売買できます。

トルコリラ/円などは厳しい

なお、収益を考える場合、利食いだけでなくスワップポイント益も検討できます。

この記事を書いている時点(2020年7月)では、どの国の金利も低くて、スワップポイントを期待できません。しかし、トルコリラ/円や南アランド/円などは、スワップポイントが大きいです。

では、トルコリラ/円で生活できるか?ですが、チャートを見る限り、やめたほうが良さそうです。

下は、2000年以降の長期チャートです。

トルコリラ/円の長期チャート

2000年1月のトルコリラ/円は、200円くらいありました。ところが、2020年7月現在は15円くらいです。

利食いで証拠金を増やしても、含み損が巨大すぎて大変なことになりそうです。

短期的な売買は可能でしょうが、生活を賭けた長期トレードには向かない通貨ペアだと言えそうです。

金利があまりに高いというのは、それなりの理由があります。好景気で金利が高いのではなく、「信用がないから金利が高い」という場合、注意が必要です。

トラリピの収益率はどれくらいか

なお、今は何千万円も準備できないけれど、将来実現するぞ!という場合があるでしょう。この場合、トラリピの収益力を確認しましょう。

下の記事では、取引期間別に、どれくらいの利回りを期待できるかを考察しています。

トラリピの利回り

トラリピに限らず、ループイフダンなどリピート系注文で取引すると、どれくらいの利回りを期待できるでしょうか。 ゆったり為替の実際のトレード成績を背景にして、ご案内します。 Contents FX業者によ ...

続きを見る

トラリピで年金生活

今すぐトラリピで生活するのは厳しいとしても、老後生活用に今から腕を磨く、という選択肢もあります。

トラリピの腕を磨きながら、同時に資産を大きくする方法です。そして、老後は、トラリピの収入を得ながら生活します。

この記事での検討を踏まえますと、収入をトラリピだけに頼るのは、リスクが高いです。よって、複数の収入の道を確保したいです。トラリピは、数ある収入源の一つです。

高齢になると、若いころと同じ瞬発力や思考力を期待するのは無理があります。すなわち、難しいトレードは大変です。

その点、トラリピは、考え方自体は難しくありません。現役時代から訓練することによって、高齢になっても取引可能です。

トラリピのM2J 口座開設

トラリピの口座開設方法

当ブログでは、トラリピで長期的に生き残る(そして資産を増やす)方法を、正面から考察しています。 その結果、トラリピをしてみよう!と決めたとします。そこで、口座開設方法を確認しましょう。 Content ...

続きを見る

関連記事 リスク・失敗パターン 長期運用 通貨ペア分析 リピート系FXの比較

-トラリピ

© 2020 FXゆったりトレード派