トラリピ

トラリピのおすすめ通貨ペア

投稿日:2019年1月26日 更新日:

ゆったり為替は、稀にこんな質問を受けます。

  • 今後の米ドル/円の行方は?
  • おすすめ通貨ペアは?

これが分かるなら、今頃、億万長者になっているはずです。億ではなくて兆かもしれません。将来のことなので、残念ながら分かりません。

しかし、トラリピについては、少し様相が異なります。おすすめが存在します。トラリピに限らず、ループイフダンやトライオートFXなどでも同様に考えることができます。

トラリピのおすすめ通貨ペアとは

では、トラリピのおすすめ通貨ペアとは何でしょうか。それは、以下の条件を備えているものです。

  • 値動きの範囲が狭い
  • 狭い範囲の中で、値動きが大きい
  • 長年にわたって、レンジ相場である

この3つの条件が満たされるなら、スワップポイントは重視する必要がないでしょう。3つの条件を、順に確認します。

値動きの範囲が狭い

例えば、米ドル/円が100円~110円の範囲で延々と動くとしましょう。この場合、10円の範囲に数多くの注文を設定します。

一方、別の時期には、100円~120円の範囲で動いたとしましょう。この値動きでトラリピをしようと思えば、20円の範囲に発注します。

必要な証拠金額で考えますと、10円の範囲に発注する方が少なくて済みます。

同じように利食いを繰り返してくれるなら、必要な証拠金は小さい方が良いです。その方が、利回りが高くなるからです。

よって、トラリピにおすすめの通貨ペアは、「値動きの範囲が狭い通貨ペア」です。

少ない証拠金で済むならば、仮にロスカットになっても、ダメージは小さいです。値動きの範囲が狭いというのは、損失回避という意味でも大切な要素です。

狭い範囲の中で、値動きが大きい

もう一つの条件は、狭い範囲の中で値動きが大きいことです。

為替レートがノロノロと上下動する場合、なかなか約定しません。約定しなければ、利食いできません。値動きの範囲は狭い方が良いですが、その中でビシバシと乱高下するのが望ましいです。

そうすれば、より少ない証拠金で大きな利食いを期待できます。

この状態の場合、スワップポイントはあまり考慮する必要がないかもしれません。小さなスワップ損ならば無視できそうです。

長年にわたって、レンジ相場である

値動きの範囲が狭くて、その中で値動きが大きければ、自然とレンジ相場になるでしょう。すなわち、長期的にレンジ相場になっていれば、上の2つの条件を満たしている可能性があります。

長期的なレンジ相場の場合、どの範囲でトラリピをすれば良いのかが分かりやすいです。この分かりやすさも、おすすめ通貨ペアの大きなポイントです。

取引すべき範囲が分かりづらいと、不適切な位置で損切り注文を置いてしまうかもしれません。その結果、損切りになったら、とても残念です。

条件を満たすおすすめ通貨ペア

では、これらの条件を満たすおすすめ通貨ペアは、何でしょうか。チャートを見ながら確認しましょう。

留意事項

チャートは、過去の値動きをグラフに表示したものです。将来の値動きではありません。このため、今まではおすすめ候補だったけれど、将来はおすすめでない、という場合も十分にありえます。

この辺り、リスク管理も重視しましょう。

また、下で使用しているチャートは、ループイフダンのアイネット証券からの引用です。アイネット証券は、主要通貨ペアで20年以上の範囲でチャートを表示できます。

長期のリピート系注文をするにあたって、チャートの長期表示はとても重要な機能です。この点、アイネット証券を高く評価できます。

豪ドル/円

最初のおすすめ候補は、豪ドル/円です。個人的にお気に入りです。なお、おすすめと断定できないので、「おすすめ候補」です。

豪ドル/円のチャート

1995年半ば以降のチャートです。下限は、およそ55円です。60円割れを複数回記録しており、同じような為替レートが下限になっています。

また、上限は100円くらいです。こちらも、複数回記録しています。

ざっくりとみて、55円~108円くらいのレンジ相場であると言えなくもありません。この点で、とても分かり安い通貨ペアだと言えます。

また、豪ドル/円を買うと、スワップポイントは継続的にプラスでした。この点からも、取引しやすい通貨ペアです。

NZドル/円

次のおすすめ候補通貨ペアは、NZドル/円です。豪ドル/円と似た動きをしていることがわかります。

NZドル/円のチャート

下限は40円台前半、そして上限は90円台半ばといったところです。

NZドル/円の特徴として、歴史的円安圏になったら、すぐに円高になることがあります。上のチャートを見ますと、高値がとがっている様子が分かります。

よって、高値付近で買うのは避けたいです。どこからが高値か?というのは難しい判断ですが、90円台は明らかに高値で、80円台も高値だと言えそうです。

カナダドル/円

次のおすすめ候補通貨ペアは、カナダドル/円です。チャートの真ん中(2006年~2007年)くらいで、大幅円安になっている様子が分かります。それを除くと、レンジ相場に見えます。

カナダドル円のチャート

このチャートを見ると、安値は70円くらいで、2006年~2007年を除く高値は100円くらいです。よって、70円~90円の範囲でトラリピをする案が考えられます。

ただし、過去の円高記録は60円くらいです。1995年に記録しています。

豪ドル/NZドル

最後のおすすめ候補通貨ペアとして、豪ドル/NZドルを確認しましょう。下のチャートでは分からないですが、1973年以降、豪ドル/NZドルは終値で1.00を下回ったことがありません。

また、高値も限定的であり、とても狭い範囲で長年推移してきました。

豪ドル/NZドルのチャート

上のチャートの赤枠部分は、2014年以降を示しています。5年以上にわたって、さらに狭い範囲で上下動してきました。豪ドル/NZドルは、値動きの範囲が狭い通貨ペアの代表格です。

ループイフダンで豪ドル/NZドルを取引する場合について、下の記事で検証しています。

fx
豪ドル/NZドル(AUD/NZD)でループイフダン

ゆきママさんとゆったり為替の共著で、ループイフダンに関する書籍を制作しました。 【リンク】 普通の主婦と脱サラリーマンがたどり着いたお金の殖やし方 ラクラク稼ぐFX ループイフダン この中で、ゆったり ...

続きを見る

なお、トラリピで豪ドル/NZドルを取引することはできません。ループイフダン、トライオートFXなどで取引することになります。

関連記事 リスク・失敗パターン 長期運用 通貨ペア分析 リピート系注文の比較 トラリピで短期運用

-トラリピ

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.