仮想通貨(暗号資産)

Auto CAKE Bountyとは【パンケーキスワップ】

パンケーキスワップでプール画面を開くと、右上に「Auto CAKE Bounty」という表示が目に留まります(下の画像の赤枠部分)。よく見ると、この数字は増えたり減ったりしています。

これは何だ?を解説します。結論を先に書いてしまえば、手出し無用です(ただし、情報としては知っておいた方が良いです)。

Auto CAKE Bounty

Auto CAKE Bountyとは

CAKEをステーキングすると、数秒ごとに自動的にCAKEを獲得できます。

さらに、「Auto CAKE」を選択すれば獲得したCAKEを自動で複利運用できますので、単利に比べて大幅な高利回りが実現します。

では、この自動複利運用はどのような仕組みなっているでしょうか。

CAKEを取得するには、ブロックチェーン上にCAKEの所有権が移動した情報を書き込む必要がありますが、自動で勝手に書き込むことはできません。何かきっかけが必要です。

そこで、Auto CAKE Bountyの登場です。

誰かがAuto CAKE Bountyをクリックすると、画面に表示されている数量のCAKEをもらうことができます。これをトリガーにして、自動の複利運用が実行されるという仕組みです。

下の画像は、公式による解説です(英語)。

Auto CAKE Bounty

日本語にすると、下の意味合いになります。

この報奨金は、他のユーザーにサービスを提供したお礼として支払われます。

「Claim」をクリックして報奨金を取得すると、Auto CAKEを利用している人の複利運用を手助けすることになります。

なお、Auto CAKE Bountyでは、ステーキング報酬額の0.05%をもらうことができます。

頑張って意訳してみましたが、それでもよく分からない説明です。

公式には、もうちょっと分かりやすい解説をお願いしたい…と感じる部分が多々ありますが、パンケーキスワップは手取り足取り系のマニュアルが必要な人の利用を想定していないのでしょう。

少なくとも現在のDefiは、仮想通貨に対して熱いハートを持っている人のためのサービスです。

Auto CAKE Bountyでいくらもらえるか

既に解説しました通り、Auto CAKE Bountyを利用するとステーキング報酬の0.05%をもらえます。数秒ごとに蓄積されていきますので、数字がある程度大きくなったところで取得すれば、それだけで儲けることができます。

ところが、簡単なクリックでCAKEをもらえるので、利用したいという人は世の中に大勢います。このため、数字が0.01CAKEよりも大きくなるのは珍しく、多くは0.01未満の段階で誰かにもらわれていきます。

「ならば、1回でもらえる数量は少なくても、何度も繰り返せば大きな収入になるのでは?」と感じるかもしれません。

しかし、パンケーキスワップに限らず、ブロックチェーン上で何かをしようとすればガス代(手数料)が必要になります。パンケーキスワップで必要なガスは少額ですが、多くの場合、Auto CAKE Bountyでもらえる額よりも大きくなってしまいます。

すなわち、これを利用すると損してしまいます。

公式の想定

では、公式はこのAuto CAKE Bountyをどれくらいの頻度で使うのが妥当と想定しているでしょうか。

それを確認するために、Auto CAKEの利率表示の右側にある四角アイコンをクリックします(下の画像の矢印部分)。

Auto CAKE Bounty

すると、下の解説が出てきます。これによると、1日に288回の複利運用が実行される前提で利率の計算をしています。

288回ということは、1日は1,440分ですので5分毎に複利運用が実行されると見込んでいます。

Auto CAKE Bounty

5分も経過すれば十分な量のCAKEが蓄積しますので、ガス代を支払ってでもAuto CAKE Bountyを利用する価値があります。

ところが、現実は10秒~20秒に1回という感じで誰かが利用していますので、コスト倒れとなってしまっています。

すなわち、このシステムは手出し無用です。やると損します。

利用する人が多い理由

では、利用すればするほど損してしまうこのシステムですが、なぜ大勢が利用しているのでしょうか。

その理由はおそらく、このシステムを利用するとガス代が必要だという認識がないからでしょう。公式によるAuto CAKE Bountyの解説には、利用するとガス代が必要だと書いてありません。

(何かをすればガス代が必要というのは当然なので書く必要もなかろう、という意図なのかもしれません。)

その一方で、いくらもらえるかというのは画面に表示され、刻々と増えていきます。どんどん貯まるのを待ちたいですが、最初にクリックした人の総取りですから、いつまでも待つわけにはいきません。

すなわち、コストは見えづらいけれど、利益という人参は目の前にぶら下がっていて争奪戦…すると、ひたすらクリックしてCAKEをもらう人が出てきます。

しかし実際には、損してしまうというトラップです。

CAKEのもらい方

こんな状態ですので手出し無用のサービスではありますが、日本時間の早朝などで、稀に40円~50円相当額になることがあります。運が良ければもっと大きな数字になる場合もあるでしょう。

大きな金額に遭遇という幸運に恵まれた場合を想定して、CAKEのもらい方を確認します。

step
1
Claimをクリック

この数字なら欲しい!というところまでCAKEが蓄積したら、「Claim」ボタンをクリックします(下の例は、0.007CAKEです)。

AutoCakeBounty

step
2
もらえる数量を確認

すると、もらえるCAKEの数量の詳細が表示されますので、「Confirm」(確認)をクリックします。

Auto CAKE Bounty

step
3
ガス代を確認

次に、ガス代の確認に移ります。気づかないうちにガス代がこっそり抜かれるわけではなく、いくら必要かが明示されます。このガス代で良ければ「確認」をクリックしてCAKEをもらいます。

Auto CAKE Bounty

なお、この記事を書いている時点の仮想通貨価格で損益を計算してみましょう。

  • CAKE:1,800円くらい
  • BNB:37,000円くらい(ガス代で使います)

もらえるCAKEは1,800円×0.007CAKE=12.6円なのに対し、支払う手数料は37,000円×0.001BNB=37円ですので、赤字です。というわけで、もらえるCAKEの数量が0.021以上になったら、もらっても良さそうです。

ただし、そこまで数字が大きくなることは滅多にありませんし、その数字が実現しても、取得手続きを速攻でしなければなりません。

そして、速度重視のあまりガス代が高騰しているのに気づかずにクリックしたら…と考えると、やはりこのサービスは利用しない方が良さそうです。

関連記事

-仮想通貨(暗号資産)

© 2021 FXゆったりトレード派