長期トレード

日銀の市場介入と米ドル円の推移

投稿日:

この記事を投稿した時点では、財務省・日銀による市場介入は想定しづらいです。

しかし、いつの日か、再び市場介入が行われる日が来るかもしれません。その場合に備えて、日銀による市場介入と米ドル/円の推移の関係を確認しましょう。

財務省・日銀による市場介入

何年にもわたって、市場介入が行われていません。そこで、市場介入とは何かについて、簡単に確認しましょう。

市場介入とは、日銀による外貨売りや外貨買いを指します。そして、市場介入するかどうかを決めるのは財務相です。実際には、財務官など少数の責任者が決定し、日銀が市場介入を実行します。

よって、市場介入では日銀が目立ちますが、彼らは指示された通りに行動しているだけです。

米ドル/円の長期チャート

市場介入の額を見る前に、米ドル/円の長期チャートを確認しましょう。下は、1993年以降のものです。

米ドル/円の長期チャート

市場介入額の推移

そして、下のグラフは、1993年以降の月別の市場介入額の推移です(米ドル/円に限定)。このデータは、財務省ホームページで公開されています。

財務省ホームページでは、「外国為替平衡操作(がいこくかわせへいこうそうさ)」と書かれています。市場介入の正式名称です。

日銀の市場介入

縦軸を見ますと、単位は兆円です。とても大きな額です。プラスは、米ドル/円の買いです。マイナスは、米ドル/円の売りです。

こうしてみますと、米ドル/円の買いが圧倒的に大きいことがわかります。

そして、市場介入と為替レートの関連も見えてきます。この2つの関係を調べてみましょう。

市場介入と米ドル/円【1993年から2005年まで】

チャートの表示期間が長いので、2つに分けました。最初に、1993年から2005年までの様子を確認しましょう。

日銀の市場介入

上のチャートでは文章を書きづらいので、下のように赤枠をつけました。

日銀の市場介入

赤枠1:

ひたすら円高になる一方の時期に、断続的に米ドル/円を買っている様子が分かります。そして、最終的に円安に転じています。

すなわち、大きな含み益になりました。

赤枠2:

円安になりすぎたと判断したのでしょうか。今度は、米ドル/円を売っています(円買い介入)。そして、1997年から1998年は、アジア経済危機が発生した時期です。

その時期に円買い介入しましたので、効果抜群となってしまいました。

赤枠3:

円買い介入は効果が大きすぎた!と感じたのでしょうか。今度は、米ドル/円を買っています。継続的に買い続けた結果、最終的に円安が実現しています。

赤枠4:

赤枠4の一番左部分は、全体としては円安傾向にある中での米ドル/円買いです。それを除いて考えますと、円高になる中での米ドル/円買いが続きました。結果、円安に転じています。

市場介入と米ドル/円【2006年から2013年まで】

次に、2006年から2013年までの様子を確認しましょう。

日銀の市場介入

2008年のリーマンショック以降の円高において、日銀は多額の市場介入をしています。2011年11月だけで9兆円も米ドル/円を買いました。最終的に、米ドル/円は円安になっています。

米ドル/円買いの市場介入があると、いつも円安に

過去25年以上のデータから言えるのは、「日銀が米ドル/円を買うと、その後いつも円安が実現してきた」ということです。

今後は、どうなるか分かりません。しかし、この事実を無視することはできないでしょう。

将来いつか、スーパー円高が再来するとしましょう。そして、日銀が米ドル/円を買って市場介入するとします。

この場合、簡単に円安にトレンド転換しないかもしれません。しかし、市場介入終了後、1年以内くらいには円安に転じるのでは?と想定できます。

また、今回の期間では、米ドル/円の売りはわずかな期間しかありません。アジア経済危機と重なっていることもあり、売りの市場介入の効果を評価するのは難しいです。

しかし、米ドル/円の買いで効果が高かったことを考えると、売りの市場介入も、一定の(あるいは、大きな)効果があるとみなせます。

市場介入で必要な資金は、増加の一方

もう一つ、市場介入額の推移グラフから言えることがあります。それは、市場介入で効果を得るために必要な金額が、年を経るごとにどんどん多額になっていることです。

これは、世界中で行われている外国為替取引の規模が、年々大きくなっていることを示しています。

仮に、今から市場介入して効果を得ようと思えば、いくら必要になるでしょうか。その金額は不明ですが、2011年11月の9兆円よりも多額になるだろうと予想できます。

ゆったり為替は、月足チャートのトレードを好みます。上のデータのように、特定の事象と為替レートの関係がいつも同じだという例が見つかるからです。

今後もそれが当てはまるとは断定できませんが、有力なデータとして使うことができます。

なお、全くの余談ですが、日銀がトレード目的で米ドル/円を売買していたとしたら、思いっきり利食いできているうえに、含み益が凄いことになっています。

保有している米ドルに多額の含み益があるからと言って、簡単に売ることはできませんが…。

-長期トレード

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.