FXゆったりトレード派

のんびりFXトレードすることを目指すブログです。

AUD/CHF:今週の見通し(4/21)

AUDCHF今月はトレードの機会に恵まれないので、ブログ記事もそれを反映しています。
しかし、それではつまらないので、ゆったり為替がAUD/CHFについて持っている見通しについて、週1回のペースで書いていこうと思います。

できればシリーズ化したいこの記事です。
この記事を読んでいただいて分かることは、おそらく、「かなりの頻度で予想を外す」ということです。

予想を外しても、結果としては利益を残します。
どこまで踏み込んで書けるか分かりませんが、書いてみます。 
 続きを読む

トラップ系の取引をしたいのですが・・・

トライオートAさん: トラップ系の取引をしたいのですが、似たような取引ができる会社がいくつかあって、どうしたらよいか分かりません。

ゆったり為替: トラップ系とは、様々なレートで注文を出して、それぞれ一定の値幅で利益を得る方法ですね。では、何を重要視したいですか?(トラリピという言葉は、M2Jの商品にのみ使えます)
 続きを読む

「トライオートのトラリピ類似取引」とトラリピ

044617-2毎週、トライオート実戦記録を書いていますが、そのトレード方法はトラリピに類似する方法です。
しかし、トラリピではありません。

では、この取引方法とトラリピはどこが異なるのでしょうか? 
 
 続きを読む

トライオートのレンジ取引例(下)

トライオートのレンジ取引例の概要説明最終回です。


トライオート・レンジ説明左図で、②で清算して利益を確定しますが、②よりも上で清算するほうが利益が大きいです。
敢えて②の時点で利益を確定する理由です。

それは、ボックス圏が上図の黒い破線のようにきれいな直線で挟めることは多くなく、全体としてはボックス圏だが形はいびつだ、ということが多いからです。

そこで、利益をより確実に得るために、②で清算します。
 続きを読む

トライオートのレンジ取引例(中)

トライオートのレンジ取引の続きです。
トライオート・レンジ説明
この取引の意図は、以下の通りです。
 続きを読む

トライオートのレンジ取引例(上)

ボックス圏・図私の実戦でのトライオートの使い方は、主に、EUR/CHFのトライオート・トラリピです。

しかし、レンジを使った方法も視野に入れていますので、それを紹介します
(今回は3回シリーズです)。

インヴァスト証券のトライオート公式サイトに仕掛け集が掲載されていますが、そこに掲載されていないパターンです。 


続きを読む

米国雇用統計は良好だったがUSD/JPYは下落

自由の女神今回は、先週末に発表された米国雇用統計を振り返ります。
2014年3月の雇用者数は、前月比で19.2万人の増加でした。

良好な数字ですが、USD/JPYは大きく反落しました。

米国雇用統計の発表時に、過去2か月分の雇用者数の改定値が発表されます。この数字も見ましょう。続きを読む

損する投資家のパターン

トラリピで有名なM2J社。

2010年の資料になりますが、同社が、顧客の8年間にわたる取引データを調べた結果、以下のことが分かったと公表しています。
公表資料はこちら(8ページ目(PDFの9枚目)です)。

○ 利益を出している投資家のパターンに決まったものが存在しない 

○ 損をする投資家には4パターンが存在する
  ・ログイン時間が長い 
  ・成行注文が多い
  ・取引ごとに注文量がまちまち
  ・指値の修正や取消が多い 


利益を得るための必勝パターンがないのは残念です・・・。

損するパターンについて:

私はログイン時間は短いですが、他の3つは全てやっています。

私はスイングトレード派ですので、ログイン時間は短いです。
デイトレやスキャルピングをメインにする人はログイン時間が長くなるのでは?

・・・というわけで、この4つをやると損をするというのではなく、M2Jの説明の通り、負けている人はやっているということでしょう。

顧客の8年間の取引実績といえば、その量は膨大です。
この結果を正面から受け止める必要があると思います。
しかし、特定のルールに従ってトレードする限りにおいては、上の4つのパターンになっても構わないと思います。 

 

トライオート実戦記録1

(2015年10月28日追記)

トライオート実践記録に関し、「トライオート実践記録2」以降の多くは別ブログ「FXゆったりトレード派:格納庫」に移動します。
→ 過去記事の一部を別ブログに移動します。
(追記終わり)
-------------------------------------------------------------



実際にトライオートを使って、トラリピのような取引をしています。
そこで、設定内容をここに書くとともに、成績や評価を随時書いていきます。

********** 設定内容 **********
通貨ペア: EUR/CHF
取引数量: 1注文につき10,000通貨
売買方針: 上昇
エントリータイプ: カウンター
最初のロング: 1.2010~1.2250まで、10pips刻み
オートパイロット数: 25個
利食い: 15pips
再エントリー: 利食いレートから15pips下
損切り: EUR/CHF=1.1985で全てのポジションを損切り
セーフティー設定: 1回の損失で終了 
************************************

それぞれの言葉の意味等は、次回以降の記事で順次説明していきます。

さて、口座開設関係書類が届いたのは2014年3月21日(金)です。
その日の午後に上の設定を実行しました。

以前、EUR/CHFのトラリピならば1.2010~1.2090でやりたいと書きました。 
(→ EUR/CHFのトラリピ機会到来か?

しかし、私のような厳しい基準でトラリピをする人は多くないでしょう。
そこで、より一般的な基準に近づけて取引すべく、1.2010~1.2250にしました。 


先週(3月24日の週)の結果は、以下の通りです(稼働初日の3月21日は利益なし)。

☆ 利益確定回数: 6回


ちなみに、EUR/CHFは、スイス国立銀行によって下限が1.20に定められています。
このため、損切りレートを1.20よりも少し下の1.1985に設定しています。


全てのポジションを建てた後に損切りした場合、損失額は3,625スイスフランです。

1回の利益確定で得られる金額は15スイスフランです。
よって、242回以上利益確定すれば、損切りに遭っても利益を確保できる計算です。
(スワップポイントを考慮していません) 

1日1回の利益確定なら1年間、2回なら半年、3回なら4か月かかる計算です。 

実際のところは、EUR/CHF=1.2250を超えたところで取引を終了すると思います。
そして、再び1.2100~1.2150くらいまで下落したところで、トライオート・トラリピを再開です。

こうすることで、高値から急落して損失を被るときのダメージを軽減します。

→ トライオートの特長はこれ!チェックすべき6つのメリット

トライオートでトラリピ?

トライオートを使って、いくつかトレードを試みることにしました。
結果は、定期的にお伝えしたいと考えています。

一つは、トラリピのようなトレードです。
トラリピでなく、「トラリピのような」です。

これを先々週末から実戦中です。

トライオートを使えば、あたかもトラリピをしているような感覚でトレードすることが可能です。
しかし、トラリピとは異なりますので、注意が必要です。

今回の記事だけで書ききれる量ではないので、複数回に分けて書いていきたいと思います。


トライオートの仕組みからおさらいしますと、

1) 今後の相場が上昇、下落、ボックス圏のどれになるかを選択し、
2) エントリーするタイプを選択して、
3) エントリーポイントを指定し、利食いポイントと損切りポイントをpipsで指定する

この3ステップです。

例えば、USD/JPYにおいて、ロングのトラリピをしたいとき、こうすれば、トラリピに類似した効果を得ることができます。

1) 上昇相場を選択します。
2) 押し目になったら買うという選択をします(すなわち、「カウンター」を選択します)。
3) 例えば、1ドル100円で買い、100pipsの上昇で清算。そして、精算後100pips下落したら再び買い、100pipsの利益で売る(以下繰り返し)、という注文を出します。

こうすると、100円で買い、101円で売り、再び100円で買い・・・と、トラリピと同じような効果を得ることが期待できます。 

これを図にすると、以下の通りになります。
赤い線が為替レートの動きです。100円で買って101円で売ることを繰り返す様子が分かります。
トライオート・トラリピ
この注文を、例えば、75円から105円まで並べれば、トラリピのような取引の完成です。

しかし、繰り返しになりますが、これはトラリピではなく「トラリピのような」取引です。

トラリピとどこが違うのか?
これについては、機会を見て書くことにします。 

→ トライオートの特長はこれ!チェックすべき6つのメリット

ブログ内記事検索
古い記事の引っ越し
古い記事の一部を、別のブログに徐々に移動させています。詳細はこちらをご覧ください。
プロフィール
ゆったり為替

取引回数は少ない「ゆったりトレード」。FXでの大成功を目指して勉強する毎日です。
メッセージ
当ブログを紹介していただいた皆様