月曜日の取引開始時間

月曜日に窓ができると、為替レートの動きは比較的読みやすいです。すなわち、窓は埋まりやすいです。

そして、窓を狙った取引をしようとするとき、問題になりうるのが取引開始時間です。FX業者によって異なる場合があります。

月曜日の取引開始時間は、7時が多い

FX相場の一週間は、月曜日早朝に始まり、土曜日早朝に終わります。

FX業者は、自由に開始時間を決められます。しかし、同じような時間に集中しています。具体的には、午前7時です。

下の表は、午前7時に取引を開始する業者の例です。

  • DMMFX
  • FXプライムbyGMO
  • LIGHT FX
  • SBIFX
  • YJFX!
  • インヴァスト証券
  • セントラル短資FX
  • ヒロセ通商(米国夏時間:午前6時)
  • マネーパートナーズ
  • みんなのFX

その他にも、いくつもFX業者がありますが、すべてを書くと表が大きくなりすぎるので、割愛します。

午前7時よりも遅く取引が始まるFX業者も、散見されます。

午前6時(または午前5時)に始まるFX業者

ところが、午前6時または午前5時に取引が始まるFX業者もあります。IG証券です。下の通り、他社よりも1時間~2時間早いです。

  • 午前6時(英国標準時間)
  • 午前5時(英国夏時間)

イギリスの夏時間は、3月最終日曜日から10月最終日曜日までです。この期間は、午前5時に取引が始まります。

(ちなみに、FX業界では、米国時間を基準にする場合が多いです。米国時間の夏時間は、3月第2日曜日から11月第1日曜日までです。)

窓のトレード

では、上の情報を使って、窓のトレードを効果的にしてみましょう。窓が埋まることを狙うトレード手法は、概ね以下の通りです。

  • 月曜日始値を見て、窓ができていることを確認
  • 窓が埋まる方向にトレード

基本は、これだけです。いつトレードすべきかという時刻が、あらかじめ明確になっています。また、インジケーターを全く使いません。珍しい手法と言えます。

具体的な内容は、下のリンク先記事でご確認ください。

月曜日の窓埋めの確率とトレード手法

ゆったり為替は、窓埋めをひたすら研究していた時期がありました。 そこで、窓とは何か、窓が埋まる確率はどれくらいか、そして、どのようなトレード手法があるか、などを確認しましょう。 Contents 窓と ...

続きを見る

午前7時は忙しい

そこで、午前7時になったら為替レートを確かめて…とやっていると、意外にミスします。

と言いますのは、以下の内容を一気に短時間でこなす必要があるからです。

  • 窓ができているかどうか
  • 窓の方向は、上か下か
  • 窓の大きさはどれくらいか
  • スプレッドの広さはどうか
  • 取引すべきか、見送るべきか
  • 上のチェックを経て、取引

上の内容を、瞬時に実行する必要はありません。しかし、のんびりできません。1秒でも早く確認して、トレードするかどうか決定したいです。

すると、ミスします。

いつも間違えるわけではありませんが、一定の確率で間違えるのは止むを得ません。

間違える可能性があるのに、窓のトレードができる機会は、1週間に1回しかありません。また、毎週取引できるわけではありません。

ゆったり為替の手法の場合、トレードできる確率は概ね40%台です。

そんな貴重な機会でうっかりミスをすると、残念です。月曜日一発目からミスでは、その週を通して気持ちよくトレードしづらいです。

さらに、通貨ペアは米ドル円に限定する必要はありません。ユーロ米ドルでも構わないです。

こう考えると、複数の通貨ペアで窓のトレードを考えるのは、実は難易度が高いことが分かります。

忙しさを緩和し、ミスを減らす方法

では、どうすれば、忙しさを緩和してミスを減らせるでしょうか。それは、「午前7時よりも前に、為替レートの状況を把握しておく」です。

例えば、午前7時よりも前に、米ドル円で円安方向に窓ができていると分かったとします。

すると、午前7時になったときにやるべきことは、とても少なくなります。

  • 午前7時時点でも、窓はできているか
  • 窓の大きさは十分か
  • スプレッドは広すぎないか
  • 上のチェックを経て、取引

取引すべき通貨ペアは、事前に決定しています。

よって、取引できるかどうか分からないままで、午前7時にいくつもの通貨ペアを確認する必要はありません。

事前に為替レートを知っておく方法

では、どうやって事前に為替レートを把握しましょうか。少なくとも、2つの方法があるでしょう。

  • ニュース
  • IG証券

FX業者によっては、相場状況を数多く配信してくれるサービスを実施しています。そこで、月曜日の午前6時30分過ぎに、ニュースで相場状況を確認します。

この方法のデメリットは、自分が知りたい通貨ペアについて、いつも状況を確認できるわけではないことです。

米ドル円は、ほぼ必ず確認できるでしょう。では、ユーロ米ドルはどうでしょうか。その他の通貨ペアはどうでしょうか。

米ドル円の情報だけ欲しいという場合、ニュースはとても有効でしょう。

IG証券

複数の通貨ペアで情報が欲しい場合、2番目の選択肢の出番です。IG証券です。

既に確認しました通り、IG証券の取引開始時間は、午前6時(または午前5時)です。すなわち、他社よりも1時間早く取引を開始できます。

そこで、午前6時台にIG証券にログインして、相場状況を確認します。こうすれば、今日は窓のトレードのチャンスがあるかどうか、事前に分かります。

今日はチャンスがないと分かれば、午前7時まで待つ必要はありません。取引できるかも?という場合だけ、午前7時になったら取引口座のチャートをチェックします。

すなわち、時間の節約にもなります。

朝の時間帯は、何かと忙しいものです。時間を節約できるのは、大きなメリットです。

IG証券は、サービスが多彩

このブログでは、時折IG証券をご案内しています。他のFX業者とは明らかに異なるサービスがたくさんあります。

  • 取引可能な通貨ペア数:99
  • ノックアウトオプションができる
  • ノースリッページ注文を使える
  • バイナリーオプション
  • CFD

特に素晴らしいのは、ノックアウトオプションです。FXのレバレッジ規制に不満を持っている皆様は、チェックする価値があります。

レバレッジが不満で海外FXを検討している場合、その前に下のリンクでノックアウトオプションの機能をご確認ください。

違法業者(海外FX)で取引するなら、合法なIG証券の方が安心です。

海外FX業者を使うなら、ノックアウトオプションを試してほしい

金融庁に登録していない海外FX業者が、日本居住者に対して営業活動することは、違法です。 しかし、日本居住者が自ら口座開設する場合は、規制しようにも難しいです。そこで、海外FX業者で口座開設する人がいる ...

続きを見る

FXのレバレッジ規制(最大で25倍)に不満なら

ゆったり為替がFXをするとき、レバレッジは0倍台から1倍台です。2倍を超えることは滅多にありません。 とはいえ、最大レバレッジ25倍は不満です。必要証拠金が多すぎて、資金効率が落ちるからです。特に、リ ...

続きを見る

-

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2020 All Rights Reserved.