ZAR(南アフリカランド)

長期チャート分析:南アランド/円(ZAR/JPY)2017年5月

投稿日:

118580-2今回の長期チャート分析は、新興国通貨ペアにしましょう。南アランド/円(ZAR/JPY)です。

南アランド/円(ZAR/JPY)は長期的に円高基調ですが、最近の値動きで何か特徴が見えるでしょうか。


下のチャートは、トライオートFXからの引用です。

zarjpy-1

南アランド/円(ZAR/JPY)の値動きの特徴を一言で書くならば、「円高基調」で良いと思います。下のチャートではトレンドラインを引いています。2005年には20円近くに位置していましたが、現在は10円を割り込んだ水準で定着しています。

すなわち、価格水準が半分になってしまったことを示します。

zarjpy-2

ただし、下の四角部分のように、南アランド/円(ZAR/JPY)はボックス相場が長期間続きやすいことも特徴のひとつです。

これを利用して、リピート系注文ができるかな…と思います。為替レートが下方向に抜けるときは損切りになるでしょうが、利食いを繰り返しておけば、トータルでプラスにできるでしょう。

zarjpy-3

以上のとおり、南アランド/円(ZAR/JPY)は円高になりやすいという理解で良いでしょう。しかし、直近の値動きを見ますと、ボックス相場から円安方向に離れていることが分かります。下は週足のローソク足です。

南アランド/円(ZAR/JPY)らしからぬ(?)値動きと言えるかもしれません。円安傾向です。

zarjpy-4

では、南アランド/円(ZAR/JPY)はどこまで円安を期待できるでしょうか。下のチャートで検討しています。追加した横線は、相場の壁を示します。

2008年から2015年までは下値支持線として機能しています。とても長い期間でしたので、強力な支持線です。そして、為替レートが円高に抜けていった2015年後半からは、この線は逆に上値抵抗線となっています。

zarjpy-5

この補助線は、およそ9円のあたりでしょうか。

年単位で機能している壁ですので、これを突破して上方向に進むのは容易でないでしょう。長期的には円高傾向という特徴もあります。そこで、円安期待を過度に持つことなく、「9円をしっかりと超えてきたらラッキー!」くらいに考えておくのが良さそうだと思います。

長期チャート分析(2017年5月)
→ 豪ドル/円(AUD/JPY)
→ 米ドル/円(USD/JPY)
→ 豪ドル/米ドル(AUD/USD)
→ ユーロ/円(EUR/JPY)
→ 加ドル/円(CAD/JPY)




-ZAR(南アフリカランド)

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2018 All Rights Reserved.