仮想通貨

ザイフ(Zaif):ビットコイン取引所比較

投稿日:

bitcoin-2仮想通貨取引所紹介の3回目です。今回はザイフ(Zaif)にしましょう。ザイフは独特な特徴を持っていて、ゆったり為替のお気に入りです。

ザイフの特徴:モナコインを取引できる

ザイフ(Zaif)の特徴として目を引くのは、モナコイン(MONA)を取引できることでしょう。モナコインは、日本発の仮想通貨です。日本発の仮想通貨を調べていると、どうも怪しい…というものが残念ながら複数見つかります。

そんな中、モナコインは他の仮想通貨並に信用できる仮想通貨です。

では、ザイフでモナコインが取引できるというのは、どれだけ貴重なのでしょうか。取引所の取り扱いシェアを確認しましょう。Monacoin Chartsからの引用です。

monacoin-share

Zaifが事実上独占していることが分かります。すなわち、モナコインを買いたかったらザイフしかない!と言えそうな状況です。上の円グラフにはありませんが、Livecoin等でもモナコインを取引できます。しかし、流動性を考えると、やはりザイフでしょう。

なお、問題なのは、「事実上ザイフでだけ取引可能」という点です。記事「取引所から除外される仮想通貨の運命は…」でご案内しました通り、有力な取引所が取り扱いを終了すると、その仮想通貨の価格は暴落する傾向にあります。

ザイフがモナコインを継続的に取り扱ってくれると期待していますが、それは期待にすぎません。資金を投入する場合は、少額にとどめるとリスクを低くできるでしょう。

ちなみに、ゆったり為替は1万円分だけ買いました。保有数量は2,000MONAくらいです。そして、目標は価格100倍で長期保有です。途中で暴落してもOKというスタンスです。

Zaifの特徴:取引手数料を「もらえる」

ザイフの特徴の2つ目。それは取引手数料がマイナスだということでしょう。取引手数料は支払うものですが、マイナスということは、手数料をもらえるということです。ザイフにとって、これは完璧に赤字です。

取引手数料をマイナスに設定している理由は不明ですが、「とにかくビットコインに触れてほしい」という理由が大きいのでは?と予想しています。

ビットコインの認知度はかなり大きくなってきましたが、まだまだ怪しいと思っている皆様は多いと思います。そこで、取引開始までに存在するハードルを少しでも低くしようということでしょう。

なお、赤字では企業として存続できません。どこで収益を得ているか?が問題です。ザイフは、レバレッジ取引の金利手数料で収益を確保していると予想します。この収益の一部を取引手数料還元セールの原資にしつつ、顧客基盤の拡大に努めていると思います。

というわけで、2017年4月に施行された法制度にも則った営業をしていますので、安心して取引できると思います。

Zaif(ザイフ)公式ページ

ビットコイン取引所比較:
その1: ビットフライヤー(bitFlyer)
その2: ザイフ(Zaif)
その3: ビットバンク(bitbank)
その4: ビットポイント(BITPoint)
その5: どの取引所で取引すべきか

-仮想通貨

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2018 All Rights Reserved.