トレーダーの日常生活

ゆったり為替は、何で稼いでいる?

ゆったり為替は、比較的正直に記事を書いています。勝てない時は「勝てない」、損した時は「損した!」と。すると、こんなお便りが届くことがあります。

「ゆったり為替は、どこで稼いでいるの?」

長期の大暴落を狙う

このブログで全体像の雰囲気は伝わっていると思いますが、ざっと並べます。

  • スキャルピングやデイトレードは、稼げない
  • スイングトレードはできるが、好きでない
  • 大暴落や大暴騰での売買が大好き
  • リピート系注文も大好き

というわけで、収入源は大暴落(大暴騰)か、リピート系注文です。

ゆったり為替は、大暴落(大暴騰)を好みます。ここで一気に稼いで、年単位でゆっくり過ごすということです。

2020年3月の暴落

そして、2020年3月。年単位で待ち続けた大暴落が来ました!大チャンスです。ところが、「うっ!」な展開です。

豪ドル円が期待通りに暴落せず、サッサと上昇してしまったのです。他の通貨ペアを見ますと、歴史的安値(または歴史的高値)に到達したものもあります。

監視対象とする通貨ペアの選択をミスった…!

というわけで、現時点では、大相場を逃した状態です。すなわち、損はないけれども、収入がありません。

とんでもなく痛い事態です。

次の暴落がありそうな、なさそうな…という感じなので、引き続き待ちます。暴落を待つ手法の有効性は高いですが、「次はいつか?」が分かりません。これが難点です。

「次は5年後かもよ?」となるのはマズいな…。というわけで、主軸をリピート系注文に移すかどうか?という感じになります。

リピート系注文

長期のリピート系注文は、とても有効です。と言いますのは、毎月のように収入をもたらしてくれるからです。

問題があるとすれば、資金の固定化です。長期のリピート系注文で大きく稼ぐには、大きな資金の投入が必要です。そして、口座に残し続けます。

すなわち、資金を大きく投入すると、暴落時に買う資金を十分に確保できなくなります。トレードオフの関係です。

とはいえ、長期リピート系注文が有効なのは確かなので、こちらの増額が候補になります。

また、長期でなく、中期(取引期間は1年未満)も候補になるでしょう。こちらの方が、必要資金が少ないです。

ただ、中期も有効ですが、ゆったり為替は、長期ほどには収益を上げていません。そこで、最初の投入額は少しで、徐々に増やしていくスタイルになるでしょう。

すなわち、中期リピート系注文を収入の軸とするには、時間がかかります。

FXトレード以外の収入

では、トレード以外の収入を見てみましょう。

FXでトレード以外の収入と言えば、代表的なのはアフィリエイトとライティングでしょう。ところが、この2つは業界全体として瀕死状態です。

今のご時世、アフィリエイトで稼げるFXサイトは、極めて少ないです。Googleによって排除されたためです。大きく稼ぐ人は、SNSやyoutubeで活躍しているようです。

よって、ライティングの仕事はわずかですし、このブログにはアフィリエイトリンクが貼ってありますが、うーむ…という感じです。

仮に、アフィリエイトで本気で稼ぐなら、読者の皆様に夢を見てもらう文章で、ブログ全体を構成しなければなりません。

「損しました」と正直に書いていては、口座を作ってくれないからです。すなわち、「FXゆったりトレード派」の構成は、アフィリエイトブログとしては落第です。

あきらめない

まとめますと、今はとんでもなく厳しい時期です。

しかし、2013年に独立したとき、このような事態がやってくるのは想定していました。給料とは違い、収入が大化けすることもあれば、ゼロになることもあります。

トレードでの独立ですから、ゼロどころか大幅マイナスだってあり得ます。事前に分かっていたことが、今現実になっただけです。

そこで、あきらめずにチャンスを探します。FX手法でいえば、暴落を狙う長期トレードと、リピート系注文は、以前と変わらず有効性を保持しています。

先日、ツイッターアイコンを変更しました。「心機一転!頑張るぞ!」の意思表示です。

-トレーダーの日常生活

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2020 All Rights Reserved.