USD(米ドル)

米ドル/円は円安傾向だが、円高警戒は継続【2016年5月19日】

投稿日:

七福神2米ドル/円(USD/JPY)=105円台を達成してから、米ドル/円(USD/JPY)は円安の流れが止まらないように見えます。

しかし、ゆったり為替は円安トレンドになったと判定していません。まだ円高警戒です。

米ドル/円(USD/JPY)の日足チャート

米ドル/円(USD/JPY)の日足チャートを確認しましょう。トライオートFXからの引用です。

usdjpy-daily-chart-20160519

2016年5月3日のピンバーを合図にして(?)、円安トレンドのように見えます。しかし、オレンジで補助線を引きましたとおり、ちょうど5月18日終値近く・・・すなわち、この記事をアップした時刻あたりのレートが相場の壁付近にあります。

この上値抵抗線を超えるかどうか?に注目したいです。この相場の壁を超えると、今度は111円台半ば~後半あたりにもう一つ相場の壁を確認できます。

何事もなかったかのように、この二つの壁をするすると抜けていくことはないのでは?と思います。どこかで反落、あるいは相場の壁付近で値動きが止まる、そのような動きになると予想します。

ゆったり為替の予想としては、もう一度、米ドル/円(USD/JPY)=105円台になってもおかしくないと思います。というのは、5月3日に105円台を達成したとはいえ、終値ではありません。また、円高ピークの予想を2016年6月以降としているためです。

これから再び円高になり、終値が米ドル/円(USD/JPY)=105円台になったら、円安軌道への復帰について考えつつ、102円台まで円高になる可能性について警戒したいと思います。

ただし、これは予想に過ぎません。常に為替レートが主人であり、ゆったり為替は家来です。主人が円安を希望すれば、家来はそれに逆らえません。そこで、常に為替レートの動きに従って行動します。

上で紹介しました2本の上値抵抗線を超えて円安になれば、本格的な円安トレンドへの回帰を検討します。

なお、ゆったり為替は、5月3日に米ドル/円(USD/JPY)を打診買いしています。しかし、打診買いなので数量が少ないです。円安に回帰すれば追撃で買うことになります。しかし、どこで買うのか、現時点では予想できません。

(打診買いしているという時点で、このまま円安軌道になるという可能性も考慮していることになります)。

→ 米ドル/円(USD/JPY)は上値抵抗線を超えたか?【2016年5月29日】
→ 米ドル円の円高トレンドは終わったのか?【2016年5月11日】
→ 米ドル円の値動きを確認。これからどうなる?【2016年5月7日】
→ 米ドル円=105円!目標達成!次の目標はどこに設定する?
→ 2016年為替予想!米ドル/円(USD/JPY)の見通しは?

-USD(米ドル)

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.