TRY(トルコリラ)

トルコリラ円が円高。買っているゆったり為替の感情は?

投稿日:

温泉ネコ姉妹サイト「FX究極のスワップ派」では、トルコリラ/円(TRY/JPY)のスワップ派を実行しています。

すなわち、買って持ち続けています。

ということは、最近の円高で含み損が出ているということですが、ゆったり為替の感情にどのような変化があるでしょうか。

ゆったり為替の感情:
いつもと同じで特に変化なし。

トルコリラ/円(TRY/JPY)が円高になりやすい通貨ペアだったり、値動きが大きかったりすることは、このブログや姉妹サイト「FX究極のスワップ派」でたびたび紹介しています。

このため、トルコリラ/円(TRY/JPY)が円高になっても、特に問題はないのでいつも通りです。先週末のトルコリラ/円のレートは36円半ばです。39円くらいでスワップ派を始めましたので、250銭程度の含み損が出ているという計算です。

しかし、トレードを開始してから4か月と少し経過しており、その間に得たスワップポイント累計額は14,000円以上です。すなわち、140銭以上の利食いをしたのと同じ効果があります。

250-140=110 というわけで、実質的な含み損は110銭くらいです。

為替レートは上下動します。為替レートが上昇すれば含み損が減少したり含み益に転じたりします。そして、円高になれば含み損が大きくなります。過去の損益は蓄積されず、今現在の為替レートで評価損益が決まります。

一方、スワップポイントは、過去からの蓄積です。毎日のスワップポイントがプラスである限り、過去から蓄積したスワップポイントが減ることはありません。

これが、スワップ派の強みです。

スワップポイントの蓄積額が十分に大きくなれば、為替レート変動による含み損益を無視できるくらいになると期待できます。FX究極のスワップ派で実践しているトルコリラ/円(TRY/JPY)のスワップ派トレードは、この状態になることを目指しています。

ヒロセ通商(LION FX)ではトルコリラ/円スワップポイントは1万通貨当たり115円です。おそらく、この数字は業界で最高です。この数字が維持されればという条件付きですが、5年ほど経過すれば、ゆったり為替が投入した証拠金と同額を得られます。

円高が厳しくなると、スワップポイントも小さくなる可能性があります。その時には、5年よりも長い時間をかけて蓄積することになるでしょう。

→ スワップ派とリピート系の「いいとこ取り」はできないだろうか?
→ ヒロセ通商(LION FX)はスワップ派でもデイトレードでもメリットあり!
→ トルコリラ/円(TRY/JPY)はどこまで円高になる?
→ トルコリラ/円(TRY/JPY)の取引状況を確認-くりっく365-
→ ゆったり為替のトルコリラ/円:スワップ派トレードの状況は?

-TRY(トルコリラ)

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.