トライオートFX

トライオートFXがリニューアル(2020年7月18日)

トライオートfx

トライオートFXのツールが、大幅にリニューアルされると発表されました。

記憶では、2014年3月にトライオートFXが公開されました。それ以降、何度かリニューアルをしていますが、これほど大きな変更は今までなかったのでは?と思います。

トライオートFXリニューアルの内容

リリースでしか情報を得られませんが、分かっている内容を確認しましょう。

リニューアル後従来
マニュアル注文IFD、IFOを追加
注文期限今日中、今週中、日時指定、無期限無期限
チャートTrading View簡潔なチャート
ビルダー一時的に機能なしあり
損益曲線自動売買グループごとの損益曲線追加
セーフティー設定なし(損切り設定は可能)4種類
証拠金と発注全注文を発注可能な時のみ発注一部だけ発注可能でも発注される場合あり
稼働/稼働停止自動売買注文ごとに稼働/停止が可能。自動売買グループの再稼働は不可自動売買グループごと、自動売買注文ごとに稼働/停止が可能

チャート

今までのチャートは、機能があまり…という感じでした。現在の保有ポジションが、チャート内に強制表示されます。

ゆったり為替のような細かい注文を数多く出すスタイルだと、ローソク足がポジション表示で隠されてしまって分析できない、という難点がありました。

結果、別のチャートで分析してトライオートFXで発注するという、少々面倒くさい現象が起きていました。

リニューアル後は、Trading Viewです。このチャートはあちこちの会社で見られますから、特に違和感なく対応できるだろうと思います。

(Trading Viewは暗号資産業界も席巻していますから、シェアが大変な数字かもしれません。)

セーフティー機能

ゆったり為替は、セーフティー機能を高く評価してきました(ブログではほとんど書いていませんが)。この機能が無くなるのは、少々痛いです。

しかし、この機能を使うユーザーが少なかったから、リニューアル後は無くなるのでしょう。現在のビルダーでも、セーフティー設定は使えませんし。

稼働/稼働停止

トライオートFXは、発注した注文の一部を停止した後、再度稼働できます。オンとオフがワンタッチで可能です。

一般的には、ある注文を停止したかったら、注文を削除します。同じ内容で再発注したくなったら、同じ取引設定を最初から作って取引を始めます。

トライオートFXは、簡単にオン・オフの切り替えができますから、とても便利です。下は、トライオートFXの取引画面です。当ブログの公開トレードの発注状況です。

トライオートFXの発注画面

横長で赤枠を描いています。これが注文のグループです。この中に、注文がいくつも入っています。

従来の注文は、赤矢印の先の赤い四角をクリックすることで、注文を停止できました。再稼働したかったら、もう一度クリックします。

注文のグループ内の個別注文を停止したい場合は、グループの中身を表示して、同じようにオン・オフを切り替えます。

リニューアル後の注文では、このグループ全体のオン・オフができなくなり、個別注文だけ可能になります。

「グループの注文全体をオフにするなら、もう取引しないよね?」という扱いでも、特に問題ないように思います。

リニューアル前の注文・建玉の取扱い

ゆったり為替にとって関心が高いのは、現在取引している注文やポジションはどうなるの?です。

注文・建玉リニューアル後
自動売買注文(稼働中)全て稼働停止。リニューアル後画面から確認不可。
自動売買注文(停止中)リニューアル後画面から確認不可。
新規注文未約定の新規注文は全て取り消し。
決済注文リニューアル後画面に引き継がれる。
建玉リニューアル後画面に引き継がれる。

自動売買実行中の場合、ポジションを持っている場合と、発注はしているけれどポジションを持っていない場合の2つに分けられます。

ポジションを持っている場合は、自動売買は停止しますが、決済注文は有効です。マニュアル注文扱いになりますので、決済手数料は不要です。

ポジションを持っていない場合は、注文が停止されます。

ということは、リニューアル後にも同じ取引設定をしたい場合、再度自分で注文を設定することになります。

ビルダーは一時的に使えなくなる模様です。どうやって設定するのかについては、リニューアル後に確認したいと思います。

予約注文

以上の通りですと、こんな問題が起きます。

問題:
リニューアル後、一時的に全ての注文がなくなって取引不可になり、再度設定すれば取引できる。

これは、顧客にとってもインヴァスト証券にとっても、面白くありません。そこで、リニューアルと同時に注文を稼働できるよう、あらかじめ取引設定を予約できます(予約注文)。

予約注文の方法は、次の3ステップです。

  • 自動売買を選ぶ
  • カートに入れる
  • 注文を予約する

この予約注文は、2020年5月30日から可能です。ゆったり為替が気になるのは、「自動売買を選ぶ」となっていて、「自動売買を作る」でないことです。

下の画面を見ますと、選んでいますね…。自分で作っていないです。というわけで、5月30日になったら確認してみます。

トライオートFX

2020年6月1日追記

予約注文につき、確認しました。下の画面は、ゆったり為替が制作した取引設定の様子です(トライオートFX公式サイトで公開中)。

右下部分(赤枠)を見ますと、自分が制作した設定でも予約注文できることが分かります。

トライオートfx発注画面

赤枠部分を抜き出したのが、下の画像です。緑色部分に「注文を予約する」とあります。自分が作った設定でも、予約可能です。

トライオートfxの取引画面

ゆったり為替の公開トレードをどうするか

さて、ここで、ゆったり為替には一つ検討課題があります。現在実行中の公開トレードをどうするか?です。

リニューアル後の画面を探検後、今までと同じ注文を設定して稼働させるのが、選択肢の一つです。もう一つは、公開トレードをやめて、積極的に収益を狙う、です。

超長期の自動売買は有効

超長期の放置トレードで収益を確保できることは、既に示すことができたように思います。

豪ドル円で過去最低値(55円)になってもOKな資金を準備して、取引開始。その後、証拠金が増えていって、今では40円台になっても余裕で耐えられます。

為替レートは、円高になることもあれば円安になることもあります。

新興国通貨ペアと異なり、豪ドル円は先進国通貨ペアです。ひたすら円高になり続けるリスクが低めですから、そのうち円安になるでしょう。

中長期にシフトしようか

2020年3月の暴落で期待通りにポジションを持てなかったので、トライオートFXを使って中長期のトレードをしようかと考えています。

  • 今まで:超長期で公開
  • 選択肢:中長期で非公開

収益率を、現在よりも劇的に引き上げるということです。

損したら、「損した~」と報告します(たぶん)。大いに稼いだら、ブログでは黙っています。他人が儲かった話なんて、面白くありませんし。

トライオートFXのキャンペーン

FX業者が新規に何かするときには、キャンペーンが付きものです。今回も、キャンペーンがあります。3つです。

  • 予約注文を使って、2020年8月31日までに1回でも新規約定したら、3,000円もらえる
  • 抽選で、スワップポイントが最大3倍もらえる
  • 米ドル/円のスプレッドが0.1銭

3,000円がいい感じ

最も簡単、かつ金額が大きいのは、最初のキャンペーンです。予約注文で1回約定すればOKです。

継続的な取引のつもりはなくても、とりあえず予約注文しておいて、新規約定したら決済というのでも、3,000円もらえます。

もちろん、この方法を採用する前に、継続的に取引できそうな注文を探してみましょう。

スワップポイントがマイナスの場合

抽選でスワップポイントが3倍もらえるという場合、「スワップポイントがマイナスだったらどうなるの?」という疑問がでてきます。

この場合は、プラスとマイナスをひっくり返した金額をもらえます。

例:
キャンペーン期間中のスワップポイントが-5,000円だったら、+5,000円もらえます。

マイナスだったのがプラスになるというのは、なかなかいい感じです。

米ドル/円のスワップポイント

0.1銭はやりすぎなのでは?と思いますが、FX業者の競争最前線は0.1銭です。ありがたく使わせていただきましょう。

2020年8月19日(水)まで0.1銭です。

トライオートFX 口座開設

トライオートFX

-トライオートFX

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2020 All Rights Reserved.