トライオートFX

トライオートFXの特徴

投稿日:2019年7月1日 更新日:

トライオートFXの特徴は、「高機能なリピート系注文が、簡単にできる」ことです。

リピート系注文とは、自動売買の一種です。インジケータを使わず、特定の為替レートで新規約定しつつ決済するという繰り返しをします。

下は、イメージ動画です。

トライオートFXの特徴は、大きく分けて2つ

トライオートFXは、大きく2種類に分けることができます。それは、「既に作ってある自動売買を選択すればOK」と、「自分で自動売買を作れる」です。

「自動売買セレクト」で選ぶだけ

ゆったり為替は、自動売買を自分で作って運用するのが好きです。

その一方で、プログラム制作を楽しむのでなく、トレードで資産を増やすのを楽しみたいというユーザーも、大勢いることでしょう。

そのような皆様向けに、トライオートFXを展開しているインヴァスト証券は、「自動売買セレクト」を準備しています。下の画像です。

自動売買セレクト

画面下側に、あらかじめプログラムが準備されています。そのプログラムの成績が、上のグラフで表示されています。

ちなみに、各プログラムの人気度も分かります。上の画像の左上に、40,380という数字があります(文字が小さくてすみません)。これは、40,380回選択されたという意味です。

のべ4万人以上に選ばれたということですから、人気の高さが分かります。

このように、トライオートFXの自動売買セレクトから、自分の好きなプログラムを選ぶことができます。

自分でプログラムを作りたい

その一方で、自分でプログラムを作りたいというニーズにも応えているのが特徴です。作り方も、2種類準備されています。

手軽に作れる「ビルダー」と、しっかり作り込む「自動売買パネル」です。

「ビルダー」は簡単なので、マニュアルなしでもプログラムを作れると思います。「自動売買パネル」の場合、トライオートFXの機能をフルに使ってプログラムを作れます。

自動売買プログラムを作るイメージは、MT4かもしれません。ひたすら細かくて、とにかく難しいです。

しかし、トライオートFXの自動売買パネルは、MT4と比べると桁違いに簡単です。よって、身構えることなく、気楽に作れます。

「とりあえず適当に作ってみて、結果を見てから修正してみようか」くらいの感覚で十分対応できます(ゆったり為替は、この姿勢で使っています)。

詳細にプログラムできる例

詳細にプログラムできる例として、損切りを考えます(利食いでなく、あえて損切りの側でご案内します)。

以下の条件を追加して、満たされてしまったら取引を自動停止できます。不要ならば、この機能を使わなくてもOKです。

  • 自分で設定した損失額を越えたら、売買停止
  • 最大ドローダウンを越えたら、売買停止
  • 特定の為替レートを越えたら、売買停止
  • 特定の回数だけ連続損切りしたら、売買停止

FXでこれから頑張るぞ!という方が、最初から自動売買を使う確率は高くないかもしれません。

スキャルピングやデイトレードに挑戦し、どうもうまくいかないから、トライオートFXをやってみよう!という流れが多いのでは?と思います。

トライオートFXでは、損失を限定する機能がいくつもあります。利食いを積極的に狙い、将来の資産増加を狙います。しかし、守備も万全にして顧客を守ろうという姿勢が特徴的です。

トライオートFXは、顧客の資産を守ることにも配慮が行き届いています。このようなFX口座で取引したいです。

取引設定例

では、取引設定例を考えてみましょう。下のチャートは、米ドル円の週足です。

米ドル円のチャート

チャートを見ますと、104.5円くらいまで円高になると、その後に円安が実現している様子が分かります。

そこで、今後もこの値動きが続くと予想する場合、104.5円~112円くらいの間で取引する案を検討できます。

もう一つ、確認しましょう。豪ドル/NZドルです。一般的には馴染みが薄いかもしれませんが、値動きが特徴的です。

豪ドル/NZドル

あまりに広い範囲を表示していますので、ローソク足の線が細くなりました。

2014年から、1.00~1.14の範囲で動いていることが分かります。すなわち、この範囲でずっと取引していれば、利食いを続けました(損切りはゼロ回)。

今後もこの値動きが続くと思う場合、取引を検討できます。

この値動きを狙う取引は、「自動売買セレクト」に既に準備されています。「コアレンジャー_豪ドル/NZドル」という名前です。トライオートFXにログインしたら、選ぶだけでOKです。

下の画像(自動売買セレクト)を見ますと、2018年からの成績で、資産が48.23%増えたことが分かります。

自動売買セレクト

もちろん、自動売買セレクトで選ぶのでなく、自分が取引したいように自由にプログラムを組んで取引することも可能です。

日足でも取引可能

上の2つは、週足で考察しました。自動売買は、文字通り自動で勝手に取引してくれます。

週足は、日足等に比べて、トレンドがなかなか変化しません。よって、自動売買と相性がとても良いです。同じ理由で、月足とも相性が良いです。

では、日足はどうでしょうか。日足でも取引できます。

週足に比べれば、トレンド転換までの期間が短いです。よって、時々チャートをチェックして、「ここだ!」と思うポイントで取引開始です。

トライオートFXは、プログラミングしたい人、選ぶだけにしたい人、長期トレード、中期トレードなど、様々な場面に対応できるツールです。

インヴァスト証券「トライオートFX」

 

トライオートFX

-トライオートFX

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.