FXで勝つ人と負ける人

トレードで生き残るには:自分に適したトレード手法を見つける

投稿日:2016年11月24日 更新日:

ゆったり為替のブログ記事を継続的に読んでいただくと、あることが見えてきます。「ゆったり為替はデイトレードの予想が外れまくりだな」ということです。

今日は円高かな?と書いたら実際は円安だったというのは、珍しくありません。

しかし、それでもトレードで生き残れます。

トレードで生き残るには

トレードで生き残るには、「自分の得意不得意をはっきりと認識する」ことが必要です。

時間軸で分けた場合、ゆったり為替の得意不得意は以下の通りです。

  • スキャルピング: 苦しい
  • デイトレード: 苦しい
  • スイングトレード: まあまあいい感じ
  • ポジショントレード: いい感じ
  • 月足トレード: かなりいい感じ
  • リピート系注文で永遠のトレード: とてもいい感じ

この世の中にスキャルピングしかなかったとしたら、ゆったり為替は速攻でFX市場から退場しているはずです。

逆に、月足トレードしかなかったとしたら、「ゆったり為替の見通しはスゴイ!」という感じかもしれません。

世の中は月足トレードに関心がないようですので、ゆったり為替の長期見通しはなかなか評価されませんが。ここで書きたいのは、「自分が優位にある分野はどこか?」を知るということです。

では、どうやって?

自分が優位にある分野を知る方法

では、どうやったら、自分の得意分野を見つけられるでしょうか。上の例は時間軸で見ていますが、トレード手法についても同様です。

自分の得意分野を見つける方法:
片っ端から試してみる

何でもかんでもすべて試してみるのがベストと思います。なぜなら、自分にとって何がベストなのかということは、他人には全く分からないからです。

自分で試してみるしかありません。

あるトレード手法を試してみて、全然勝てなかったとします。

「このトレード手法はダメだ!」

・・・いや、おそらくそうではなく、そのトレード手法がその人に合わなかったというだけでしょう。本当に全然使えなくてどうしようもないトレード手法ならば、世の中から消えていくでしょう。

残っているということは、その手法でうまく生きていける人がいると思います。

片っ端から試していると、時間もかかるし勉強の時間もかかります。しかし、そこを嫌がっていては成長できないのでは?と思います。

運が良ければ、最初のトレード手法でビンゴ!になるかもしれません。そういう幸運に当たったら、どんどんトレードして成功しましょう。巡り合わせが悪い場合は、時間がかかるでしょう。しかし、試し続けるしかないと思います。

自分の生活リズムから判断する方法

なお、片っ端から試すと言っても、雲をつかむような話かもしれません。そこで、自分の生活リズムを中心にして考えるという方法もあります。

例えば、毎日忙しく生活している場合、スキャルピングは難しいです。スキャルピングは、取引時間そのものは短いです。しかし、いつでも取引できる準備が必要です。

すなわち、チャートを眺める時間が長くなります。忙しい人には、困難です。

この場合、週足を使ったトレードや、放置できる長期リピート系注文が選択肢になります。

自己資金を投入してトレード

また、トレード手法試す際には、デモトレードでなくリアル口座のほうが良いと思います。

お金がかかっていないと、真剣にトレードできません。少額でも構わないので、負けるときの痛みを味わいながら勉強します。その方が、結果として早く成長できると思います。

この場合、1,000通貨の取引では額が大きすぎるかもしれません。

そういう時は、1通貨から取引できるSBIFXトレードや、100通貨からトレードできるマネーパートナーズでの取引が候補になります。

バックテストも重要

さらに、自己資金を投入して取引する前に、バックテストをすることも大切です。

バックテストとは、特定のトレード手法を使って実際に取引していたら、儲かっていたのか、それとも損していたのかを確認することです。

各FX業者でチャートを使うことができます。実際にチャートを眺めつつ、そのトレード手法を使ったらどうだったか?を確認してみましょう。

勝てそうだとなったら、自己資金を投入して小さく始めます。

成功するための秘訣:
あきらめない!

あきらめたら、そこで終わりです。

-FXで勝つ人と負ける人

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2018 All Rights Reserved.