シストレ24

シストレ24ストラテジー研究:PipRancher【EURJPY】

投稿日:

447872-1先日検証したシストレ24のストラテジー:WaveRider【GBPJPY】は、とても優秀な成績でした。そこで、もう一つ優秀なストラテジーを探してみましょう。


下の表は、「稼働以来」で収益率が高い順にソートした表です。2016年10月13日時点では、PipRancher[EURJPY]が1位になっています。収益率も極めて高いです。

そこで、PipRancher[EURJPY]を検討しましょう。

piprancher-1

下の損益曲線を確認しましょう。薄い緑色が損益の推移、そしてチャートは月足です。2008年から稼働しているストラテジーですので、信頼性が高いと予想できます。

piprancher-2

このグラフをもう少し詳しく確認しましょう。下の絵をご覧ください。

左下矢印部分で急激に成績が伸びています。これは2008年のリーマンショックです。リーマンショックでは損失を計上した人が多かったと予想できますが、PipRancher[EURJPY]ならば成功していたということになります。

では、PipRancher[EURJPY]は下落相場で強いのか?ですが、上昇相場でもOKの模様です。というのは、赤で囲った部分は上昇トレンドですが、この期間も損益はプラスで推移しているからです。

piprancher-3

あるストラテジーがあったとして、信頼性が高いかどうかを見るには長期のグラフが有効です。長期ならば、上昇トレンド・ボックス相場・下落トレンド全てでの成績を確認できます。

また、長期になれば、相場の波乱も経験するでしょう。波乱相場でも成績が安定しているかどうか?を確認できます。

この点、稼働してから時間が経過していないストラテジーは、チェックが難しいです。ゆったり為替がストラテジーの良否を判断する際には、この長期推移を確認することが必要不可欠です。

では、下の表を使って、PipRancher[EURJPY]の成績を数字で確認しましょう。

piprancher-4

成績が良いのは今まで確認してきた通りです。投資収益率が1,500%を超えているのは異常値かと思ってしまうくらいです。

ゆったり為替が気づいたのは、平均取引時間の長さです。291時間25分です。ということは、2週間弱ということになります。

スイングトレードに分類できるでしょうが、かなり長期間にわたってポジションを持っています。PipRancherという名前に"pip"が入っているので、取引時間が短いストラテジーかと思いきや、実はかなり長いと分かります。

これだけ長期になると、トレード判断の際、日足をメインにしつつ週足も使っているかもしれません。オープン時間を見ると、朝・昼・夜とまんべんなくあります。というわけで、30分足以下のローソク足も使っていると予想できます。

どのようなロジックを使ってトレードしているのでしょうか。とても興味深いです。私たちはそのロジックを知ることはできませんが、このストラテジーでトレードすることはできます。

→ シストレ24の口座開設はこちらから

→ 【もくじ】シストレ24
→ シストレ24ストラテジー研究:WaveRider【GBPJPY】
→ ストラテジー入替作業不要!シストレ24「フルオート」登場
→ インヴァスト証券「シストレ24」の特徴

-シストレ24

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2018 All Rights Reserved.