シストレ24

シストレ24のフルオートを使っても、成績が悪いことがあるのはなぜか?

投稿日:

467845-1シストレ24のフルオートは、「常にトップ級のストラテジーを使う」という趣旨です。

すると、フルオートを使った取引ではいつもプラスの成績かな?と思ってしまいますが、そんなことはありません。マイナスの成績もあります。

今回は、常にトップ級のストラテジーを使うのにマイナスになる場合がある理由を考えます。

フルオートの思想(おさらい)

最初に、フルオートの考え方をさらっと確認しましょう。イメージ図は下の通りです(インヴァスト証券からの引用です)。

st24-fullauto

手動でストラテジーを入れ替える場合、採用しているストラテジーが不調になったら新しいストラテジーを採用していました(左側の絵)。

しかし、フルオートの場合は、ストラテジー入れ替えの時に最高の成績を出しているストラテジーを常に採用します(右側の絵)。というわけで、フルオートは常に絶好調のストラテジーを採用しているはず・・・。しかし!

バックテストをすると、こんな悲惨な成績になってしまう場合も。・・・これはなぜ?

fullauto-bad

私たちはこんな結果を出すフルオートで取引することはないでしょう。そこで、バックテスト結果がマイナスになる理由について考察する必要はないのかもしれません。

しかし、バックテスト結果は最高なのに、実際に採用してみたらそうでもないとか、マイナスになったとか・・・そういうことがあるかもしれません。

そこで、考察してみましょう。

フルオートの成績がマイナスになってしまう理由

では、いつもトップ級のストラテジーを採用しているはずのフルオートなのに、なぜマイナスの成績になる場合があるのでしょうか。

その理由は・・・分かりません。

というのは、私たちはストラテジーの中身を見られないからです。ストラテジーの中身とは、取引開始条件や決済条件です。取引結果だけ見てストラテジーの良否を考えるしかありません。

そこで、以下の考察は予想になります。予想ですが、完璧に外れているということはないだろうと思います。

理由1: トップ級のストラテジーがそもそもマイナスだった

検索条件に該当するストラテジーの中で、トップ級のものを選んで採用するのがフルオートです。ところが、その検索条件に該当するストラテジー全ての成績がマイナスだったらどうなるでしょう?

いくらトップ級でも、取引を繰り返すたびにマイナスの成績になってしまいます。

この失敗を避けるには、相場状況から見て不適切と思えるステータスを選択しないことが大事でしょう。例えば、どう見ても円高というときに、円安だったら強いよ!というステータスを選択して、通貨ペアは円絡みにするといった失敗です。

理由2: オーバーフィッティング

オーバーフィッティングとは、「過剰最適化」と訳されます。これは、「過去の特定の相場状況だけ」で有効なトレードを選択してしまう場合に発生しやすいと言われます。

過去の特定の相場状況というのは、そうそう何度も繰り返し発生するものではありません。その相場状況だったら勝ち、残りは負け・・・このようなパターンのフルオートは、かなり苦しいでしょう。

オーバーフィッティングを回避する方法として、数多くの条件を付けすぎないことが大切です。単純なほうが、長期的に見て成功するかもしれません。

理由3: ストラテジーを採用したあたりから、相場状況が変化した

バックテスト結果は最高なのに、採用したらイマイチという場合、この理由3もあり得るでしょう。理由3の場合は残念ながらあきらめるしかないかもしれません。どう動くか不明なのが相場です。

この失敗を防止する方法としては、「上昇だけで強いストラテジー」「下落だけで強いストラテジー」といった、あまりに極端な内容のフルオートを採用しないという方法があるでしょう。

ただし、今後1年は円安だと思う!という感じで相場観がある場合は、あえて円安に強いストラテジーを集中的に採用するという方法もあります。

FXをするのは資金を増やすためですので、勝ちパターンについて多くの時間を割いて考えるでしょう。しかし、こうして負けパターンについても考えると、いい案がひらめくかもしれません。

負けパターンの考察は面白くないかもしれませんが、意外に重要と思います。

→ シストレ24の口座開設はこちらから

→ 【もくじ】シストレ24
→ フルオートのデメリット(?)への対処法
→ 最大ストラテジー数はいくつがベスト?
→ フルオートで好調な設定を探してみた(その2)




-シストレ24

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2018 All Rights Reserved.