少額から取引できるFX口座

日本で個人向けFXサービスが始まる前、スタンダード取引(標準的な取引)は、10万通貨単位でした。

ミニ取引が、1万通貨です。

しかし、日本の企業努力は、大変なレベルです。それが、FXでも発揮されました。今では、最低取引数量が1通貨のFX業者があります。

すなわち、1ドル、1ユーロから取引可能です。

少額で取引できるメリット

1通貨から取引できるのは極端な例ですが、少額から取引できるのはメリットが大きいです。

米ドル円=100円のとき、1万通貨で取引すると、取引額は100万円です。レバレッジを使うことができますので、100万円準備する必要はありません。

しかし、一定規模の資金が必要です。

しかし、1,000通貨から取引する場合、取引金額は10万円です。レバレッジ2倍なら、5万円で取引できます。レバレッジ10倍なら、1万円で取引できます。

資金的なハードルが、一気に下がりました。

1通貨・100通貨から取引可能

SBIFXトレードは、1通貨から取引可能です。そして、マネーパートナーズ【FXnano口座】は、100通貨から取引可能です。

下の表のFX業者名をクリックすると、各社の公式サイトに移動します。

FX業者名口座開設で
SBI FXTRADE500円もらえる
マネーパートナーズ【FXnano】1,000円もらえる

米ドル円=100円で1通貨の取引をする場合、取引額は100円です。レバレッジを最大限に使えば、4円の自己資金で取引可能です。

さすがに4円で取引する人はいないでしょうが、それぐらい小さな金額でも取引できます。

なお、1通貨から取引できるという場合、「1通貨で取引しなければならない」という意味ではありません。1,000通貨でも1万通貨でも取引可能です。

SBIFXトレード

SBIFXトレード

SBIFXトレードでは、1通貨から取引できます。少額から取引できるという視点で考えると、最高のFX業者です。

さらに、口座を作ってログインするだけで、500円もらえます。取引しなくても、もらえます。この500円はお小遣いではなく、少額からでもFXを楽しんで欲しいという意図です。

口座を作るだけでもらえますから、しっかりいただきましょう。

【公式サイト】SBI FXTRADE

マネーパートナーズ

マネーパートナーズのFXnano(ナノ)口座の場合、100通貨から取引可能です。すなわち、100ドル、100ユーロから取引可能です。

レバレッジを使えますから、1,000円あれば十分ということになります。

マネーパートナーズ

という状況で、マネーパートナーズでは、ナノ口座を開設してログインすると、1,000円もらえます。

上のバナーにもあります通り、初心者歓迎です。1,000円あれば100通貨から楽しめるというのを、肌で感じて欲しいという意図です。

こちらも、しっかりといただきましょう。

【公式サイト】マネーパートナーズ

1,000通貨から取引可能

少額で取引できるという場合、一般的には1,000通貨単位で取引できるFX口座を指す場合が多いでしょう。選択肢となるFX口座が多いためです。

表のFX業者名をクリックすると、各社の公式サイトに移動します。

FX業者名備考
セントラル短資FXスキャル歓迎
トライオートFX
LIGHT FX
FXTF(ゴールデンウェイ・ジャパン)MT4
FXプライム byGMO
みんなのFX
ヒロセ通商スキャル歓迎

(※:1万通貨未満で取引する場合、取引手数料の支払が必要です。)

この中で、特徴的な口座をいくつか挙げてみましょう。

スキャルピング

多くのFX業者では、スキャルピングを禁止しています。しかし、ここでご案内していますFX業者の中では、セントラル短資FXとヒロセ通商で、スキャルピングができます。

少額で取引するという場合、買って長期で持つというよりは、比較的高回転の売買で資産を一気に増やしたいという方が多いのでは?と思います。

そのような場合、スキャルピング歓迎のFX業者が選択肢になります。

MT4

FXTF(ゴールデン・ウェイ)では、MT4を使うことができます。

一般的に、MT4は難易度が高くて大変だというイメージがあるかもしれません。しかし、FXTFでは、初心者でもわかるように丁寧にホームページを作っています。

EA(自動売買プログラム)を自分で作ろう!という場合は、別途勉強が必要です。しかし、そうでないなら、FXTFのホームページで対応できます。

googleで情報を探すと、難解だったり情報が古かったり、そもそも情報が正しいかどうかで不安になります。

しかし、FXTFの公式サイトなら、そんな心配はありません。公式サイトが発信している情報だからです。

資金力があっても、少額から始める

なお、資金力があるという場合も、少額から始めるのが望ましいです。ゆったり為替は、何か新規でトレードを始めようとする場合、必ず少額から始めています。

例えば、以下の通りです。

  • 最初は、1トレードの損失を5,000円以内に抑える
  • 合計で一定額の利食いをしたら、損失許容額を引き上げる
  • 以下、繰り返し

新規ですから、今までとは違うことをしようとしています。

バックテストをしていますし、経験値もあるはずですので、とんでもない事にはならない…と考えています。しかし、何が見落としがあるかもしれません。

こういう時は、少額から始めます。最初は、損切りしても額が小さくて済むようにします。

繰り返し利食いして、利食い額が蓄積したら、徐々に取引数量を引き上げていきます。途中で何か問題が発生したら、取引数量を増やすことはありません。

こうして、慎重な取引をすることにより、安全度を確保しています。

こういった取引をするには、最低取引数量が1,000通貨以下のFX口座でないと難しいです。

1トレードの損失額は5,000円以内、そして、取引してから100pipsくらいは含み損になってもポジションを保有するという手法を使いますと、取引数量は1万通貨よりも小さくなります。

最初からドカン!と大きく資産を増やせるのが理想ですが、手法を習得すれば、稼ぐのはいつでもできます。まずは、安全度を重視したいです。

少額での取引例

ここで、少額で取引する場合の例をご案内しましょう。下は、ゆったり為替の鉄板トレード例です。青い曲線は為替レートの動きを示します。

スイングトレード

チャートの左側で、レンジができています。レンジの頂点(山と書いてある部分)を線で結ぶと、上値抵抗線になります。

上値抵抗線とは、「為替レートがその線まで来ると、なぜか反落する」という線です。

あるとき、為替レートがレンジを突き抜けて上方向に進みました。このままAの方向に進んで欲しいです。この場合、矢印部分で買います。

ところが、Bのように反落することもあります。よって、それを警戒する場合、赤丸で買います。Cへの値動きを狙います。

ゆったり為替は、赤丸で買うのが中心です。しかし、Aのパターンで突き進む場合があります。この場合、ゆったり為替の方法だと買いチャンスを逃して残念!となります。

では、どうしましょうか。矢印部分で買いたいけれど、B方向の反落が怖いし、しかし、Aの方向に進む可能性も結構あります。

この場合、分割して買うという選択肢があります。

  • 矢印部分で、半分買う
  • 赤丸部分で、残りの半分を買う

最初の買いは、いわゆる「打診買い」です。この買いが成功すればOK、成功しなくても、赤丸で買うチャンスを狙います。

B方向に進んでも、損する額は半分で済みます。

この方法を使うと、利食い方向への取引は、自分の買いたかった最大値まで買う可能性があります。一方、損切りになる場合は、予定の半分しかポジションを持っていません。

こうして、トータルで成功を狙います。

(赤丸で買った後に反落したら、それは仕方ないとあきらめます。)

資金が潤沢にある場合、1トレードで10万通貨など大きな数字になるでしょう。すなわち、分割して買う場合も、1万通貨単位のFX口座で大丈夫です。

しかし、資金が潤沢でなかったり、何か新しい手法を試そうという場合、1万通貨単位の取引では不都合です。

上の例の場合、分割取引なのに、合計で2万通貨の資金力が必要になってしまいます。取引数量が大きすぎます。そこで、1,000通貨以下で取引できる口座が活躍します。

無理せず、着実に資金を増やしていきましょう。

FXのキャンペーン【随時更新】

(2019年12月2日時点の情報です。) FXをする目的は、資産の増加です。ところが、相場で資産を増やすのは簡単ではありません。 そこで、強力な援軍があります。キャンペーンです。上手に組み合わせながら ...

続きを見る

投稿日:2019年10月5日 更新日:

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.