FX口座あれこれ

デモ口座でFXトレードを練習するのはアリだろうか

投稿日:

098019-2ゆったり為替は決してデモトレードをしないタイプです。しかし、デモトレードをしてはいけないかと言えば、そうでもないと思います。

そこで、デモトレードをすることの可否について考えます。

ゆったり為替がデモトレードをしなかった理由

ゆったり為替がデモトレードをしてこなかった理由は単純です。「リアルトレードでないから」です。リアルトレードでないということは、自分のお金を投入していません。

・ 利食いできてもお金が増えないから、面白くありません。
・ 負けても損しないから、緊張感がありません。
・ 500万円くらいを適当に使っても、何も感じません。
・ トレード手法を試そうと思っても、損益に影響しないので気合が入りません。
・ そのイメージを持ってリアルトレードに臨むと、リズムが狂います。
・ リズムが狂うと、損するのは簡単です。

というわけで、デモトレードはしませんでした。1度もしたことがないということはありません。試しにカチカチとクリックした程度ならば、あります。

デモトレードが有効な場合

では、デモトレードはしない方が良いかと言えば、そんなこともありません。ゆったり為替とは違うという人が大勢いるはずですから。

・ いきなり現金を投入するのは怖いから、とりあえずデモから。
・ あえて失敗トレードをやってみて、悪い点を検証したい。
・ 有効だと思うトレード手法を試しにやってみたい。
・ トレードの練習をしたい。

このようなニーズを満たすには、デモトレードが有効な場面があるでしょう。

ただし、自分のお金を危険にさらしながらのトレードではないという事実は変えられません。また、損益に関係がなければ、トレードするときの感情も大きく変わってくるはずです。

そういう意味では、わずかな資金で構わないから自己資金を投入し、繰り返しトレードするという方法が良いのでは?と思います。

日本でFXサービスが始まった直後は、最低取引数量が10万通貨という口座も珍しくなかったと記憶しています。今では、1通貨からOKという口座もあります。1通貨・レバレッジ1倍で取引する場合、必要な資金は数十円~200円程度で十分です。

そう考えると、わずかでも構わないから自分の資金を投入して、自分の感情の変化も観察する方がメリットが大きいだろうと思います。

→ 「損はしていないけれど・・・ガックリ」となるとき
→ ニュースに寄せられたコメントに、本質が垣間見えた
→ ゆったり為替のトレード手法は、どんな感じ?

-FX口座あれこれ

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.