トライオートFX実践記録

リアルトレードの成績

投稿日:2019年2月25日 更新日:

ゆったり為替のリアルトレード成績をご案内します。なお、この取引は別ブログ「FXリアルトレード道場」と同じものです。

取引設定をざっくりと書くなら、「トラリピを巨大な範囲に設定する」です(トライオートFXを使っていますが)。

2016年から、公開で取引しています。

リアルトレードの成績

リアルトレードの成績グラフは、以下の通りです。毎月更新します。

トライオートFX

2019年の成績

累積実現損益累積実現損益+評価損益
7542,051267,688
6536,553326,601
5529,601293,234
4522,732424,268
3509,302413,728
2500,654415,206
1485,079405,175

過去の成績

累積実現損益累積実現損益+評価損益
2018445,120300,082
2017280,532392,542
2016137,731305,206

ゆったり為替と同じような取引をしてみたいという場合、トライオートFXの口座を作って、使い方を確認するところから始めましょう。

【公式サイト】トライオートFX

長期の取引設定を作る方法は、とても簡単です。

トライオートFXの「ビルダー」で取引設定が楽に!

当ブログでトライオートFXの公開トレードをご案内する際、歯切れが悪い部分がありました。それは、取引設定です。 トライオートFXは、いろいろな自動売買ができます。それが災いしてか、ゆったり為替の公開トレ ...

続きを見る

取引設定

このリアルトレードは、「可能なら永遠のトレード継続」を目標にしています。値動きが許すなら、20年でも30年でも、取引を継続したいです。

そして、複利運用もします。すなわち、老後資金の一部をカバーするというイメージです。

通貨ペア

通貨ペアは、豪ドル/円です。

キーワード「永遠」を実現するには、先進国通貨ペアです。新興国は安定性で不安があります。また、スワップポイントは常にプラスで、超長期でレンジになっている必要があります。

下のチャートは、豪ドル/円です。1995年からの値動きは、レンジになっています。

豪ドル/円の長期チャート

スワップポイント

スワップポイントがプラスになったりマイナスになったりすると、気持ちが落ち着きません。放置して勝手に利食いしてもらうには、スワップポイントはプラスが望ましいです。

下は、オーストラリアと日本の政策金利を比較したものです。

政策金利

今後の政策金利の推移は不明です。しかし、過去から現在までの推移が継続するなら、今後もオーストラリアの政策金利は、日本よりも高いでしょう。

すなわち、豪ドル/円を買えば、スワップポイントはプラスになると期待できます。

買い注文の設定頻度

今回のトレードでは、20銭円高になるたびに買うという設定を採用しました。

取引回数を多くするには、10銭ごとにした方が良いです。しかし、注文本数が多くなりすぎて、管理が面倒くさいです。

逆に、管理の簡単さを求めるなら、50銭ごとに買うのが良いでしょう。しかし、利食い頻度が少なくて、あまり面白くありません。

そこで、20銭ごとに買う設定にしました。この考え方ならば、25銭ごとでも良いのでは?という話になりますが、特に根拠はありません。

損切り位置

キーワードが「永遠」なら、損切り回避が必要です。そこで、過去の円高記録(55円)になっても大丈夫な資金管理をします。

スワップポイントと利食いで、証拠金が増えていきます。よって、強制ロスカットになる為替レートは、毎日少しずつ円高方向に移動します。

すなわち、取引を継続すればするほど、円高への抵抗力が強くなります。

利食い幅

現在の設定では、利食い幅を60銭にしています。

しかし、豪ドル/円の値動きが大きくなれば、80銭くらいにするのが有利です。今は値動きが小さいですが、様子を見て利幅を80銭にする可能性があります。

複利運用

獲得した資金は、そのまま口座に残してもOKです。そうすれば、円高への抵抗力が強くなります。

しかし、このリアルトレードでは、獲得資金の50%を上限として複利運用をします。すなわち、獲得した資金を使って、少しずつ取引数量を増やします。

残りの50%は、円高に備えて、口座内で貯蓄します。

なお、豪ドル/円=72円あたりに、強い下値支持線があります。これを突き破って円高に進む場合に備え、当面、獲得資金の25%までを使って複利運用します。

実際に突き破って円高になったら、残りの25%を使って複利運用します。

取引範囲

買い注文を設定する範囲は、55.00円から84.80円までにします。

円安になってから円高になると、含み損が大きくなってしまいます。そこで、円安の部分では取引をお休みします。安全重視のリアルトレードです。

円高時に買って長期保有

今回のように取引範囲を限定的にすると、歴史的円安圏でトレードできません。

そこで、大きく円高になったら、豪ドル/円を買って長期保有します。この長期保有ポジションが円安になったら、ゆっくりと利食いします。

こうして、利食いを繰り返せない円安局面でも、スワップポイントと利食いを狙います。

なお、円高のときに長期保有すると、円安になったら含み益になります。一方、リピート系注文は含み損の発生を前提とします。

長期保有の含み益と、リピート系注文の含み損が打ち消しあいます。その結果、リピート系注文のデメリットである含み損を緩和したり、含み益にしたりできます。

円安時の売り取引

なお、円安になるとき、売りでリピート系注文を仕掛ける可能性があります。この場合、長期の買い保有量が多いことが前提になります。

売り注文のスワップポイント損と、買い保有のスワップポイント益を合計するとき、プラスになるという条件を付けています。

利食いできるとしても、スワップポイントがマイナスだと面白くないからです。

含み損に注意

リピート系注文(トラリピなどの取引)は、含み損の発生を前提とします。実現利益がどれだけ大きくても、含み益が巨大になって負けてしまうことがあります。

ゆったり為替は、長期間に渡り、個人のリアルトレードブログを見てきました。

ほとんどが、実現益だけ公開していました。そして、為替レートの急落があると、記事更新がピタッと止まる例を多数見てきました。

含み損が巨大になり、実現益を大きく上回ってしまったと予想できます。そして、ロスカットです。

(今は、FXサイトやブログ等を全く見ていません。よって、どうなのか不明です。)

ゆったり為替は、リピート系注文の「リアルな姿」を確認していただきたいと考えています。そこで、実現益に含み損益を加えた「真の損益」も公開します。

上の損益グラフでは、真の損益は青線の「累積実現損益+評価損益」です。

トライオートFXを使う理由

最後に、ゆったり為替がトライオートFXを使っている理由を確認しましょう。今回の取引設定で必要な機能は、以下の通りです。

  • 複利運用で、注文を1つずつ自由に変更できる
  • 放置できる(勝手に延々と利食いしてくれる)
  • スワップポイントが大きい
  • 売買レートを自分で指定できる

上の4つの機能を同時に満たすのが、トライオートFXだからです。

正確には、MT4もこれらの機能を満たします。しかし、管理コストが大きいため、ゆったり為替はMT4をやめてトライオートFXに引っ越しました。

トライオートFXの場合、維持管理はすべてインヴァスト証券がやってくれます。完全放置できます。このメリットがあまりに大きいので、トライオートFXを使っています。

インヴァスト証券「トライオートFX」

 

トライオートFX

-トライオートFX実践記録

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.