その他

FXのメリット

投稿日:

生活するには、何らかの方法で稼がないといけません。この稼ぐという視点でFXを眺めると、FXはメリットが大きいと感じます。

FXの最大のメリット

FXにはメリットがいくつかあるでしょうが、最大のメリットと感じるのは、「誰かに営業する必要がない」ということです。

一般社会でお金を稼ぐには、だれかに財やサービスを買ってもらう必要があります。どれだけ良いサービスを提供しても、誰も買ってくれなければ簡単に倒産します。

よって、お客さんが思考の中心に来ます。どうやったら気に入ってもらえるか、買ってもらえるか。日々これを考えることになります。

内勤等で営業する必要がないという場合、自分は営業しなくても構いません。しかし、社内で誰かが営業してくれています。彼らが存在しないと、給料の原資がありません。

営業は、極めて重要です。営業しなくてもお金を稼げるのは、公務員くらいです。

この点、FXは営業する必要がありません。自分の都合だけで稼ぐことができます。

自分の都合でトレードできる

誰かに営業する必要がないことに関連しますが、完全に自分の都合だけで取引可能なのもメリットです。

例えば、夜にしかトレードしたくなければ、夜だけやればOKです。スキャルピングをしたければできますし、放置のトレードが良ければ、放置できます。

会社員だったら、こうはいきません。就業時間が決まっていますので、家を出る時刻は決まっています。残業があれば、残業します。

家族の都合と仕事の都合がぶつかれば、仕事を優先します。

相場のご機嫌を知る必要がある

ただし、自由にFXができるのがメリットだといっても、相場を無視して取引できません。相場が常に主人であり、トレードする人は常に家来です。

ゆったり為替は、自分の性格を無視してスキャルピングに挑戦しています。スキャルピングを極めるには、次の2点を避けて通れません。

  • 長時間、相場に向かう必要がある
  • 瞬時の判断を要求される

ゆったり為替は、この2つが苦手です。

これができないと、相場のご機嫌を知ることができません。相場のご機嫌が分からなければ、損してしまいます。

ただし、相場が常に主人だといっても、どのように相場に仕えればよいか、自分で選べます。よって、ゆったり為替ならば、中長期トレードで相場のご機嫌を伺うのがベストの選択です。

そこを曲げて、スキャルピングに挑戦中です。

FXのメリット:インサイダー取引が極めて困難

以上の話は、相場全体に当てはまります。株でも債券でも、です。FX限定の話ではありません。

では、FXならではのメリットは何か?を考えますと、「インサイダー取引が極めて難しい」ことを挙げられるでしょう。

株取引の情報を眺めていますと、常にインサイダー取引との格闘が繰り広げられているように見えます。その一方で、情報は少しでも早く得る必要があります。

よって、情報を得られる人と得られない人で、格差が大きいように見えます。

(FXから見た感想なので、実際はどうなのか自信がありませんが…。)

一方、FXの場合、インサイダー取引が極めて難しいです。例えば、米雇用統計の数字が事前に漏れていたら、インサイダー取引になるでしょう。

しかし、米雇用統計の数字を事前に仕入れるのは、困難です(たぶん)。

よって、インサイダー取引の疑念を持つことなく、純粋に相場に向かうことが可能です。

FXのメリット:価格操作が困難

また、個別株と比べて、価格操作が極めて困難です。株式の売買代金は膨大であると同時に、銘柄数もとても多いです。よって、個別銘柄で見ると、売買代金は小さくなります。

よって、情報操作できる人が宣伝して回ると、簡単に価格操作ができるでしょう。ただし、これは違法です。

一方、FXで価格操作は極めて困難です。米ドル/円のトレンドを強制的に変えようと思う場合、何兆円必要になるか分かりません。

日銀の市場介入

相場を強制的に変えた例として、日銀の市場介入があります。

2010年から2011年にかけて、日銀は円高トレンドと格闘していました。円高になるたびに円売り介入を繰り返し、円高の流れを止めようとしていました。

下の長期チャートは、DMMFXからの引用です。最も円高になっている部分が、2011年です。ここで円高に急ブレーキがかかっていますが、これは日銀の市場介入の影響が大きいです。

米ドル円のチャート

上のチャートでは分かりづらいので、2011年7月から12月までの日足チャートを確認しましょう。くりっく365からデータを得ています。

赤の矢印部分2か所で、為替レートがいきなり3円くらい円安になっています。このときに、日銀の円売り市場介入がありました。

米ドル円のチャート

この2回以外にも、円売り介入がありました。この結果、2010年から2011年にかけて日銀が売った円の総額は、16.4兆円を超えました。

実弾の投入だけでなく、「いつでも市場介入しますよ~」という口先介入も、頻繁に行われました。これだけの資金を投入して、ようやく円高がストップしました。

資金力のある機関投資家であっても、1つの通貨ペアにこれだけの資金を投入できないでしょう。

価格操作できるとしても、取引が活発でない時間帯や、メジャーでない通貨ペアを狙うことになります。

実際、ゆったり為替はいくつかの海外ファンド勢と意見交換したことがあります。彼ら自身が相場トレンドを作るという話は、1回も聞いたことがありません。

小さい資金から取引可能

価格操作の部分で、話が長くなりました。その他にも、小さな資金から取引可能というメリットもあります。

最小でいえば、SBIFXトレードだと1通貨から取引可能です。1通貨ということは、1米ドル、1ユーロという単位です。レバレッジを使えば、10円から取引可能です。

しかも、取引数量が小さくても、取引条件は不利になりません。狭いスプレッドや大きなスワップポイントをそのまま享受できます。

実際に1通貨から取引する人は、ほとんどいないのでは?と思います。しかし、1通貨からでも有利な条件で取引可能というのは、FXならではでしょう。

FXにはメリットがいっぱい

あれこれ書いてきましたが、要するにFXにはメリットがいっぱいということです。FXを楽しみましょう!

関連記事

-その他

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.