相場見通し&実戦

今週のトレード戦略【2019年11月25日の週】

投稿日:

先週の相場の振り返り

先週は、トレードチャンスが見つかりそうもないと申し上げつつ、ポンド円を注目通貨ペアに設定しました。

下は、ポンド円の日足チャートです(セントラル短資FXからの引用)。

ポンド円のチャート

先週初めに、円安方向に抜けるか?と思わせる場面がありました。しかし、結局レンジを維持したまま1週間が終了しました。

今回のレンジができる前には、1日で1円~2円くらいの値動きが何度も見られました。それと比較すると、ポンド円はフリーズしてしまったか?と思えるような状態です。

今週の戦略

今週も、引き続きポンド円を注目します。下落を狙います。

ポンド円は、値動きが大きいという特徴があります。何週間も値動きがないと、その後の大きな値動きに頭がついていけない可能性があります。

どうなったら取引するかを考えつつ、シミュレーションも併せて実行したいです。

豪ドル円を見逃していた

なお、チャートを眺めていたところ、先週の時点で見逃していた通貨ペアがありました。豪ドル円です。下は、週足です。

豪ドル円のチャート

これを見た瞬間に、気づきました。「なぜ、先週売らなかったのだろう?」と。

下は、拡大したチャートです。右から3つ目のローソク足が、下落のピンバーになっています。そして、右から2番目のローソク足が陰線になっています。

豪ドル円のチャート

この形で売らなかった理由は?…見落としです。

何年取引しても、見逃し、発注ミスなどを繰り返してしまいます。仕方ないと割り切って、トレードするしかありません。

下は、日足チャートです。先週初め、適切に売っていたら、30銭強の含み益になっていたでしょう。

豪ドル円のチャート

では、豪ドル円の扱いをどうしましょうか。選択肢は2つです。

  • これから売る
  • 今回はあきらめる

米中協議、香港、12月の相場の薄さが問題です。どうなるか不明ですので、それらを考慮せず週足を見ますと、豪ドル円=70円を狙えそうに見えます。

10年ほど続いてきた下値支持線は、豪ドル円=72円くらいです。よって、70円をしっかり下回ると、さらに大きく下落する可能性もあります。

これは迷うな…。

1万円を100万円にするプロジェクトは、現在2万円です。よって、資金が少ないので、少しだけ売るという場合、数千通貨以下になりそうです。

この記事を投稿した時点では、売るか見送るか、決めかねています。

【カテゴリ】相場見通し&実戦

-相場見通し&実戦

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.