ループイフダン実践記録

ループイフダン実践記録3:トレードを再開しました!

投稿日:2016年1月6日 更新日:

七福神1豪ドル/円(AUD/JPY)は円高リスクがあると考えて、ループイフダンでの実戦をストップしていました。

しかし、もう始めてもいいでしょう!と考えたので、再び稼働しました。

豪ドル/円(AUD/JPY)はもう円高にならないのか?

ゆったり為替のループイフダン設定は、豪ドル/円(AUD/JPY)の買いです。すなわち、円高は基本的に困るはずです。ここでループイフダンを再開するということは、もう豪ドル/円(AUD/JPY)は円高にならないと考えているのでしょうか。

答えは、「否」です。さらに円高になる可能性があると予想しています。では、なぜ今再開するか?です。その理由は以下の通りです。

理由1: トレードの範囲を54円~89円に設定している

今回のループイフダンの設定は、豪ドル/円(AUD/JPY)が54円~89円の間を動くと想定しています。すなわち、54円になっても強制ロスカットにならない設定です。

現在の為替レートは85円台です。89円からは3円~4円くらい円高です。ということは、その分だけ円高抵抗力がついていますので、豪ドル/円(AUD/JPY)=54円でなく50円~51円になっても強制ロスカットになりません。

過去の円高記録は55円弱ですが、これはリーマンショック時に記録した数字です。リーマンショックでも到達できなかった50円台、そして、ループイフダンで利食いを繰り返せば証拠金が増えますので、40円台に突入してもOKな状態になるでしょう。

そこで、ギリギリまで円高目途を探る必要はありません。「もういいでしょう!」という緩い考え方でトレードできるのが、ループイフダンのメリットです。

理由2: ポジションがたくさんあった方が有利

ループイフダンはポジションの構築と利食いを主体とした取引ですが、豪ドル/円(AUD/JPY)の買いの場合は、スワップポイントの額も軽視できない額になります。そこで、たとえ含み損になっても、多くのポジションを持っているほうが有利です。

今回の取引設定は豪ドル/円(AUD/JPY)=54円~89円なのですから、強烈に円高になっても構いません。むしろ、強烈な円高は歓迎です。

・ ポジションが多くなるので、スワップポイントも多くなる
・ 相場が乱高下すれば、その分だけ利食い回数も増える

というわけです。

以上2つの理由から、再びループイフダンを稼働しました。買いのトレードなのに円高希望という、一見すると矛盾しているようなトレードですが、これが実行できてしまうのがループイフダンの利点でしょう。

可能ならば、今年は89円よりも円高の水準で推移してくれることを希望しています。この設定でどれくらいの成績を収められるのか、随時ブログで報告していきます。

ちなみに、現在のループイフダンの口座残高および純資産の推移は下のグラフの通りです。途中で水平線になっていますが、ループイフダンの稼働を停止したことを示しています。これから上昇軌道に復帰することを期待しています。

20160106ループイフダン

なお、ゆったり為替のループイフダン設定の詳細につきましては、以下のとおりです。

ゆったり為替のループイフダン設定:

1 通貨ペア: 豪ドル/円(AUD/JPY)
2 取引1回あたりの取引数量: 1,000通貨
3 売買の方向: 買い
4 値幅: 40銭
5 最大ポジション数: 87
6 ロスカット想定値: AUD/JPY=54.00円(実際にロスカットするか不明)
7 トレード開始日: 2015年11月2日(月)
8 円安許容値: AUD/JPY=89.00円
(89.00円を超えたらトレードを休止。ある程度円高に復帰したら、トレード再開)

口座開設と入金で3,000円【取引不要】

当ブログ限定3,000円キャッシュバック

-ループイフダン実践記録

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.