ループイフダン

豪ドル/NZドルのループイフダン成績【2019年4月】

投稿日:2019年4月4日 更新日:

ゆったり為替とゆきママの共著が発売されて、早くも4か月が経過しようとしています。

ということは、書籍をご覧いただいて豪ドル/NZドルのループイフダンを始めた場合、最長で4か月間取引していることになります。

そこで、ループイフダンで取引した場合のトレード成績を考察しましょう。

豪ドル/NZドルでトレードする際の考え方などは、下のリンクでご確認ください。

fx
豪ドル/NZドル(AUD/NZD)でループイフダン

ゆきママさんとゆったり為替の共著で、ループイフダンに関する書籍を制作しました。 【リンク】 普通の主婦と脱サラリーマンがたどり着いたお金の殖やし方 ラクラク稼ぐFX ループイフダン この中で、ゆったり ...

続きを見る

豪ドル/NZドルの値動き

最初に、豪ドル/NZドルの値動きを、日足チャートで確認しましょう。アイネット証券からの引用です。

豪ドル/NZドルのチャート

一番左は、2018年12月7日(書籍の発売日)です。その後の動きは、悪くありません。と言いますか、2019年1月3日の急落&急上昇は最高の展開でした。

また、1月半ばから、上下動しながらもダラダラと下落する傾向が続きました。そして、3月下旬からトレンド転換しました。結果、2018年12月7日と同じくらいの為替レートになっています。

ループイフダンのトレード成績

以上の値動きを考慮しますと、豪ドル/NZドルでループイフダンをしてきた皆様の多くは、成績がプラスになっていると思います。

しかし、この値動きで、マイナスで終了になる場合があります。その例を確認しましょう。

損失で終わる例1

2019年1月3日、わずかな時間で急落と急上昇が発生しました。

急落で相場が怖くなってしまい、急上昇するのを待てずに損切りして終了したら、最終損益はマイナスでしょう。

損失で終わる例2

2019年1月半ば以降の下落で、ポジションが徐々に増えていきます。そして、豪ドル/NZドルを買うと、スワップポイントはマイナスになります。

このマイナスに耐えられず、どこかで損切りして取引を終える場合です。それまでの利食いの状況や損切りの位置によっては、最終損益はマイナスになるでしょう。

スワップポイント損を、必要以上に重く考えない

実際にループイフダンで取引していただくと、毎日のスワップポイント損が気になると思います。ゆったり為替も、マイナスのスワップポイントは大嫌いです。

しかし、取引履歴をご覧ください。そして、下の内容を確認してみてください。

  • 今までの利食いで得た金額
  • 今までのスワップポイント損益合計

すると、利食いで得た金額の方が、大幅に大きいと気づくでしょう。よって、日々のスワップポイント損は面白くありませんが、可能な範囲で無視して過ごしましょう。

ただ、日々のマイナススワップがどんどん大きくなる場合は、無視できません。この場合は、実際の利食い額(および、見込み額)と比較しながら考えることになります。

当座の損益目標

こうして、延々と取引を繰り返します。そして、「豪ドル/NZドルが1.00を下回って損切りになっても、合計で損益がプラスになる」が実現できれば、当座の損益目標は達成!と言えるだろうと思います。

そこから先は、楽に過ごせます。

あるいは、当初決めた取引範囲を超えて上昇する場合、そこで取引は終了です。この場合、すべてのポジションが利食いとなるでしょう。

取引前の考察が重要

なお、この記事は、2019年4月4日時点の内容ですから、トレード成績がいい感じの文章になっているという面は否めません。この記事を3月半ばに書いていたらどうなる?です。

豪ドル/NZドルは、値動きが小さめの状況で下落を続けていました。

その時に記事を書くとすれば、「取引前に検討して決めたルールを、最後まで守るべし」という内容になっていたでしょう。

と言いますのは、トレードしている最中の思考でトレード方針を変えるのは、損しやすいからです。取引中に考えると、欲望と恐怖が支配する思考になりがちです。

相場に余程の変化がない限り、取引前に決めた方針を守りましょう。

豪ドル/NZドルが1.00をしっかりと下回る場合

そして、ルールを守った結果、豪ドル/NZドルが1.00をしっかり下回って損したらどうなるか?です。この場合は、損切りで終わらせるのが安全でしょう。

0.9台まで下落したのち、急反転して上昇する可能性も、もちろんあります。しかし、ギャンブル的要素が強めになると思います。

ただし、1.00を下回って損切りになる場合も、損失額を意外に抑えることができます。と言いますのは、今まで利食いを繰り返してきたからです。

含み益で保有し続けるのでなく、実現益を繰り返すというのは、とても強いです。

この利食いが繰り返されれば、最終的に損切りになっても、トレード全体の合計額でプラスにできることでしょう(そうなるまでに、日数はかかりますが)。

関連記事

-ループイフダン

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.