長期トレード

長期トレードの特徴【メリットとデメリット】

投稿日:2016年12月31日 更新日:

ゆったり為替は、週足から月足を使った長期トレードが好みです。しかし、FXサイトを検索すると、長期トレードについて考察したサイトは少ないでしょう。

そこで、しばらく長期トレードについて考察していきます。

長期トレードとは

長期トレードという場合、使う人によって期間がかなり異なります。スキャルピングが好きな人の場合、ポジション保有時間が5分と言えば長期と言えるかもしれません。

一方、月足でトレードする場合、ポジション保有期間が1ヵ月だと、短期の部類に入るでしょう。

ゆったり為替は、ポジション保有期間を意識してトレードすることはあまりありません。

しかし、ここで考察する長期トレードという場合、ポジション保有期間はおおむね3ヵ月~1年以上というイメージです。

長期トレードのメリット

このような長期間のトレードになりますと、大きなメリットがあります。それは、「取引開始が数日程度遅れても、問題ない」ということです。

ゆったり為替は、毎日のようにチャートをみて考える時間があります。しかし、一般的にはそうではないでしょう。

仕事が優先です。忙しかったり、出張があったりして、何日もチャートを見られないという場合は少なくないと思います。

しかし、長期トレードの場合、数日程度の遅れは問題にならないことが多いです。月足トレードの場合は、1ヵ月くらい取引が遅れてもOKな場合が少なくありません。

よって、忙しい人に適したトレードだと言えそうです。

長期トレードのデメリット

上の諸点はメリットですが、それがデメリットになる場合もあります。それは、「取引頻度が高くない」ということです。

デイトレードの場合、1日のうちに何度も取引可能かもしれません。しかし、長期トレードの場合はそうはいきません。取引機会は1か月に1回もないかもしれません。

そこで、取引対象とする通貨ペア数を多くする必要があります。

米ドル/円だけで取引するのも良いですが、それだけだと、取引機会は1年で1回くらいしかないかもしれません。

ゆったり為替は、数年にわたって米ドル/円の長期見通しを書いてきました。それに基づいて取引しようとする場合、最近2年間で2回しか取引できませんでした。

第1回目の取引機会:
米国の政策金利が上昇し始めたら円高になる、と予想(取引機会は2015年12月以降)
第2回目の取引機会:
2016年6月~2017年初めの間で底を打ち、円安になると予想(取引機会は2016年後半)

各通貨ペアについて、このような見通しを作ったとしましょう。この場合も、1か月に1回も取引チャンスがないかもしれません。これがデメリットと言えるでしょう。

そこで、もっと取引機会が欲しい場合は、長期トレードに加えて、短期でもトレードをすることになります。長期または短期のいずれかに絞る必要はありません。

長期トレードの特徴

次に、メリット・デメリットに関連して、長期トレードの特徴を考察します。

取引期間が長い

長期トレードというくらいですから、取引開始から終了までの期間は、とても長いです。

週足の場合、取引を開始してから終了するまでに何か月も要するのは、珍しくありません。その間、ずっと為替レートの行方を見守ることになります。

月足の場合は、年単位でポジションを保有することもあります。

保有し続けた末に、利食いできることもあるでしょう。また、損切りになることもあるでしょう。結果がどうなるか。それは分かりません。

取引を開始した時点で、私たちができることは、ほとんどありません。後は、自分で決めたトレードを自分で邪魔しないように、じっと見守るだけです。

この「見守る」という行動ができるかどうか。これが勝敗を分ける要素の一つです。

ただし、この「見守りの技術」は、週足に限ったことではありません。日足、時間足、15分足、どれを取って見ても必要な技術です。これができないと、利食いできても利幅はとても小さくなります。

すなわち、「利小損大」への道を突き進む可能性があります。

為替レートが自分の想定とは異なる動きになっても、何の感情もなく淡々と過ごす。これはとても重要です。

インジケーター不要

月足トレードの場合は特にですが、インジケーター不要というのが特徴です。

というのは、インジケーターとは過去の為替レートを加工することでトレード機会を探すものです。月足だと、1つの足ができるのに1か月もかかります。

インジケーターのシグナルを待っていると、その間に為替レートが遠くに進んでしまうことが珍しくありません。

すなわち、取引できません。

デイトレードだったら、あるトレードチャンスを逃しても、すぐに次の機会を待つという切り替えが可能でしょう。月足の場合は、なかなかそうはいかないかもしれません。待ち時間が長いからです。

そこで、インジケーターを使わないというトレードが多くなります。

ただし、週足の場合は、インジケーターを使っても十分トレードできます。ボリンジャーバンドなどを使って、週足でトレードしても面白いかもしれません。

どのFX口座でもOK

特定のFX口座の機能を使いたいと思えば、そのFX口座で取引する必要があります。

しかし、長期トレードの場合は、どのFX業者を使ってもOKです。特別な機能が必要というわけではないからです。

成行注文、指値注文、逆指値注文、OCO注文。これだけで十分です。これ以上は不要ともいえるので、どのFX口座を使っても問題ありません。

スプレッドも考えなくてOK

FX業者の間ではスプレッド競争が盛んです。米ドル/円に至っては、0.3銭が主流となっています。インターバンク市場のスプレッドよりも狭いという勢いです。

しかし、長期トレードについては、スプレッドは無視してもOKです。

というのは、利食いする場合、500pips、1,000pipsという数字だからです。

利幅が1,000pipsということは、1万通貨の取引でも利幅は10万円になります。長期トレードは、資金力が不十分で大きな数量で取引できない場合でも、比較的大きな利幅を見込めるメリットがあります。

これだけ損益幅が大きいと、スプレッド競争で0.1pipの差を比較するのは意味がありません。誤差にもならないという感じです。

そこで、長期トレードの視点でFX口座を選ぶとき、重要なのは以下の通りになります。

  • 取引システムが使いやすいか
  • システムトラブルを起こさず、安定的に取引できるか
  • 経済的ショックがあるとき、異常値かと思うようなスプレッドを提示しないか

取引システムについては、自分で使ってみる必要があります。使いやすいかどうかというのは、自分の感性だからです。

しかし、その他の2つについては、インターネットで調べれば分かります。

システムトラブルや巨大なスプレッドで損してしまったユーザーが、怒りのコメントをインターネットで公開していることが珍しくないからです。

関連記事:

長期・月足トレードの含み損に対する考え方

短期トレードの場合も、長期の月足トレードをする場合も、含み損の発生を回避するのは難しいです。 そこで、長期トレードの含み損に対する考え方を考察します。 含み損の特徴 長期トレードと短期トレードという観 ...

続きを見る

長期トレードのチャート分析、経済指標の使い方

チャート分析やトレード手法と言えば、日足またはそれよりも短い足で考える場合が多いかもしれません。 しかし、週足や月足チャートでも可能ですので、確認しましょう。 豪ドル/米ドルの週足チャート 下のチャー ...

続きを見る

-長期トレード

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.