FX口座あれこれ

DMMFXの口座開設キャンペーン【最大24,000円のキャッシュバック】

投稿日:2018年11月16日 更新日:

dmmfx

当ブログ経由でDMMFXの口座を開設すると、当ブログ限定の特典があります。確認しましょう。

DMMFXの口座開設キャンペーン【当ブログ限定】

上の画像の通り、当ブログ経由でDMMFXの口座を作っていただくと、キャッシュバック金額が4,000円多くなります。通常は2万円ですから、最大で24,000円です。

しかも、達成条件が簡単です。1ロット(1万通貨)の取引でOKです。

もちろん、通常のキャッシュバックキャンペーンももらえます。下のバナーをクリックして、口座開設しましょう。

DMMFX 口座開設

キャンペーンの詳細

キャッシュバックを確実にもらうために、キャンペーンの詳細を確認しましょう。

当ブログ限定分

口座開設申込日から60日以内に、1ロット(1万通貨)取引してください。

口座申込から、最短で翌日に取引可能になります。時間は十分ありますが、後回しにすると忘れるかもしれません。早めに入金と取引をお願いします。

4,000円のキャッシュバックは、取引した月の翌月末または翌々月末になります。口座残高をときどき確認してください。

なお、この記事の上側にある緑色のバナー「DMMFX 口座開設」から口座開設すると、この限定キャンペーンの対象となります。

他サイトからの口座開設は対象外となりますので、気を付けてください。

通常のキャンペーン

当ブログ限定のキャンペーンに加えて、通常のキャンペーンももらえます。

口座開設完了日から3か月以内に、新規の取引500ロット(500万通貨)以上で、2万円のキャッシュバックをもらえます。

キャッシュバックをもらう前に口座を解約しますと、キャッシュバックをもらう権利を失います。この点、気を付けてください。

口座開設方法の確認

では、口座開設方法を確認しましょう。上の緑色のバナーをクリックして進み、住所等の入力は1ページで終了します。入力後、本人確認書類をアップロードすればOKです。

ここでは、入力項目で留意すべき事項について、主に確認します。

口座開設バナーをクリック

上の緑色のバナーをクリックして、DMMFXのホームページに移動します。その後、公式ホームページ内にある、下のバナーをクリックします。

DMMFXの口座開設

住所等を入力

そして、住所等を入力すればOKです。とても簡単ですが、念のため「財務情報」「投資目的」部分の入力を確認しましょう。

DMMFXの口座開設

年収

年収部分で選べる選択肢は、以下の通りです。

  • 30万円未満
  • 30万円~100万円未満
  • 100万円~250万円未満
  • 250万円~500万円未満
  • 500万円~1000万円未満
  • 1000万円~2500万円未満
  • 2500万円~5000万円未満
  • 5000万円~1億円未満
  • 1億円以上

ここで、DMMFX側に立って考えてみましょう。もしも、年収が「30万円未満」という人が申請してきたら、口座開設をOKするでしょうか。

FXは、資産が増えることもあれば、減ることもあります。要するに、リスクがあります。リスクが現実になって資産が失われる場合、年収30万円未満だと、復活するのは大変でしょう。

本当は口座を作って取引してほしいけれど、ここは我慢して口座開設を拒否…となるかもしれません。

そこで、正直な範囲で、最大の金額を申請しましょう。ただし、専業主婦の場合は、年収0円でも全くおかしくないです。配偶者の収入があるからです。

金融資産・自己資産

金融資産・自己資産の欄で選べる選択肢は、以下の通りです。

  • 10万円未満
  • 10万円~50万円未満
  • 50万円~100万円未満
  • 100万円~250万円未満
  • 250万円~500万円未満
  • 500万円~1000万円未満
  • 1000万円~2500万円未満
  • 2500万円~5000万円未満
  • 5000万円~1億円未満
  • 1億円以上

ここでも、年収と同じことが言えます。金融資産が10万円未満だと、さすがにFXは厳しいのでは…。まずは貯蓄しましょう、という話になりそうです。

ここでも、正直な範囲で最大の額を申告しましょう。

投資経験

FXなどについて、投資経験を申告する欄があります。具体的には、FX取引、CFD取引、株式取引、信用取引、商品先物です。選択肢は、以下の通りです。

  • 未経験
  • 半年未満
  • 1年未満
  • 2年未満
  • 3年未満
  • 4年未満
  • 5年未満
  • 6年未満
  • 7年未満
  • 8年未満
  • 9年未満
  • 10年未満
  • 10年以上

ずいぶん、選択肢が多いです。正確な年数を思い出すのは難しいかもしれませんが、可能な範囲で正確な選択肢を選びます。

なお、すべての取引について「未経験」を選択しても、問題ないだろうと予想できます。

未経験者お断りにすると、初心者は誰も口座開設ができなくなってしまいます。すると、DMMFXの口座保有者は経験者のみになってしまい、顧客の高齢化が進んでピンチ…となりかねないからです。

ここも、正直に入力です。

身分証明書をアップロード

全ての入力が完了したら、身分証明書をアップロードします。

マイナンバーの「個人番号カード」を持っていれば、簡単です。スマホで写して、アップロードしましょう。

個人番号カードがない場合は、下の選択肢のいずれかとなります。

  • 通知カードの写し+顔写真つき本人確認書類(運転免許証など)
  • マイナンバー記載の住民票写し+運転免許証など
  • その他のパターンもあり

金融商品の申し込みをする場合、どこでもマイナンバーの申告を求められます。

そこで、これからも金融商品の申し込みをするだろうという場合は、個人番号カードを取得しておくと便利です。

こうして口座開設申込が完了したら、DMMFXから郵便が届くのを待ちましょう。郵便が届いたら、口座開設完了です。当ブログ限定のキャッシュバックキャンペーンを利用しましょう。

DMMFXのメリット

当ブログ限定の特典を確認しましたので、DMMFXのメリットを確認しましょう。数多くのメリットがあります。

取引応援ポイントサービス

取引応援ポイントとはすなわち、取引高に応じてキャッシュバックをもらえるというサービスです。

1万通貨取引すると、1ポイント(1円相当)のポイントをもらえます。1,000ポイントから現金に交換できる仕組みです。

また、取引量が多いと、ランクが上がる仕組みがあります。ランクが上がると、ポイントもたくさんもらえます。

ゴールドランク:
直近3か月間の新規取引実績が月間200回以上
シルバーランク:
前月の新規取引回数が200回以上、もしくは前月までの3か月間連続で新規取引回数10回以上
ブロンズ:
その他

取引高が基準でなく、取引回数が基準となっています。ポイントにも注目しながら取引する場合は、1万通貨ずつ取引することが選択肢になります。

デイトレードを中心に取引する場合、シルバーランクまでは比較的達成しやすそうに見えます。

スプレッドが狭い

FX業界のスプレッド競争は激しく、限りなくゼロに近づくのでは?という勢いです。DMMFXは、そのスプレッド競争に参加しています。

すなわち、スプレッドが極めて狭いです。

通貨ペアスプレッド
米ドル円0.2銭
ユーロ円0.5銭
ポンド円1.0銭
豪ドル円0.7銭
ユーロ米ドル0.4銭

スプレッドは、重要な経済指標発表時などでは広がることがあります。しかし、大半の時間帯で、上のスプレッドが提示されます。

他社と比較しても、極めて狭い水準を維持していることが分かります。

スワップポイントが一本値

一本値は「いっぽんね」と読みます。

一般的なFX業者の場合、ある通貨ペアを1万通貨買い、同時に同じ通貨を1万通貨買うと、毎日のスワップポイントは合計でマイナスになります。

下の例は、1万通貨を売買する場合です。

  • 買うとき:スワップポイントは50円の受取
  • 売るとき:スワップポイントは60円の支払
  • 合計:10円のマイナス

このマイナスは、FX業者の収益になります。すなわち、顧客から見ればコストになります。一方、DMMFXの場合は、買いも売りもスワップポイントの大きさが同じです。

  • 買うとき:スワップポイントは50円の受取
  • 売るとき:スワップポイントは50円の支払
  • 合計:±0円

すなわち、顧客のコストはゼロです。

スワップポイントの面でいえば、DMMFXは他社よりも有利ということになります。スワップポイントに敏感な方はとくに、DMMFXが選択肢の一つとなるでしょう。

柔軟な取引画面

DMMFXの取引画面は、柔軟性がとても高いです。すなわち、画面のどこにどんなツールを置くか、自分で決められます。

下は、配置の一例です。左上に為替レートの一覧、右上は発注ツール、そして下側にポジション照会を置いています。

DMMFXの取引画面

「チャートと発注画面があれば十分だ」と思う場合もあるでしょう。この場合は、下のようにカスタマイズできます。

左側にチャート、右側に発注ツールです。

DMMFXの取引画面

一般的には、画面のどこにどんなツールを置くかというのは、FX業者が決定します。

ツールの配置は、小さな事かもしれません。しかし、取引するたびに必ず目にすることになります。

ならば、自分にとって気持ちの良い画面で取引したいです。DMMFXの場合、自分が心地よいと思える画面で取引できます。

高機能なチャート

また、チャートも高機能です。

どのFX業者も、高機能チャートを搭載するようになりました。よって、どのチャートが良いかというのは、ユーザーの好みの問題になる部分があります。

しかし、DMMFXのチャートは、他社のチャートと比較しても高機能です。具体的に、いくつか確認しましょう。

超長期チャート

下のチャートは、米ドル円です。表示期間は、1976年以降です。すなわち、為替取引が公式に変動相場制になった年以降のチャートを表示できます。

チャート

多くのFX業者では、2000年前後あたりからの表示になります。DMMFXは圧倒的です。

なお、日々の取引で、これだけ長期間のチャートを使うことは、滅多にないでしょう。活躍する場面を想定しますと、以下の例があります。

スワップポイント狙いをしたい場合

スワップポイント狙いでポジションを持つ場合、長期間保有します。そして、チャンスがあれば、スワップポイントに加えて為替差益も狙います。

ということは、買うならば、できるだけ安値で買いたいです。

そこで、超長期のチャートを見ます。現在の為替レートは、過去の長期間で見てどのあたりにあるか?が分かります。

現在が歴史的高値だったら、買いづらいです。安値ならば、買いやすいです。将来の上昇を期待できるからです。

長期分析をしたい場合

ときどき、ニュースなどで数十年前の出来事と為替レートの話が出てくることがあります。

長期チャートを使えないと、報道をそのまま受け入れるしかありません。「本当はどうなんだ?」「何か別の視点があるかも」といった調査をするには、超長期チャートが必要です。

特定のパターンが見つかれば、それはトレードチャンスです。DMMFXなら、その調査ができます。

比較チャート

DMMFXのチャートについて、もう一つ確認しましょう。比較チャートです。

何を比較するかと言えば、通貨ペアと通貨ペアです。下のチャートは、米ドル円(白線)とユーロ米ドル(緑色の線)を比較しています。

チャート

チャートの一番左を起点として、その後の為替レートの変化率を%で表示しています。

上のチャートの場合ですと、米ドル円は上昇トレンドで、ユーロ米ドルは下落トレンドだと分かります。そして、変化率(%)は、縦軸で確認できます。

このチャートを見れば、「短期トレードで買うならば、米ドル円を狙う方がお得だな」と分かります。

また、2つの通貨ペアで何か独特な関連が見つかれば、その特徴を使ってトレードすることもできます。

トレード結果を分析【取引通信簿】

取引を繰り返すと、トレード結果がたくさん蓄積されます。

その結果は、自分が実行した結果です。すなわち、良いトレードも悪いトレードも、すべてが詰まっています。ならば、取引結果を分析すれば、さらに良いトレードができそうです。

  • 悪いトレード:繰り返さないようにする
  • 良いトレード:今後も続ける

これを可能にするのが、「取引通信簿」です。

下のグラフのように、どの通貨ペアで取引しているか、売買比率(買いか売りか)、損益の状況はどうかなど、様々な視点で分析してくれます。

取引通信簿

また、下の表のように、グラフでなく数字でデータを出してくれます。

下の数字は、DMMFXのホームページからの引用です。

取引通信簿

上の数字を見ますと、このデータは激しいトレードをしたんだなあと分かります。

最終的には13万円くらい勝っていますが、勝率が6%しかありません。勝率が6%なのに大幅勝ち越しです。1回の利食いで17万円弱、1回の損切りで8,000円弱となっています。

この人は、損切りするときはサッサと実行し、利食いする時は最大限まで我慢するという方法です。

数字を読み込めば、もっと深く分析することもできます。その分析をトレードに反映して、より良い成績を目指します。

スマホも直感的に使える

なお、上の解説はPC版での話でした。今の時代、「スマホは持っているけれどPCは持っていない」という人は珍しくありません。

そこで、スマホでも高機能な取引ができるようになっています。

DMMFXのスマホ

スマホの場合、取扱説明書を読んでゆっくり考える…というのは向きません。直観的に分かって、直感的に取引できることが大切です。

DMMFXのスマホアプリは、それを実現しています。

下は、Google Playでの顧客の評価です。5点満点で4.1点もあります。

googleplayの評価

DMMFXは、業界の中でも極めて多くの顧客を有しています。

すなわち、顧客の好みは多岐に分かれています。しかし、スマホですから、画面は小さいです。この条件で多くの顧客の満足を得るというのは、極めて難しいです。

しかし、DMMFXのスマホアプリは、それを実現しています。顧客の評価が4と5に集中していることがその証明になります。

デモ取引も可能

ゆったり為替は、デモ取引を好みません。なぜなら、デモということは、利食いしても損切りしても、自己資金が全く変化しないからです。

ゲームと同じであり、緊張感がありません。

しかし、ゆったり為替の意見に賛成できない人も、大勢いることでしょう。「デモで練習せずに取引しても、損するでしょう?」という具合です。

その場合、DMMFXのデモ口座で取引できます。実際の口座と同じ画面で取引できますので、デモで取引した後に本番口座に移動するのがスムーズです。

ことわざに、「急げば回れ」があります。デモ口座で取引するのは、まさにこれに該当するでしょう。

デモで経験値を積んでから、自己資金を投入して取引します。

分からなければ、質問すればOK

ちなみに、DMMFXで使い方が分からない部分があれば、気軽に質問できます。

下は、チャットの画面です。これで質問できます。

DMMFXのチャット

通常はコンピュータが対応しますが、「中の人に直接質問したい」という場合は、画面上にある「オペレーターと会話」をクリックすればOKです。

DMMFXは、高機能なツールが満載です。

DMMFX 口座開設

FX以外にもサービスが多彩

ちなみに、DMMでは多彩なサービスを展開していますので、簡潔に確認しましょう。

下の画面は、DMMFXにログインした直後の画面です。赤枠1は、FXです。2~4で、FX以外のサービスを選択できます。

DMMFXログイン画面

馬主になれる【バヌーシー】

バヌーシーという名前は、馬主そのままです。

実際に馬主になろうと思えば、エサ代だけでも月に数十万円かかってしまいます。人よりも高級…。というわけで、お金がかかりすぎて一般的には馬主になれません。

そこで、バヌーシーでは、小口のお金を集めることによって大きなお金にして馬主になろう!というコンセプトです。

口座開設者は、お金を出すだけです。馬の管理をする必要はありません。

馬主になった馬がレースで勝利すれば、賞金を受け取ることができます(投資口数で比例配分)。また、各種イベントに参加したり、レースの際に馬主席を使うこともできます(応募多数の場合は、抽選)。

株取引

DMM株を使うと、株式取引ができます。

DMMは、株取引では後発組です。よって、先行組の巨大有名企業と競争するには、DMM株を選んでもらうメリットが必要です。

それは、取引手数料です。

証券会社10万まで50万まで300万まで
SBI証券無料無料921円
楽天証券90円250円921円
カブドットコム90円250円1,890円
マネックス100円450円3,000円
DMM株80円180円600円

どの証券会社を使っても、同じ株式を買えます。ならば、最も手数料が安いところで買うのが合理的です。

1日の約定代金が50万円を超える場合、DMM株が有力な選択肢になるでしょう。

CFDで日経平均などを売買

最後に、CFDです。CFDとは、FXと同じ仕組みです。FXでは、通貨ペアを売買します。CFDでは、以下の銘柄を取引できます。

  • 日経平均株価
  • ダウ30種平均
  • ナスダック100
  • 米国SPX500
  • 金(きん)
  • 原油

日経平均やダウを取引するつもりはなくても、ある時にひらめくかもしれません。

例えば、「今は米ドル円と日経平均の連動性が大きい。米ドル円は上昇トレンドだが、動きは鈍い。一方、日経平均は大きく伸びそうだ。」と気づいた場合です。

気付いた段階から、どの口座で取引しようかと探していると、トレードチャンスが過ぎてしまうかもしれません。口座申込をしてから実際に取引できるまでに、時間がかかります。

ならば、あらかじめ取引できる状態にしておくのが、有効です。DMMなら、それが可能です。口座を作って放置しておいても、口座維持手数料等は不要です。

そして、必要になったら、取引します。

DMMFXはメリットがたくさん

以上、DMMFXの機能を概観しました。DMMは多彩な機能を持ち、サービスも多岐にわたります。

下のバナーをクリックして口座開設すると、当ブログ限定のキャッシュバックキャンペーンに参加できます。他サイトにはない特典です。

DMMFX 口座開設

-FX口座あれこれ

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2020 All Rights Reserved.