AIを使ったトレード「MAi MATE」(マイメイト)

マイメイト

当ブログはFXを正面から考えていますが、足りないものがあります。それは、「遊び心」です。

インヴァスト証券から、当ブログの不足を満たしてくれるような、遊び心を満たすFXサービスが登場しました。"MAi MATE"(マイメイト)です。

2020年秋以降、マイメイトで自動売買できるようになります。この記事を公開した時点では、売買シグナルの発信ができます(取引は手動です)。

MAi MATE(マイメイト)とは

マイメイトとは、キャラクター化した人工知能(AI)を育てていくゲームです。ゲームといっても、実際のFXトレードに反映できますので、リアルトレードとしても使えます。

具体的には、1日1回程度の売買サインメールが届くようになります【2020年秋をめどに、自動売買もできるようになります】。

そして、結果を見ながら褒めたり叱ったりして、キャラクター(AIエージェントと呼びます)に自分の意見を反映できるようになります。

ちなみに、下のAIエージェントは、ゆったり為替が作ったものです(ゆったり為替2号)。どんなキャラクターが出てくるかは、作ってからのお楽しみです。

マイメイト

強化学習型のAI

AIと言っても、その中身は多様です。マイメイトで使われているAIは、「強化学習型」と呼ばれるものです。

AIと言うと、「人工知能がすべてを知っていて、何かトラブルが発生しても完璧に対処してくれる」というイメージがあるかもしれません。

しかし、こういう意味のAIは、まだ開発されていません(おそらく、大勢が開発に取り組んでいることでしょう)。

強化学習型を簡単に解説しますと、「AIが現状を把握し、何か行動して、その結果が最も良くなるように学習を繰り返すこと」です。

何を学習するか

では、AIは何を学習するのでしょうか。それは、最適なポジション管理です。

私たちは、チャート分析するとき、将来の為替レートを考えます。「このチャート形状だと、将来はこのあたりまで円安になりそうだ」といった具合です。

しかし、将来の為替レートを当てるのは、簡単なことではありません。それは、現在のAIをもってしても同じです。

では、どうするか?です。

将来の為替レートを自在に当てることは困難ですが、「どのような状況になったら、どのようなポジショニングをすべきか」というのは、確実に学習できます。

なぜなら、ポジション管理は、自分の意思で確実に実行できるからです。そこで、最適なポジション管理を学習します。

結果として、「強気相場の時は買いポジションを継続保有しよう」「今は買いポジションを保有しているけれど、そろそろ決済しよう」という判断を、ユーザーに提供します。

学習して頭が良くなる

なお、「強化学習」ですので、最初の結果は散々なはずです。特定のルールに基づき行動を繰り返すことによって、最適な行動パターンを見つけるからです。

この行動パターンを見つける方法ですが、過去3年間の為替レートを使います。

最初に、あるルールで行動します。おそらく、結果は残念でしょう。

2回目、再びあるルールに基づいて行動します。ただし、「1回目の経験値を得た上で、前回の為替レートを覚えていません」。

すなわち、常に新しい為替レートに接しているイメージで、学習します。

この学習をひたすら繰り返して、良い結果を得よう!というわけです。コンピュータの学習ですから、大変早いです。

とはいえ、AIエージェントを作ってから、最初の7時間くらいは操作できません。この間に、膨大な学習をしてくれます。

最終的な学習結果も残念だったら?

コンピュータですから、一気に数多くの学習を繰り返します。その結果、どうしても期待外れの結果しか出なかったら、どうなるでしょうか。

この時は、「引きこもり型」となって、なかなかトレードしようとしなくなります。

すなわち、ユーザーに売買を示唆しなくなります。

こうなったら残念ですが、適当に「買い継続!」などと提案してしまうよりも、断然素晴らしいです。

AIエージェントが引きこもり型でなければ、一定の成果を上げているということです。

ユーザーの意見を反映できる

また、AIエージェントの判断に、ユーザーの意見を反映させることができます。

ユーザーにとって素晴らしい結果を出したら、褒めましょう。すると、AIエージェントは、褒められた理由を考えて次回に生かそうとします。

逆に、ユーザーにとって不都合な結果を連発したら、叱ることもできます。

この時も同様に、AIエージェントは叱られた理由を考えて、次回以降の学習に生かします。こうして、より良いAIエージェントを育てることができます。

なお、強化学習は、過去の学習を積み重ねていきます。よって、褒めたり叱ったりする際に根拠が一貫していないと、AIエージェントは困ってしまうでしょう。

気分で叱ったり褒めたりしないで、一貫した根拠に基づいて行動しましょう。

基本的な取引条件

基本的な取引条件をご案内します。

取引可能通貨ペア

自動売買実装後に取引可能な通貨ペアは、全部で18種類です。現在も使える通貨ペアには「〇」を追記しています。

円を含む通貨ペア

  • 米ドル/円(〇)
  • ユーロ/円
  • ポンド/円
  • 豪ドル/円
  • NZドル/円
  • カナダドル/円
  • スイスフラン/円
  • トルコリラ/円
  • 南アランド/円
  • メキシコペソ/円

円を含まない通貨ペア

  • ユーロ/米ドル(〇)
  • ポンド/米ドル(〇)
  • 豪ドル/米ドル
  • NZドル/米ドル
  • 米ドル/スイスフラン
  • ユーロ/ポンド
  • ユーロ/豪ドル
  • 豪ドル/NZドル

テクニカル指標

自動売買実装後、以下の7種類のテクニカル指標を使えます。

AIエージェントは、ユーザーによって指定されたテクニカル指標を使って、強化学習します。

既に使えるもの

  • 移動平均
  • RSI
  • ボリンジャーバンド

自動売買実装後に使えるもの

  • ストキャスティクス
  • エンベローブ
  • MACD

最低取引数量

自動売買の場合、最低取引数量は5,000通貨となります。

ただし、為替レート水準が小さい通貨ペア(南アランド/円やメキシコペソ/円)は、もう少し大きな数字になる見込みです。

最低必要な資金は、30万円くらいになります。

マイメイトポイント

なお、マイメイトで作れるAIエージェントは、基本的に1ユーザーで1体です。しかし、マイメイトポイントという制度があります。

このポイントを使うと、より多くのAIエージェントを作ったり、有利なスプレッドで自動売買できるようになります。

ポイントを貯める

ポイントを貯める条件は、以下の通りです。

項目ポイント
1日1回のログイン+10ポイント
AIの作成+100ポイント
AIの育成+30ポイント
実際の取引1万通貨ごとに+5ポイント
フォロワーボーナスフォロワー数×10ポイント

「フォロワーボーナス」とは:

自分が作ったAIエージェントだけでなく、他人のAIエージェントを使って、自動売買できるようになります。

すなわち、優秀なAIエージェントを作れば、多くの人が自分をフォローして自動売買してくれるでしょう。

その人数×10ポイントをもらえます。

ポイントを使う

では、もらったポイントはどのように使えるか?です。

項目ポイント
AIの追加作成△1万ポイント
AIの再作成△200ポイント
マークアップゼロ△10万ポイント

マークアップゼロについても、解説しましょう。

マイメイトで自動売買する際、狭いスプレッドで売買できます。しかし、マイメイトには開発費や維持コストが必要です。

そこで、マークアップ手数料が導入されます。以下の通りです。

マークアップの例

  • 米ドル/円のスプレッド:0.3銭
  • マークアップ:1銭(未確定です)
  • 実質スプレッド:2.3銭

スプレッドが0.3銭で、新規買いで1.0銭、決済売りで1.0銭、合計で2.3銭のスプレッドになります。

これが高いか安いか?です。裁量トレードの基準で見れば、明らかにコストが大きいです。

しかし、自動売買で放置で資金を増やしてくれるなら、このくらいの手数料は支払っても痛くないでしょう。すなわち、「優秀なAIエージェントを作れるかどうか」次第です。

自分で作るのは大変と思う場合、他人が作った優秀なAIエージェントを使って自動売買できます。

マイメイトの使い方(遊び方)

では、使い方(遊び方)を確認しましょう。下は、マイメイトのトップ画面です。左下の緑色部分から順番に見ていきます。

(AIエージェントの作り方は、下の段落「AIエージェントを作ろう!」でご確認ください。)

マイメイト

EDUCATE【育てる】

EDUCATE画面では、AIエージェントが出したシグナルの様子や、その結果(損益)を確認できます。下の画像の赤枠1です。

それを受けて、赤枠2の部分で、褒めたり叱ったりできます。

マイメイト

SCORE【成績を見る】

自分のAIエージェントの成績を見られます。ここでいう成績とは、「他のユーザーが作ったAIエージェントと比較して、優秀かどうか」です。

最優秀のSランクをもらうには、上位5%に入ればOKです。

PEOPLE【みんなのエージェント】

他のユーザーが作ったAIエージェントを見ることができます。

キャラクターをクリックすると、詳細ページに進んで、どんな成績なのかを詳細に確認できます。ゆったり為替2号が上位にきてほしい。

マイメイト

CONFIG【設定】

この設定ページで、メール受信設定や、各種お知らせを見ることができます。

「どうしてもこのAIエージェントは耐えられない!サヨウナラしたい!」という場合も、この画面から実行します。一度サヨウナラすると、そのキャラクターを使うことはできません。

新しいキャラクターを作りましょう。

AIエージェントを作ろう!

では、AIエージェントを作ってみましょう。作るには、インヴァスト証券の口座が必要です(トライオートFXでOKです)。

まだ口座開設していない場合は、この機会に開設しましょう。

トライオートFX 口座開設

そして、インヴァスト証券ホームページに進み、マイメイトのページを開きます。

→ マイメイトのホームページ

マイメイト

「新規登録」をクリックして、メールアドレスやニックネームなどを入力します。全て入力できたら、「Sign Up」をクリックします。

マイメイト

すると、登録したメールアドレスに、確認コードが送信されます。メールに記載された確認コードを入力して、再び「Sign Up」をクリックします。

マイメイト

ログイン後のトップ画面に到着です。左上にある「エージェントを作る」をクリックしましょう。

マイメイト

ここで、インヴァスト証券のマイページに進みます。すなわち、インヴァスト証券の口座が必要です(トライオートFXでOK)。

マイメイト

ログインすると、AIエージェントを作るための条件を設定します。左下に、「1/5」とあります。すなわち、決定事項は全部で5つです。

マイメイト

一つ目は、通貨ペアです。ゆったり為替は、ユーロドルにしてみました。好きな通貨ペアでOKです。

こういった選択をするので、「全知全能のAIではない」ことが分かります(そもそも、その種のAIは、まだ世の中に存在しないです)。

マイメイト

次に、重視するテクニカル指標です。ゆったり為替はボリンジャーバンドを使いこなせないので、ボリンジャーバンドを選択しました。

マイメイト

注目するニュースも選択できます。「ネット上の感情的表現」が面白そうだと感じたので、それを選択しました。

マイメイト

AIエージェントの教育方針です。ゆったり為替はガチガチの守備型なので、その逆で「リターン重視」にしました。

マイメイト

最後に、名前を付けます。「ゆったり為替2号」にしました。ひねりがない…。

マイメイト

これで完成です。すぐに遊べるかと思いきや、「エージェントが誕生するまでしばらくお待ちください」と出てきました。

インヴァスト証券の公式HPによると、平均で7時間くらいかかるそうです。7時間?!という感じですが、画面の向こう側で強化学習を繰り返してくれているのでしょう。

マイメイト

画面では、卵にヒビが入っています(実際の画面は動画ですので、動いています)。

マイメイト

そして、誕生!です。

マイメイト

時間が経過すると、成績や性能(クラス)を確認できるようになります。

 

関連記事一覧

マイメイト

マイメイト(maimate)自動売買の取引条件が公開されました!

2020/7/30  

先日、インヴァスト証券からマイメイトの自動売買取引条件が公開されました。そこで、内容を確認しましょう。 ちなみに、この記事を公開した時点では、マイメイトにシグナルを出す機能はありますが、自動売買できま ...

マイメイト

マイメイト【インヴァスト証券】で自動売買(2020年秋頃)

2020/8/1  

2019年8月に公開されたマイメイト(インヴァスト証券)は、ベータ版です。 すなわち、AIが売買サインを出すけれど、実際に取引したい場合は、自分で別途発注します。詳細は、下のリンクでご確認ください。 ...

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2020 All Rights Reserved.