GBP(ポンド)

ポンド/円(GBP/JPY)を取引している場合は要注意

投稿日:

118639ゆったり為替は、ループイフダンで豪ドル/円(AUD/JPY)を取引しています。

一方、ループイフダンに限らず、トラリピなどを使ってポンド/円(GBP/JPY)を買っている方は少なくないでしょう。

ポンド/円(GBP/JPY)が暴落する場合、必要な証拠金が多額になるかもしれませんので注意が必要です。

必要な証拠金を試算

下のチャートは、ポンド/円(GBP/JPY)の週足です。トライオートFXからの引用です。昨年夏あたりは190円台を推移していましたが、現在は150円前半だという様子が分かります。

gbpjpy-weekly-chart-20160612

さすが、ポンド/円(GBP/JPY)です。わずか1年で40円も円高になるとは。値動きの大きさで有名な通貨ペアですが、その通りとなっています。

では、トラリピやループイフダンなどのリピート系注文を実行しているとして、1回の取引が1,000通貨の場合を想定しましょう。そして、ポンド/円(GBP/JPY)が暴落して120円になると想定します。

さすがに行き過ぎな想定かもしれませんが、ありえない数字だと断定することもできないでしょう。インヴァスト証券レポートを参考にしますと、最大で30円くらいの値動きを覚悟する必要があるかもしれません。

試算1: ポンド/円=190円から50銭ごとに買い下がる場合

これは、昨年からずっとトレードしていると想定しています。190円から50銭ごとに買い下がって120円まで行きますから、1,000通貨といえども巨大な資金が必要になりそうです。

計算しましたところ、強制ロスカットされないために必要な証拠金はおよそ600万円となりました。大変な額です。100銭ごとに買い下がる場合の必要証拠金は、この半額で300万円です。いずれにしても多額です。

試算2: 最高値ポジションが170円の場合

この試算は、2016年に入ってからトレードを始めた場合を想定しています。先ほどと同じように50銭幅で買い下がる場合、必要な証拠金は310万円超となりました。100銭幅でトレードする場合は、この半額となります。

**********

いずれの場合も、多額な証拠金が必要になると分かります。さらに、流動性が枯渇してスプレッドが巨大になると、2015年1月のスイスショック級の破壊力が出てしまうかもしれません。

→ スイスショックで発生した損失の状況はどんな感じだろう?

脅かすような言葉が並びますが、相場は何が起こるか分かりません。何があっても大丈夫なようにポジション調整をしたいです。

なお、イギリスがEUに残留すれば、今までの下落が急反転して大暴騰するかもしれません。これはもう、誰にも分からないでしょう。

→ イギリスがEUを離脱する場合の、中長期のポンド円の値動き予想
→ イギリス国民投票を狙った両建て戦略は、リスクが大きいと予想
→ イギリス国民投票とスイスショックの違いを確認しよう
→ イギリスがEUから離脱する場合のトレード構想
→ ゆったり為替にとって、今回の円高は不安度ゼロ。その理由は?
→ 記事カテゴリー「ポンド」に移動




-GBP(ポンド)

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2018 All Rights Reserved.