バイナリーオプション

バイナリーオプションで月曜日の窓埋めを狙う

週末のFX相場は、お休みです。翌週月曜日に再開です。

すると、1週間の終値と、翌週月曜の始値の間に差ができることがあります。これが、窓です。

今回は、バイナリーオプションで窓埋めを狙うトレードを考察します。

バイナリーオプションの前に、窓を確認

最初に、窓の性質を簡単に確認しましょう。

窓は埋まるという性質があります。すなわち、月曜日始値と先週終値に差があるとき、為替レートは先週終値に向けて進む傾向があります。

下は、米ドル円の1時間足チャートです(IG証券から引用)。矢印部分に、ぽっかりと空間があります。これが、窓です。

米ドル円のチャート

そして、為替レートは、週末終値に向かって進んでいきました。先週末の為替レートまで動いたら、「窓が埋まった(閉まった)」と言います。

詳細は、下のリンクでご確認ください。

月曜日の窓埋めの確率とトレード手法

ゆったり為替は、窓埋めをひたすら研究していた時期がありました。 そこで、窓とは何か、窓が埋まる確率はどれくらいか、そして、どのようなトレード手法があるか、などを確認しましょう。 もくじ: ・窓とは ・ ...

続きを見る

FXで窓埋めを狙う場合

この窓埋めを狙って、FXでトレードするとしましょう。色々な方法があるでしょうが、基本的な方法は、以下の通りです。

  • 窓埋めの方向にトレード
  • 窓が埋まったら、利食い
  • 利食いまでの距離と同じだけ反対方向に進んだら、損切り

これは、とても分かり易い方法です。例で考えましょう。

  • 先週終値:105.00円
  • 今週始値:104.50円

先週末に比べて、50銭の円高で始まりました。そこで、買います。105.00円になったら決済です(利幅50銭)。

損切り位置は、104.00円です。すなわち、損失幅は50銭です。

この手法の問題点

この手法は、分かり易いですし、一定の成果を見込めます。しかし、少々困る場面もあります。

下のチャートで確認しましょう。米ドル円の4時間足チャートです。

窓埋め

月曜日に、窓ができて円高で始まりました(矢印部分)。そこで、買います。

残念ながら、その後に円高となり、損切りしました。上のチャートで「損切り」と書いてある部分です。

ところが、そこから急反転して上昇しました。この例は、多くはありませんが、出現します。これに遭遇すると、残念といいますか腹が立つと言いますか…仕方ないです。

FXでの損切り注文は必須

上のパターンの損切りが嫌だと考える場合でも、損切り注文を出すのは必須です。

といいますのは、下の値動きのパターンがあるからです(1時間足)。

米ドル円のチャート

月曜日早朝、円高方向に窓ができました。その後、さらに円高になったのですが、損切りを我慢しました。

その結果、やや円安方向に進んできました。「成功か?」と思いきや、そこからダダダと円高になっている様子です。

このパターンになると、損失が大きくなってしまいます。

バイナリーオプションを使うと、この損失を回避できます。

バイナリーオプションでの手法

バイナリーオプションで取引する方法を、確認しましょう。

どのバイナリーオプションでも良い、というわけではありません。条件がありますので、先にそちらを見てみましょう。

必要な条件

必要な条件は、24時間近くの取引ができることです。

一般的なバイナリーオプションは、取引開始から終了までの時間が、最大で2時間程度です。しかし、窓のFXトレードは、一般的にデイトレードです。

すなわち、火曜日早朝までに利食いすればOKという考え方をします。

よって、バイナリーオプションで考える場合も、24時間近くの取引時間が欲しいです。

トレード手法

トレード手法は、簡単です。

  • 月曜日取引開始時に、窓が埋まる方向でバイナリーオプション実行
  • 後は、放置

放置できる理由ですが、取引終了時刻の為替レートを基準にして、自動で清算されるからです。

そして、清算時に目標値に到達していれば、ペイアウト(払戻金)をもらえます。到達していなければ、何ももらえません。

すなわち、「目標に1銭届かなかった場合も、100銭以上の大負けを喫した場合も、損失額は一定」です。

下の例1のような値動きになっても、巨大な損を心配する必要はありません。損失になる場合にいくらになるか、それは取引開始時に決めます。

例1

下の値動きをする場合、FXでは適切に損切りしないと、大変なことになります。

バイナリーオプションの場合は、放置でOKです(ギリギリ負けでも大負けでも、損失額は一定)。

米ドル円のチャート

例2

下のような、FXでは損切りになってしまう値動きでも、バイナリーオプションなら問題ありません。ペイアウト(払戻金)をもらえます。

損切りか、ペイアウトをもらえるかという差は、とても大きいです。

窓埋め

24時間近いバイナリーオプションができるFX口座

では、月曜日の朝から、ほぼ1日のバイナリ―オプションができるのはどこか?です。

IG証券で可能です。通貨ペアは、以下の5種類です。

  • 米ドル円
  • ポンド円
  • ユーロ円
  • ユーロ米ドル
  • 豪ドル円

そして、取引時間(月曜日)は、以下の通りです。

  • 取引開始:午前10時(英国夏時間のときは9時)
  • 取引終了:翌日午前9時(英国夏時間のときは8時)

午前7時から取引開始でなく、午前9時または10時からのスタートです。そして、終了は翌日8時または9時です。

数時間とはいえ、一般的な日足と比べてズレがあります。そこで、調整しましょう。

取引終了時刻の調整

まず、終了時刻について考えます。こちらの方が簡単です。対策は、2通りあります。

  • 放置
  • 窓が埋まったら、反対売買

バイナリーオプションは、決済について考えなくても大丈夫です。放置していれば、清算時刻で自動的に取引が終了します。

その一方で、「今は窓が埋まっているけれど、清算時刻(火曜日朝)はどうなっているか不安だな…」という場合は、反対売買して取引を終了させます。

バイナリーオプションは、途中で取引を終えることが可能です。

取引開始時刻の対策

取引終了時刻は、自分の都合で何とかなりました。しかし、開始時刻は動かせません。

バイナリーオプションの開始時刻は、午前9時または午前10時です。FXと比較して、2時間ズレています。

そこで、以下の考え方をします。

取引開始時刻までに…

  • 窓が埋まった場合:取引しない
  • 窓が埋まらない場合:取引する

そして、為替レートがどうなったらペイアウトをもらえるか?という条件も、工夫します。

  • 窓が大きい場合:窓が埋まらなくてもOKという条件で取引する
  • 窓が小さい場合:窓が埋まったらOKという条件で取引する

例えば、取引開始時に、窓の大きさが円高方向に50銭~100銭以上あったとしましょう。翌日までに、窓は埋まるでしょうか。

埋まることもありますが、難しいのでは?という場合が少なくなりでしょう。

この時には、「100銭上昇して窓が埋まったらOK」でなく、「20銭上昇すればOK」という感じのバイナリーオプションで取引します(20銭という数字は、例です)。

これなら、窓が埋まらなくても、為替レートが上昇すればペイアウトをもらえます。

キャッシュバックを使って、やってみる

「この記事の内容は分かった、しかし、実際にできるかどうか不明だ」という例は、少なくないでしょう。

その場合、チャートみて、過去10回分くらいを確認しても良いでしょう。あるいは、キャッシュバックキャンペーンを使う考え方もあります。

IG証券のキャンペーン

口座開設後に、50万円以上を入金します。そして、以下の通りキャッシュバックをもらえます。

  • 5,000円:口座申込後30日以内に、取引
  • 15,000円:さらに、累計50回以上の新規取引
  • 45,000円:累計100回以上
  • 10,000円:他社の取引報告書の提出

取引だけで5,000円もらえるのが、魅力的です(取引数量の条件なし)。

他社で取引した報告書を出すだけで、1万円もらえます。これも使いたいです。

キャッシュバックがあれば、取引で何回かうまくいかなくても、カバーできます。期待通りのトレードができる場合は、満足です。

関連記事

-バイナリーオプション,

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2020 All Rights Reserved.