バックテスト

ゆったり為替は、どれくらいバックテストをしたか

投稿日:

460270-1完全無料配布させてもらっていますエクセルですが、実際にゆったり為替がバックテストで使ってきたものです。

では、ゆったり為替は、このエクセルでどれくらいバックテストしたでしょうか。

ゆったり為替はエクセルだけでなく、MT4でもバックテストをしてきました。それぞれに得意分野があるので、使いやすい方を利用してきたということです。

エクセルに関していえば、1つのファイルの重さが数十メガになることが珍しくありませんでした。

今回配布されているエクセルの重さは、およそ3.5メガです。皆様が一つバックテストのパターンを増やしますと、データが増えますので少しファイル容量が大きくなります。しかし、少しでしょう。数十メガというのは、かなりの大きさです。

そのようなファイルが珍しくないという状態ですから、ゆったり為替が実行してきたバックテストのパターンは、極めて多いということになります。

「トレードに使えない」というデータでも、捨てない

というわけで、ゆったり為替は実戦で使えないパターンを山のように検証してきたことになります。何しろ、過去10年以上を振り返って有用と判定されなければ不採用なのですから、圧倒的多数のパターンは不採用にならざるを得ません。

1年~2年程度の「短期」で効果があってもダメなんです。

では、トレードで使えないという結果が出た場合、そのデータをどうしましょうか。答えとしては「捨てないで保存したほうが良い」でしょう。

理由1:同じパターンを繰り返しバックテストしないため

過去のバックテスト結果を全て記憶するのは無理があります。すると、記憶に頼っていると、同じようなバックテストを繰り返してしまうでしょう。そのようなロスを減らすために、過去のバックテスト結果を残した方がいいです。

理由2:インターネット上の噂の真偽を確かめるため

情報収集していると、とても有効そうな顔をしているトレードパターンや見通しなどに遭遇することがあります。果たして、それらは本当に有効でしょうか。それとも、ガセネタでしょうか。

インターネット上はガセネタだらけです。そこで、それらの情報は全て無視でOKと思います。しかし、そうは言っても、気になります。

そういう時、バックテスト結果を振り返ってみましょう。その内容ですでにバックテストしているかもしれません。

あるいは、まだバックテストしていなかったら、新規にバックテストしてみましょう。その情報の真偽を確認する手掛かりになるかもしれません。

→ あまりに太っ腹!エクセルを使ったバックテストツールを完全無料配布!
→ カテゴリ「バックテスト

-バックテスト

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.