仮想通貨

ゆったり為替の短期トレード手法公開

投稿日:

featured-imageゆったり為替のトレード手法を『FX攻略.com』で公開しましたが、もう一つ公開します。

少々大げさな表現をすると、あまりに勝率が高いので、やっていて飽きつつあったというものです。

トレード手法を公開する理由

最初に、トレード手法を公開する理由をお知らせする必要があるかもしれません。一言で書くならば、「短期トレードはもう引退気味だから」です。だったら、公開しても問題ありません。主力として使っていたら、公開しません。

ゆったり為替は、短期トレードを苦手とします。しかし、それはチャートを見て売買チャンスを瞬時に判断し、決済も同様に、チャートを見ながら瞬時に判断する場合です。

この種の短期トレードは苦手です。しかし、有効に機能してきた短期トレード手法も、いくつか持っています。

トレード手法概要

その手法ですが、「仮想通貨のやさしい始め方」で公開しています。仮想通貨取引所のスプレッドを利用して、取引します。スプレッドは、大きければ大きいほど良いです。

→ 取り扱い通貨ペアの大きなスプレッドが、トレードに最適な理由

一般的に、スプレッドは狭い方が良いとされます。それに疑問を持っている人は、ほとんどいないのでは?と予想します。

ゆったり為替は、そこに疑問を持ちました。「スプレッドは狭い方が良いというのは、本当は嘘で、スプレッドの広さを利用して稼いでいる人がいるのでは?」という、一種ひねくれた(?)思考を持って仮想通貨相場を調べ、その手法を作りました。

実は、もうどこかで公開されている方法かもしれません。

しかし、(時々ご案内していますが)ゆったり為替は、他人の相場情報を一切見ません。よって、だれがどんな手法を使っているか、という情報を知りません。

よって、気持ちとしては、自分で編み出したトレード手法です。

2017年から使い始め、今年に入ってからもしばらく採用していました。しかし、仮想通貨のトレードそのものから引退気味です。よって、今は使っていません(だから、公開できます)。

公開情報だけでは不十分

なお、ゆったり為替が公開した記事だけでは、情報が不十分だと思います。全部書けばよいのですが、文章が長くなりすぎます。

ある時にはこうして、別の時にはああして…と書き出すと、全体像が見づらくなります。よって、骨格部分を書いています。足りない分は、読者の皆様が考えて補完していただきたいと思います。

文章が足りないかもな…という内容は、例えばこんなところです。

・販売所でなく取引所が良い理由
・1回の発注数量をいくらにすべきか
・ボットにどのように対抗するか
・歩み値の使い方

株式相場でも使えるか

なお、ゆったり為替の手法を読んでいただくと、株式相場でも使えそうと感じるかもしれません。ゆったり為替は、株式相場で試したことはありません。

予想としては、株式相場でも通用する可能性はあると思います。しかし、仮想通貨の方が勝ちやすいのでは?と思います。

株式相場は…
・多数の相場のプロが、しのぎを削る世界
・銘柄選択が大変かもしれない
・売買手数料をどのように考えるか

仮想通貨相場は…
・プロは極めて少数と予想。ほとんどが素人
・銘柄は少数で、選ぶのに時間を取られない
・売買手数料無料で取引可能

銘柄選択が好きならば、株式相場でもできるかも、と思います。

誰にでも有効というわけではない

最後に、この手法は、誰にでも有効というわけではありません。ゆったり為替が、瞬時のチャート分析を要するタイプのデイトレードやスキャルピングをしても、おそらく負けます。

自分の性格に合わないからです。

よって、今回公開する方法も、全員に有効というわけではありません。しかし、全員に全く合わないダメ手法ということもないでしょう。

とりあえず(株式相場を含めて)検討してみて、採用するかどうか考えていただければいいかな、と思います。




-仮想通貨

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2018 All Rights Reserved.