セントラル短資FX

セントラル短資FXなら、スキャルピング可能!

投稿日:2018年7月23日 更新日:

FXのイメージといえば、スキャルピングではないでしょうか。短時間で売買するスキャルピングは、華があります。

しかし、人気の割に、正面からスキャルピングOKとしているFX業者はわずかです。

そんな中、セントラル短資FXはスキャルピングOKです。セントラル短資FX自身が「スキャルピングに最適!」と案内していますので、確実な情報です。

セントラル短資FXでスキャルピングできる

セントラル短資FXのウェブ取引画面にログインしたところ、下の画像が出てきました。何と言っても目立つのは、「スキャルピングに最適!」の文字です。

central-tanshi

正面からスキャルピングを認めて攻めていこう、という勢いを感じます。

今はもう終わってしまったセントラル短資FXのサービスに、「ウルトラFX」がありました。ウルトラFXもスキャルピングOKでしたが、インターバンク市場のレートをそのまま顧客に配信する形式でした。

このため、変動スプレッドでした。

変動スプレッド制は、透明性が高いと評価されます。しかし、分かりづらいというのも事実です。

セントラル短資FXのダイレクトプラス口座は、固定スプレッド制を採用しています。このため、分かりやすく、かつスキャルピングOKということになります。

固定スプレッド&スキャルピングOKのFX口座

ここで、「業界最狭水準の固定スプレッド」「スキャルピングOK」の2つを同時に実現している、主なFX口座を確認しましょう。

  • セントラル短資FX
  • JFX
  • ヒロセ通商
  • FXプライムbyGMO

「表立っては宣伝していないけれど、実はスキャルピングOKよ」というFX業者は、複数あるかもしれません。しかし、スキャルピングOK!と断定するFX業者は、なかなかありません。

スプレッドの狭さ

スキャルピングをするからには、狭いスプレッドが欲しいです。この点でも、セントラル短資FXは素晴らしい数字を提示しています(原則固定。例外あり)。

通貨ペアセントラル短資FXヒロセ通商JFXFXプライム
米ドル円0.3銭0.3銭0.3銭0.6銭
ユーロ円0.4銭0.5銭0.5銭0.9銭
ポンド円0.9銭1.0銭1.0銭1.8銭
豪ドル円0.5銭0.7銭0.7銭1.3銭
ユーロ米ドル0.3pips0.4pips0.4pips0.6pips

上は、スキャルピングOKのFX口座4社の比較です。セントラル短資FXが有利だと分かります。スキャルピングにおいて、0.1銭の差は無視できません。

スキャルピングNGのFX業者

ちなみに、スキャルピングOKと書いていないFX業者でスキャルピングをするのは、大きめのリスクを負うことになります。

具体的には、口座を凍結される可能性があります。

口座を凍結されると、もうそのFX口座で取引することはできません。FX業者の選択肢が1つ減ってしまうと、各種キャンペーンに参加できなかったり、そのFX業者の独自サービスを利用できなかったりします。

よって、スキャルピング可と明示しているFX業者で取引しましょう。

スキャルピングOKにしない理由

ゆったり為替は、スキャルピングを主戦場にしてきませんでした。このため、各FX業者訪問で意見交換させていただく際、スキャルピングNGな理由を聞いてきませんでした。失敗。

スキャルピングは、数銭~10銭程度の利食いを狙いに行きます。よって、1万通貨程度の取引数量では、大した利幅になりません。10万通貨程度以上で繰り返し売買する顧客が少なくないと思います。

売買が多いと、その分だけFX業者にとっては嬉しいはずですが…。

FX業者の利用規則を読む限りでは、スキャルピングは、FX業者のシステムに与える負担が過度に大きくなると予想できます。

セントラル短資FXは、スキャルピングOK!と正面から宣伝しても大丈夫な、強靭なシステムを持っていると言えます。

スキャルピング用の発注画面

下の画像は、セントラル短資FXのスキャルピング発注画面です。スキャルピング用ですので、1クリックで約定します。

また、誤発注しないよう、スッキリした画面が望ましいです。セントラル短資FXのスキャルピング発注画面は、すっきりしていて分かりやすいです。

centraltanshi

上の発注画面を見ますと、下の2つの機能が使えることが分かります。

  • 両建てOK
  • 成行プラス

成行プラスとは、新規注文が約定すると同時に、あらかじめ設定した利幅と損失幅で決済注文が発注される機能です。

スキャルピングは時間との勝負です。よって、新規発注で約定してから、次の決済注文まで時間の余裕がありません。

あらかじめ設定した利食い幅・損切り幅で、決済注文が自動で発注されるのは便利です。決済注文は自動で出されますが、もちろん、ポジションを持ってから修正することもできます。

企業としての体力

FX業者の企業体力を見る指標の一つに、自己資本規制比率があります。これは、リスクが顕在化してしまう場合に、どれくらいのダメージに耐えられるか?を数値化したものです。

数字が大きい方が良いです。

下の数字は、2019年6月30日時点のものです。セントラル短資FXは、とても良い数字を出していることが分かります。

FX業者名自己資本規制比率
YJFX!1,346.4%
セントラル短資FX872.5%
FXプライムbyGMO645.8%
ヒロセ通商560.3%
トレイダーズ証券367.6%
DMMFX339.7%
マネーパートナーズ331.9%
FXTF294.2%

セントラル短資FXは、安全度の高さで定評がありました。その評価は、自己資本規制比率にも表れています。

スプレッドが極めて狭いですし、セントラル短資FXはスキャルピングをするのに適したスペックです。

-セントラル短資FX

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.