セントラル短資FX

セントラル短資FXでも、スキャルピング可能になりました

投稿日:

234846-2ゆったり為替は、スキャルピングを全然やりません。しかし、一般的には人気があるので、情報はチェックしています。

そして、人気の割に、正面からスキャルピングOKとしているFX業者はわずかです。

そんな中、セントラル短資FX【ダイレクトプラス口座】がスキャルピングOKになりました。



セントラル短資FXのウェブ取引画面にログインしたところ、下の画像が出てきました。何と言っても目立つのは、「スキャルピングに最適!」の文字です。

central-tanshi

実は、以前からスキャルピングOKだったのかもしれません。しかし、セントラル短資FXのダイレクトプラス口座では、今まではスキャルピングOKと書いてこなかったと記憶しています。

今回、正面からスキャルピングを認めて攻めていこう、という勢いを感じます。

今はもう終わってしまったセントラル短資FXのサービスに、「ウルトラFX」がありました。ウルトラFXもスキャルピングOKでしたが、インターバンク市場のレートをそのまま顧客に配信する形式でした。このため、変動スプレッドでした。

変動スプレッド制は、透明性が高いと評価されます。しかし、分かりづらいというのも事実です。

ダイレクトプラス口座は、固定スプレッド制を採用しています。このため、分かりやすく、かつスキャルピングOKということになります。

固定スプレッド&スキャルピングOKのFX口座

ここで、「業界最狭水準の固定スプレッド」「スキャルピングOK」の2つを同時に実現している、主なFX口座を確認しましょう。

・JFX
・ヒロセ通商
・セントラル短資FX

もっとあるかもしれませんが、ゆったり為替が知る限りでは、上の3つだけです。「表立っては宣伝していないけれど、実はスキャルピングOKよ」というFX業者は、あるかもしれません。しかし、スキャルピングOK!と断定するFX業者はなかなかありません。

スキャルピングOK!と宣伝しない理由

ゆったり為替はスキャルピングをしません。このため、FX業者訪問で意見交換させていただく際、スキャルピングNGな理由を聞いてきませんでした。失敗。

次回、セントラル短資FXにお邪魔する機会がありましたら、ダイレクトプラス口座でスキャルピングOKにした経緯や、一般的にスキャルピングが歓迎されない理由などを聞いてきます。

スキャルピングは、数銭~10銭程度の利食いを狙いに行きます。よって、1万通貨程度の取引数量では、大した利益になりません。10万通貨程度以上で繰り返し売買する顧客が少なくないと思います。

売買が多いと、その分だけFX業者にとっては嬉しいはずですが…。

FX業者の利用規則を読む限りでは、スキャルピングはFX業者のシステムに与える負担が過度に大きくなると予想できます。

今回、セントラル短資FXは、スキャルピングOK!と正面から宣伝しても大丈夫な、強靭なシステムを構築したのかもしれません。あるいは、以前からOKだったけれども、正面から宣伝することにしたのかもしれません。

スキャルピング用の発注画面

下の画像は、セントラル短資FXのスキャルピング発注画面です。スキャルピング用ですので、1クリックで約定します。

また、誤発注しないよう、スッキリした画面が望ましいです。セントラル短資FXのスキャルピング発注画面は、すっきりしていて分かりやすいです。

centraltanshi

上の発注画面を見ますと、下の2つの機能が使えることが分かります。

・両建てOK
・成行プラス

成行プラスとは、新規注文が約定すると同時に、あらかじめ設定した利幅と損失幅で決済注文が発注される機能です。スキャルピングは時間との勝負です。よって、新規発注で約定してから、次の決済注文まで時間の余裕がありません。

あらかじめ設定した利食い幅・損切り幅で、決済注文が自動で発注されるのは便利です(ヒロセ通商やJFXでも、同様の機能があります)。

セントラル短資FXの口座開設はこちらから




-セントラル短資FX

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2018 All Rights Reserved.