TRY(トルコリラ)

トルコリラ円を買って、長期保有している場合の対処法

投稿日:

118656トルコリラ円が、円高に突き進んでいます。

買って長期で保有している場合は面白くない展開ですが、さて、どうしましょう?ゆったり為替の場合をご案内します。

トルコリラ円の現状

先に、トルコリラ円の現状をざっくりと確認しましょう。下の月足チャートは、セントラル短資FXからの引用です。ここ数年、月足で一直線かと思えるような円高になっています。売りで勝負していたら、気持ち良いでしょう。

tryjpy-1

では、どこまで円高になりうるか?ですが、ゆったり為替お得意の方法を使うと、下の通りです(ポイント・アンド・フィギュアの垂直分析のイメージです)。

計算しますと、8円台になります。現在の南アランド/円のような水準になりうるという状態です。

tryjpy-2

いきなり8円になるわけではありません。また、この分析手法の的中率は100%ではありません。よって、外れる可能性もあります。

しかし、トルコの内政・外政・国際情勢を見ますと、円安トレンドに反転するようには見えません。中東情勢がいきなり歴史的大転換で和平達成、というのは期待できそうもありません。小康状態になるのを待つほかなさそうです。

ゆったり為替の公開トレード

さて、トルコリラ円関連の、ゆったり為替の公開トレードは、以下の通りです。

・スワップポイント狙い:
ヒロセ通商(LION FX)で1万通貨買い。39円で買ったので、15円弱の含み損。

・トラリピ:
M2Jでトラリピ。最も円安のポジションは34円台。よって、最大で10円弱の含み損。

こうしてみると、悲惨な成績に見えます。しかし、スワップポイントと利食いで証拠金が増えているので、実質的な損失は意外に少なく済んでいます。ただし、近いうちにトルコリラ円=8円が実現すると、強制ロスカット確実です。

トラリピの場合、20円を割るとかなり厳しくなってきます。強制ロスカット水準を詳細に計算したわけではないですが、トルコリラ円が15円近くになったら強制ロスカットかなあ?という状態です。

ゆったり為替の今後の方針は?

では、どうする?ですが、新しいことは何もしません。この状況は、想定の範囲内です。強制ロスカットになっても、想定の範囲内です。

プロは、トルコリラ円を取引しません。プロでも取引しないような危険な通貨ペアです。そのような通貨ぺアを書いていることに対して、ゆったり為替は、プロから批判をもらってしまうほどです。

しかし、個人ならばトルコリラ円を取引してもOKという姿勢で、書いています(別記事「トルコリラ円や南アランド円の長期保有はアリか」参照)。

ただし、個人だろうがプロだろうが、トルコリラ円という対象は同じです。個人とプロで、リスクの大きさが変わるわけではありません。

そこで、新興国通貨ペアに配分できる証拠金は、全体からみて1桁%だろう、という姿勢が必要と思います。FXに投入している資金は、自己資産全体から見れば一部でしょう。その一部の1桁%ですので、仮に強制ロスカットになっても痛くない、という計算になります。

・資金管理はバッチリ
・強制ロスカットになっても、想定の範囲内

というわけで、何もしないという選択肢になります。ただし、本当に強制ロスカットにすると、公開トレードが終わってしまいます。

終わっても良いのですが、面白くありません。そこで、10万円くらい追加投入して、強制ロスカットを回避する可能性があります。ヒロセ通商(LION FX)の公開トレードの場合、10万円追加投入すると、ほぼ強制ロスカットがあり得ない状態になります。

そうなれば、あとはスワップポイントを毎日もらって復活を待つだけです。そちらの方が現実的かな、とも思います。

→ スワップ派の公開トレード報告
→ トラリピの公開トレード報告

-TRY(トルコリラ)

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2018 All Rights Reserved.