AUD(豪ドル)

豪ドル円の値動き:支持線と抵抗線の位置で反発

投稿日:

featured-imageゆったり為替は、豪ドル/円(AUD/JPY)が81円をしっかりと下抜けるかどうか、注目していました。

希望は70円台突入でしたが、どうやら80円台で推移しそうです。そこで、81円台に注目していた理由をご案内します。


豪ドル/円(AUD/JPY)の週足チャート

下のチャートは、トライオートFXからの引用です。チャートの右端を見ますと、勢いよく円高に向けて動いていたのに、81円あたりで急反発していることが分かります。

audjpy-1

トライオートFXで長期のリピート系注文を実行している身としては、80円台よりも70円台の方が都合が良いです。しかし、相場は個人的な都合を考慮してくれません。84円弱まで反発しています。

では、なぜ81円台という数字に注目していたのでしょうか。下のチャートをご覧ください。上のチャートに補助線を追加したものです。

audjpy-2

Aの部分は、上値抵抗線になっています。2016年に何度かこのラインを越えて円安方向に行くか?という動きがありましたが、見事に跳ね返されています。

上値抵抗線として機能したのは2016年11月くらいまでです。その後は、円安方向に抜けることに成功しました。すると、今度はこの上値抵抗線は下値支持線として機能しました(矢印Bの部分)。

この下値支持線が機能していると予想できたため、81円台を超えて円高になるか?に注目したというわけです。

現状では、この下値支持線で見事に跳ね返されています。円高トライと、跳ね返されて円安に戻るという往復を続けてくれれば、トライオートFXの自動売買で新規約定と利食いを繰り返せるのでいい感じです。

現在は1,000通貨で取引していますが、本当はもっと大きな数字で取引したいです。

しかし、既に始めた取引です。利食いで証拠金が大きく増えた後、2,000通貨、3,000通貨と徐々に増やしていく予定です。

日足で判断するのは難しい

なお、この下値支持線ですが、日足チャートで把握するのはとても難しいです。下に日足チャートを添付します。なぜ81円台で反発したのか、全然分からないのでは?と思います。

audjpy-3

また、上のチャートには赤の三角形がいくつもあります。これは、「ここで新規約定しましたよ」というサインです。実際には、20銭ごとに買い注文を出しています。よって、もっと三角形の数が多いはずですが、全部表示すると赤で塗りつぶしたように見えるはずです。

それを回避するために、敢えて非表示にしている部分があるのだろうと思います。

ゆったり為替が実行している公開トレードの成績につきましては、姉妹ブログ「FXリアルトレード道場」の記事「月別成績詳細」で公開しています。

円安基調なので、資産増加スピードはゆっくりです。どこかで円高が実現したり、突発的なイベントがあれば、乱高下して資産が急速に増加すると見込んでいます。




-AUD(豪ドル)

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2018 All Rights Reserved.