トラリピ実践記録

トラリピ公開トレードの途中経過【2018年1月末まで】

投稿日:

featured-image完全放置で、トレードしていることさえ忘れている公開トラリピです。確定申告のために損益データを取得しましたので、現在の様子を確認しましょう。


トラリピのトレード成績

トルコリラ/円(TRY/JPY)を、40銭ごとに1,000通貨買っているトラリピです。2016年8月に開始しました。最も円安の買いポジションは34.60円です。

2018年1月末までの損益の様子は、下のグラフの通りです。

toraripi-201802

トレード成績の評価

上のグラフを評価してみましょう。青線が右肩上がりになっています。これは、スワップポイント益と利食いで得た資金が積みあがっているためです。

・スワップポイント:毎日プラス
・利食い:1回の利食いで400円プラス

というわけで、毎日数字が積み重なっていきます。トラリピですから、少し円高になったら少し買い、少し含み益が出たら利食いするという方法です。

このため、日々のスワップポイントは小さくならざるを得ません。しかし、1回の利食いで得られる金額が、スワップポイントの少なさを補ってくれます。相場が荒れて上下動が大きくなると、スワップポイントよりもずっと大きな利食いを期待できます。

利食いの幅

なお、利食いの幅ですが、当ブログでは40銭にしています。「40銭ごとに買って、40銭ごとに売る」というパターンです。この設定は、少々ミスったなと思います。

というのは、約定記録を振り返ると、1か月に1回~2回くらいしか利食いしていないからです。値動きが大きいトルコリラ/円(TRY/JPY)とはいえ、40銭という幅は少々大きすぎたようです。

利食いを楽しみたい場合は、これよりも小さい数字にすると良いだろうと思います。

ゆったり為替のように、トレードしていることを忘れてしまう感じでOKならば、40銭でも構わないかもしれません。

真の損益

スワップポイントと利食いの額に、含み損益を加えたものが、真の損益となります。上のグラフではオレンジ線です。青線は右肩上がりですが、オレンジ線は行ったり来たりしていることが分かります。そして、青線よりも下で推移しています。

これは、トレードを開始してから円高で推移しているためです。

下の週足チャートは、M2Jからの引用です。トレード期間全体を表示しています。上下動を繰り返しながらも、全体として円高で推移していることが分かります。

tryjpy-chart

最も円安だったのは35円くらいです。そして、右端では30円を割り込んでいます。しかし、2018年1月末時点で、真の損益はプラスを維持しています。

為替レート水準が30円の場合、5円以上の円高はかなり痛いはずです。しかし、スワップポイントとリピート(利食い)が貢献しています。これがトラリピの魅力です。

忘れても問題ないくらいの資金管理をしたい

なお、ゆったり為替がトレードしていることを忘れてしまう理由ですが、大幅円高になっても強制ロスカットにならない取引設定を採用しているからです。

5円~10円の円高で強制ロスカットになるような設定だと、安心できません。すなわち、忘れるというのは無理です。いつもドキドキしながら過ごすことになるでしょう。それは健康に悪そうです。

長期トレードは、とにかく安全第一です。取引を長期間継続すると、大波乱に遭遇することがあるでしょう。その時にも生き延びる必要があります。そのためには、安全重視の取引設定です。ハラハラドキドキしたい場合は、短期トレードで楽しみます。

このような区別が必要だろうと思います。




-トラリピ実践記録

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2018 All Rights Reserved.