仮想通貨

仮想通貨の暴落で、ゆったり為替のトレードはどうなった?

投稿日:

featured-image仮想通貨ユーザーの間では、おそらく暴落の話題で持ちきりでしょう(ゆったり為替は他のブログ等を読みませんので、実際のところは不明ですが)。

さて、今回の暴落を受けて、ゆったり為替のトレードがどうなっているか確認しましょう。



その1:「仮想通貨のやさしい始め方」の公開トレード

ゆったり為替の仮想通貨サイト「仮想通貨のやさしい始め方」で実行している公開トレードは、ダメージなしと言って良いでしょう。

と言いますのは、この公開トレードは、延々と継続する予定だからです。長期間トレードすれば、今回のような暴落に遭遇することは一度や二度ではないでしょう。そこで、この程度の暴落ならば悪影響が出ないようにしています。

ただし、長期保有しているビットコインキャッシュ(BCH)は、評価額が下落しています。価格が下落したのですから仕方ありません。

しかし、保有数量自体に変化はありません。今後、いつかまた高値を目指すこともあるでしょう。それまで待ちます。

トレードで得たBCHは、価格が40万円台のときに全て売却しました。この記事を書いている時点で20万円を割っていますので、買い戻すという選択肢を採用しても良いかもしれません。

なお、今さらな話ですが、公開トレードで初期投入額を20万円にしたのですが、額が小さすぎました。トレードしづらい…。

その2:ゆったり為替が個人的にやっているトレード

こちらも、悪影響はほぼありません。というのは、仮想通貨価格がいきなりゼロ円になっても損しない状態でトレードしているからです。ビットコイン価格は、高値240万円くらいから半減しましたが、半減程度ならば問題ありません。

個人的に取引している仮想通貨は、BCHが中心です。BCHの価格も大きく下落しましたが、特に問題ありません。

ただ、あまりに下落しすぎて価格水準が小さくなりすぎると、かえってトレードしづらいというデメリットが出てきます。10万円を割り込まない程度で勘弁してほしいなと思います。

「億り人」を目指すべきか、ゆったり為替のトレードか

仮想通貨で一気に資産評価額を増加させ、億の単位まで行った人々を「億り人(おくりびと)」と呼ぶようです。1年くらいで一気に億の単位まで資産を増やすのは、ワクワクします。興奮さえ覚えるかもしれません。

一方、ゆったり為替の方法は、正直言って眠たいかもしれません(個人トレードの手法は非公開)。しかし、相場動向にあまり左右されません。上がろうが下がろうが、どちらでもOKです。

どちらを狙うのが良いか?というのは、正解はないでしょう。取引する人が好きだと思う方法、それが正解です。

億り人になれるくらいでありながら、相場が暴落してもOKという「いいとこ取り」は、なかなか実現できないのでは?と思います。これができたら最高なのですが。

気になるのは、暴落が起きたのが1月だということです。せっかく億り人になっても、利益確定とその後のトレード状況によっては、税負担に耐え切れず破産してしまうかもしれません。税金は厄介です。知識がないと、税務署と長いお付き合いになるかもしれません。

億り人になって利益を確定すると、税金だけで半分くらい持っていかれます。FXだったら20%なのに。

仮想通貨トレードに適した取引所

では、トレードに適した取引所はどこだろう?という話ですが、ゆったり為替にとっては、ビットバンク(bitbank.cc)が最も使いやすいです。詳細は、別記事「ストレスなくトレード可能な取引所」でご確認ください。

ただ、残念ながらといいますか、bitbank.ccは公開トレードで使っています。1円単位で管理していますので、個人トレードが混じってしまうと、仮想通貨サイト「仮想通貨のやさしい始め方」に掲載する数字を間違えてしまうかもしれません。

そこで、個人トレードは、別の取引所で耐えながら取引しています。FXのトレードに慣れているという場合は、bitbank.ccを検討できると思います。

ビットバンクの口座開設はこちらから




-仮想通貨

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2018 All Rights Reserved.