仮想通貨

FXと仮想通貨、どちらがリスクが小さい?

投稿日:

featured-image最近、仮想通貨の短期トレードでPCに張り付いた状態が続いています。トレーダーの一般的なイメージに近い状態です。

そこで、トレードという面で見て、FXと仮想通貨でどちらがリスクが小さいかを考えてみます。



例えば、利食いで1,000円を獲得したいとします。どれくらいのリスクを背負う必要があるでしょうか。

仮想通貨の場合

仮想通貨の場合、価格変動率がとても高いです。「とても高い」という表現は適切でないかもしれません。1日で数十%の値動きがあることが珍しくありません。この場合、5,000円~10,000円使って仮想通貨を現物で買えば、1,000円の利益を見込むことが可能です。

では、買った後に数十%下落したらどうする?ですが、元々の投入額は5,000円~10,000円です。トレードという観点から見ると、とても小さい額だといえます。

数十%下落したら、再び同額以上の値上がりを待てば良いということになります。その間、別の資金を投入してトレードします。全然上昇しなくてダメな状態になっても、1万円以内なら損失は限定的でしょう。

ただし、スワップポイント益を見込めませんので、塩漬けにしている間は何も得られないということになります(損切りしない場合)。

なお、今は価格が上昇トレンドにあります。「価格は下がっても、結局は上がるんでしょ?」という、根拠の乏しい考え方でも利食いできてしまうのが、大きなリスクです。

FXの場合

FXの場合、1,000円稼ぐとすると、以下の計算が成り立ちます。

100銭の利幅で1,000円稼ぐ: 1,000通貨のトレード
10銭の利幅で1,000円稼ぐ: 1万通貨のトレード

FXの場合、仮想通貨に比べて価格変動率が極めて小さいです。その割に、時折ドカンと大きく動きます。

このため、大きな含み損になる場合、そこから復活するのに時間がかなりかかりそうです。スワップポイントがプラスになる側でトレードしている場合は、スワップポイントも同時に得て頑張ることになります(損切りしない場合)。

また、1,000円得るのに必要な金額が比較的大きくなります。上の試算では、1,000通貨~1万通貨です。米ドル/円(USD/JPY)でいえば、11万円~110万円くらいです。レバレッジを使えるとはいえ、仮想通貨の場合と比べて必要な資金が大きくなります。

FXと仮想通貨、トレードの面で見てどちらが良い?

では、トータルで見て仮想通貨の方が稼ぎやすいか?と言えば、そうでもないと思います。最近数か月を見れば、確かに仮想通貨の方が稼ぎやすかったです。なんだかんだ言って、結局は価格が上昇してきたからです。

チャート分析不要、資金管理もあまり重要でない、とにかく買って持てば良い…これで成績が大幅プラスになってしまうのですから、仮想通貨の方が稼ぎやすいと錯覚してしまいます。

しかし、多くの人が夢から覚めるときにどうなるか、です。

仮想通貨価格がいきなり10分の1になっても、依然として今と同じように稼げるか?が問題です。ゆったり為替は、そうなっても稼ぎ続けられるよう、資金管理をガッチリ固めています。

仮想通貨は、流動性が乏しいのが痛いです。ユーザーが一気に相場から逃げるとき、果たして売り抜けられるか?が大きな問題です。ゆったり為替は、売り抜けできないという前提でデイトレードをしています。

リスク管理をする場合は、常に最悪と思われる状況を想定して資金管理します。

この点でいえば、ゆったり為替のリスク管理はもっと厳しいです。「自分が取引している仮想通貨について、全ての取引所が上場廃止して事実上取引不可能になる場合」も想定します。

仮想通貨はただのデータです。通貨のような背景がありません。これが悪い方向に一気に出る場合とはすなわち、その仮想通貨の消滅です(正確には消滅しませんが、取引する人がいなくなれば消滅したも同然です)。その場合も想定しています。

という訳で、FXが良いか仮想通貨が良いかという話はあまり意味を持たず、相場状況に応じてやりやすい方で取り組むという姿勢で良いと思います。




-仮想通貨

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2018 All Rights Reserved.