USD(米ドル)

米国が政策金利を引き上げ。過去の値動きと同じになった?

投稿日:

118653-2大方の予想通り、本日のFOMCで政策金利が引き上げられました。0.25%~0.50%です。

では、政策金利引き上げ~本日午前6時30分あたりでの、米ドル/円(USD/JPY)の値動きを確認しましょう。 



前回の米国の政策金利引き上げトレンド開始時の様子については、過去記事「2004年の米国政策金利引き上げ時、米ドル/円(USD/JPY)は円安になった?」で紹介しました通りです。

これによると、政策金利引き上げ日の値動きは「最初は円安だけれど途中で円高方向になり、結局上方向に長いヒゲができる」でした。

実際の値動きはどうだったでしょうか。トライオートの5分足チャートをご覧ください(午前6時20分くらいまでのチャート)。

20151217usdjpy-5min

政策金利引き上げ発表直後に円安になっています。しかし、その幅は50銭程度であり、大きな円安とはなっていません。その後、円安になり続けることなく円高に反転しています。これは2004年のときの値動きと同様でした。

しかし、そこから再び円安方向に反転しています。これが異なる部分です。

では、この値動きを受けて、ゆったり為替はデイトレードをしたでしょうか。・・・していません。トライオートの取引画面を立ち上げて、FOMCの発表文書を読みながらチャートを見ていました。しかし、ゆったり為替にはトレードできませんでした。

無理にトレードする必要もないので、トレードできなくても構わないと思います。

今回の値動きですと、午前4時30分あたり以降の値動きでデイトレードを狙えたか?とも思います。ただ、ゆったり為替はデイトレ能力が不十分です。上手に値動きの波でサーフィンして利食いできた方がいらっしゃるだろうと思います。

→ 2004年の米国政策金利引き上げ時、米ドル/円(USD/JPY)は円安になった?
→ ゆったり為替のFOMC政策金利発表時のトレード戦略はこうです!

-USD(米ドル)

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.