ループイフダン実践記録

ループイフダン実践記録2:システム稼働を停止し全決済しました

投稿日:2015年11月20日 更新日:

今月(2015年11月)初日から、ループイフダンで実弾トレードしています。

順調に利食いを繰り返していましたが、豪ドル/円(AUD/JPY)=89円に近づいたため、本日早朝に稼働をいったん停止しました。

今までの様子を確認しましょう。

ゆったり為替の損益状況

2015年11月初日~2015年11月20日早朝までの損益状況は、以下の通りです。

  • 利食い額:5,234円
  • 評価損益:0円

取引を開始して、あとは放っておくだけ。それだけでこの数字ならば、まあ悪くないでしょう。

しかし、豪ドル/円(AUD/JPY)の為替変動幅が平均よりも小さめで推移したため、ゆったり為替の期待よりは小さい額となりました。

利食い額の大小については、相場次第になります。

ループイフダンを停止して全決済した理由

今回のループイフダン実践記録でトレードする範囲は、以下のチャートで示した範囲です。

ループイフダン:audjpy

上限は豪ドル/円(AUD/JPY)=89円くらいとしています。これは、長期チャートで確認した場合に、豪ドル/円(AUD/JPY)=89円あたりが重要な水準だと考えられるからです。

1997年~1998年、2005年、2010年~2012年の期間にわたり、89円が壁として作用していることが分かります。

今回どうなるかわかりませが、この超長期チャートの壁が機能する場合、ここから大きく円安になる可能性よりも、円高に戻る可能性のほうが高いのではなかろうか?という考えです。

実際には、1996年、2007年、2013年に89円を超える円安を記録し、一気に上昇しています。

今回、これに類似した円安局面になる可能性もゼロではありません。しかし、それよりも円高になる可能性のほうが高いと考えます。

というのは、1996年、2007年、2013年のいずれも、円高から円安に進む長期トレンドの中で豪ドル/円(AUD/JPY)=89円を抜けて円安になりました。

しかし、今回は円安局面から円高になって89円を割り込んでいる状態です。

ここから反発して89円を超えるか?という状態ですので、過去の3回とは状況が異なります。

ループイフダンをいつ再稼働するか?

では、ループイフダンをいつ再稼働するか?ですが、2つの場合を想定しています。

想定1:87円程度まで円高に戻してくる場合
想定2:スイングトレードやポジショントレードで円高目途が分かる場合、為替レートがそのレート付近に到達してから

このような想定をする理由は一つです。「大きく円高になる場合に含み損が大きくなるのを避けるため」です。

実際には、豪ドル/円(AUD/JPY)=54円になっても耐える証拠金をすでに入金しています。このため、少々円高になっても問題ありません。

しかし、含み損は損ですので、少ないほうが良いです。

また、豪ドル/円(AUD/JPY)=54円をさらに超えて円高になる可能性はゼロではないので、高値でのループイフダンを回避します。

(豪ドル/円(AUD/JPY)=89円で高値といえるかどうかは分かりませんが)。

→ ループイフダン実践記録1:実弾トレードで有効性を検証!
→ リピート系FXならループイフダン!という4つの理由

ゆったり為替のループイフダン設定:

1 通貨ペア: 豪ドル/円(AUD/JPY)
2 取引1回あたりの取引数量: 1,000通貨
3 売買の方向: 買い
4 値幅: 40銭
5 最大ポジション数: 87
6 ロスカット想定値: AUD/JPY=54.00円(実際にロスカットするか不明)
7 トレード開始日: 2015年11月2日(月)
8 円安許容値: AUD/JPY=89.00円
(89.00円を超えたらトレードを休止。ある程度円高に復帰したら、トレード再開)

-ループイフダン実践記録

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.