トライオートFX

トライオートでリピート系(トラップ系)の取引をするメリット

投稿日:2015年11月17日 更新日:

トライオートFXグランプリにおいて、ゆったり為替はリピート系(トラップ系)のトレードを多用しています。

為替レートの読み方がマズくて損切りになることもありますが、トラリピやループイフダンと同様のトレードができます。

では、トライオートでリピート系(トラップ系)の取引をするメリットはどこにあるのでしょうか。これを確認しましょう。

敢えてトライオートでリピート系のトレードをするメリットは?

トライオートでリピート系(トラップ系)のトレードをするには、AP注文を繰り返し設定するという方法を使います。

ループイフダンはわずか数回のクリックでトレード可能です。しかもスプレッドと取引手数料を勘案したコストはとても安いです。そして、M2Jのトラリピは、トライオートに比べてコストが概ね高いものの、トラリピを設定するために必要な便利機能が充実しています。

一方、トライオートはリピート系(トラップ系)専用のシステムではありません。・・・では、なぜトライオートを使うのでしょうか?

それは、「特定の狭い範囲でリピート系(トラップ系)のトレードをする場合」にトライオートは威力を発揮するからです。狭い範囲のリピート系(トラップ系)トレードをする場合、トライオートはループイフダンやトラリピと比較して以下の利点があります。

1 「特定の範囲だけでトレード」という設定ができる

この機能は、トラリピでも設定可能です。しかし、特定の狭い範囲でトレードする場合、近い将来に為替レートがその範囲を超えて動くことが想定されます。

よって、より多くのトレード回数をこなす必要があります。

この点、トラリピはコストに少々難があるため、トライオートのほうがより多くのトレード回数をこなせる可能性があります。

2 取引コストが小さい

取引コストでいえば、ループイフダンのほうが有利です。しかし、ループイフダンは特定の範囲だけでトレードするという設定ができません。自分が想定している範囲を超えて為替レートが動いたら、手動で取引を終了します。

しかし、波乱の相場となる場合、気づいた時には為替レートが想定範囲を大きく超えて動いている可能性があります。有利な方向に為替レートが動くならば良いのですが、逆の場合は損失が大きくなってしまいます。

よって、取引コストを抑えながら特定の範囲に限定してリピート系(トラップ系)の取引をするならば、トライオートが有利だと思います。

手動でリピート系(トラップ系)の取引をすれば良いのでは?

そこで、手動でのリピート系のトレードを考えたこともありましたが、断念しました。理由は、トレード範囲を限定したトレードだからです。

トレード範囲がある程度の狭さ(数円~5円程度)の場合、注文と注文の幅は狭くなります。すると、ちょっと外出したり、あるいは夜に寝ていたりする間に為替レートが動いてしまい、トレードチャンスを逃してしまうことがあるのです。

トライオートの取引コストが嫌だといって手動でトレードした結果、より大きな利食いチャンスを逃してしまう・・・これは本末転倒です。

結論として、「ある程度狭い範囲でリピート系(トラップ系)のトレードをするには、トライオートが最も有利だろう」ということになります。

-トライオートFX

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.