TRY(トルコリラ)

トルコリラ円(TRYJPY)でデイトレードは現実的か

トルコリラ円(TRY/JPY)は、価格変動率が高いことで知られています。そこで、デイトレードで勝負できるかも知れません。

その一方で、スプレッドの大きさが気になるかもしれません。そこで、米ドル円と比較しながら考察します。

デイトレード:トルコリラ円と米ドル円を比較

値動きで利食いを狙う場合、価格変動の大きさが重要です。

1日で大きく動けば動くほど、デイトレードでの取引機会が多くなります。逆に値動きが乏しい通貨ペアは、デイトレードが難しくなります。

そこで、下の表をご覧ください。トルコリラ円(TRY/JPY)と米ドル円(USD/JPY)の比較表です。

2019年1月から7月までの7か月間について、1日の高値と安値の平均値を調べました(データはくりっく365を使用)。

通貨ペアトルコリラ円米ドル円
1日の値動き34.91銭57.46銭
7月終値比1.79%0.53%

1日の値動きの大きさ(銭)

1日の値動きの大きさ(高値と安値の差)を比較しますと、米ドル円の方が大きいです。これは当然と言えるでしょう。

と言いますのは、米ドル円は100円台で推移してきました。一方、トルコリラ円は、20円前後です。価格水準が5倍も違うのですから、値動きの大きさが5倍あってもおかしくありません。

この視点で改めて見ますと、トルコリラ円の値動きは、米ドル円の半分よりも大きいです。

すなわち、価格水準に比べて値動きがとても大きいことが分かります。

値動きの大きさ(率)

では、トルコリラ円の値動きは、どれくらい大きいのでしょうか。これを数字で表したのが、表の「7月終値比」の部分です。

2019年7月の終値と比較して、1日の値動きの大きさは何%あるか?という数字です。

米ドル円は0.53%なのに対して、トルコリラ円は1.79%もあります。すなわち、トルコリラ円は米ドル円に比べて3倍以上の値動きがあるという意味になります。

デイトレードと言えば、米ドル円やユーロ円などのメジャー通貨ペアが主流になるでしょう。しかし、トルコリラ円も、選択肢になると分かります。

スプレッドの大きさ

トルコリラ円の値動きは、大きいことが分かりました。次に、各FX業者のスプレッドを確認しましょう。

と言いますのは、値動きが大きくても、各FX業者のスプレッドが広すぎるならば、デイトレードは難しくなるからです。

スプレッドの大きさは、以下の通りです(各社とも、原則固定で例外ありです)。

FX業者スプレッド(銭)
LIGHT FX1.6
ヒロセ通商1.6
マネパ(PFX)1.9
FXプライムbyGMO4.8
トライオートFX5.5
FXTF15.0
調査日:2020/03/23

スプレッドが狭い順に並べました。下位のFX業者の場合、スイングトレードでも厳しいかもしれません。スワップポイント狙いになるでしょうか。

スプレッドが狭い上位を見ますと、各社が競っていることが分かります。

米ドル円のスプレッドと比べると見劣りしますが、その他の通貨ペアと比較しますと、とんでもなく悪い数字だというわけでもありません。

トルコリラ円が各社で取引できるようになったころ、最も狭いスプレッドは5銭くらいでした。「5銭?狭いね!」という感じでした。

ところが、現在はこの数字です。FX業者間の競争が激しいことが分かります。

チャートを見ながら検討

実際のデイトレードでは、「日足安値で買って日足高値で売る」というトレードを続けるのは、不可能でしょう。

大きな値動きの中で、少しの利食いを狙います。

そこで、トルコリラ円のデイトレードの成功確率はどれくらいか、日足チャートを見ながら考えましょう。下は、LIGHT FXからの引用です。

トルコリラ円のチャート

陽線にしても陰線にしても、実態部分が長い場合が多いと分かります。また、実態が小さい場合でも、ヒゲがとても長いと分かります。

すなわち、値動きが大きいことが分かります。この波に乗れれば、デイトレードで利食いを狙えます。

買いか売りか

では、実際には、買いと売りのどちらを中心にすべきでしょうか。これを検討するために、月足チャートを見ましょう。

トルコリラ円のチャート

「一方的に」という表現は行き過ぎな感がありますが、それに近いくらいの円高です。

すなわち、スワップポイント狙いで買って保有を続けると、含み損で苦しくなる可能性があります。

スワップポイント狙いをする場合は、為替レートの下落から反発(あるいは横ばい)になる部分を狙うのが中心になるでしょう。

一方、デイトレードで考える場合、スワップポイントを考慮する必要がありません。これはメリットです。

トルコリラ円のスワップポイントは大きいので、売りで保有するとスワップポイント損が痛いです。しかし、デイトレードなので、お構いなしです。

上の月足チャートを見れば、売りを中心にすればいいんだな、と分かります。

どのFX口座で取引するか

最後に、どのFX口座で取引すべきか、考察しましょう。

自分のお気に入りの口座を使えばOKという話なのですが、スプレッドが狭い方がいいです。デイトレードですから、重要な点です。

スプレッド表を、もう一度確認しましょう。

FX業者スプレッド(銭)
LIGHT FX1.6
ヒロセ通商1.6
マネパ(PFX)1.9
FXプライムbyGMO4.8
トライオートFX5.5
FXTF15.0
調査日:2020/03/23

候補となるのは、LIGHT FXとヒロセ通商です。差がありません。では、どこが良いのか?です。

各社のキャンペーンを基準にすることもできるでしょう。しかし、キャンペーンには期限があります。一方、トレードは継続するものです。

こう考えると、重要なのは「デザイン」です。

自分に合うデザイン・合わないデザイン

ゆったり為替の場合、チャートが見やすい・見づらいというのは、トレード成績に直接的に反映されます。もちろん、見やすいチャートの方が、成績が良いです。

「このチャートは見づらいな…」と思いながら分析するよりも、そんなことを気にしないで相場に集中できる方が有利です。

チャートに限らず、取引画面のデザイン全体もそうです。

このあたりは、個人の好みになります。すなわち、自分で使ってみないとわかりません。

ゆったり為替は、全部で20以上のFX口座を持っています。

どれが自分に合っているのかを調べるためです。すると、「これはダメだ…!」というのもありますし、「これはいいね」というのもあります。

よって、トルコリラ円でデイトレードをしたい場合は、スプレッド競争で先頭を走っているFX口座すべてを保有するという勢いが必要と思います。

関連記事

-TRY(トルコリラ)

© 2020 FXゆったりトレード派