ポンド/豪ドル(GBP/AUD)はボックス相場後に上昇か?

087816-2マイナー通貨ペアの見通しばかり書いています。

米ドル/円(USD/JPY)などについては、ゆったり為替が寄稿しているFXサイト「Trader’s Spot」でご覧いただくとして・・・

今回はポンド/豪ドル(GBP/AUD)です。この通貨ペアもまた、特徴的な動きをしています。ポジショントレードで攻めたいところですが、スワップポイントのマイナスが気になります。


日足で分析してみる

最初に、日足の様子を確認しましょう。下のチャートは、楽天証券(旧FXCMジャパン証券)から引用しました。

20150924gbpaud日足1

上昇トレンドが継続していることが分かります。そんな中、最近はボックス相場を形成していることが分かります。補助線を引いて確認しましょう。

20150924gbpaud日足2

下側の補助線は7月末から機能しています。比較的強力な相場の壁だと予想できます。上側の補助線は8月下旬からです。この2本の補助線の間を為替レートが動いています。典型的なボックス相場のように見えます。

この見通しが正しければ、現在はボックス相場内を上昇中で、GBP/AUD=2.2くらいまで行きそうだということになります。さて、その後ボックス相場を抜けて上に行くか?それとも再び下落するか?が問題になります。

どうなるか分かりませんが、相場の動きに従ってトレードすることになります。

とはいえ、それでは面白くありませんから、上下どちらの可能性が高いのかを考えてみましょう。

月足で為替レートの動きを確認

下のチャートをご覧ください。月足です。

20150924gbpaud月足

これを見ると、GBP/AUDはトレンドが継続しやすい通貨ペアだと分かります。そして、現在は上昇トレンド継続中で、過去最高値まではまだ余裕があります。

ということは、現在はボックス相場ですが、上昇する確率のほうが少し高いのでは?と読むことができます。

ゆったり為替の場合、日足のトレードならば、スワップポイントの損を無視してトレードすることができます。そこで、ボックス相場から上に離れたところで買うという選択肢が出てきます。

→ ニュージーランドドル/カナダドル(NZD/CAD)は大相場期待か?
→ 豪ドル/NZドル(AUD/NZD)はボックス相場を展開中だが、上昇するか?
→ 豪ドル/カナダドル(AUD/CAD)のチャートを確認してみよう