トレーダーの日常生活

ポジポジ病にかかりそうなとき:ゆったり為替の治療方法

投稿日:

「利小損大」「ポジポジ病」・・・負けパターンで名前がついているものがいくつかあります。

ゆったり為替はこの種の病にかからないだけの訓練を積んできました。しかし、再発しそうな場合もあります。そのときのゆったり為替の対処法を紹介します。


ポジポジ病とは?

ポジポジ病とは何か?をここで確認しましょう。

「とにかく何でもいいからトレードしたい!」という状態です。

勢いでポジションを構築してしまいます。こういう時のトレードは合理的思考に基づかないでしょう。とにかくトレードしたいという欲求に基づいたトレードですので、往々にして負けてしまいます。

このパターンで負けてしまう人が多いのでしょう。いつしか「ポジポジ病」という命名までされています。

ポジポジ病が再発しそうになるパターン

ゆったり為替がポジポジ病を再発しそうになるときは、たいてい決まっています。

ポジポジ病再発危機が生じるとき:
勝つ可能性が極めて高い!と自信を持って開始したトレードで負けたとき

確度が高いと考えたトレードで負けると、「何ぃ!」となります。確度が高いといっても100%でないことは明らかなので、負けることもあります。

頭では分かっていて感情もコントロールできるのですが、感情のコントロールが難しい場合もあります。このときが、ポジポジ病再発危機です。

ゆったり為替の治療方法

一般的には、ポジポジ病になってはいけないといいます。しかし、どうすればポジポジ病にならないか?まではなかなか書いてないのではないでしょうか。

ゆったり為替のポジポジ病回避方法例は以下の通りです。

ゆったり為替のポジポジ病回避方法の一つ:
あえてポジポジ病にかかってデイトレードする。ただし、2つの条件あり。

1 取引ごとの損益を小さく収める
2 トレードする際には根拠あるトレードをする

トレードしたいのにしないで我慢するのはストレスです。そこで、自らポジポジ病にかかってトレードします。ただし、上で書いた2つの条件を付けます。

すると、条件2が効いているせいもあるでしょうが、取引画面を眺めただけでトレードしないで終了ということが大半になります。また、トレードしたとしても、1回の損益が小さいですから、勝っても負けてもほとんど影響ありません。

とにかく今の感情を収めることに注力したいならば、「毒を以て毒を制す」というこの方法もアリでしょう。

→ トレード方法を少し修正:今後も採用すべきか、思案中・・・
→ 「専門家」の為替相場予想を読んでみた。その結果・・・

-トレーダーの日常生活

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.