その他のトレード方法

ゆったり為替は、トレード方法の重要度についてどのように考えているか

投稿日:

世の中には、数えきれないほどのトレード方法があります。

多くのサイトに案内されているような方法だけでなく、個人が公開しているMT4のインジケーター等を含めて考えますと、もはや計測不能なほどの数です。

そこで、ゆったり為替はトレード方法についてどのように考えているのか?をご紹介します。 


トレード方法に関する、ゆったり為替の考え方

・ あまりに完璧な方法を探すと、疲れる・・・。

何だ?このだらけた内容は!という感じですが、完璧な方法を探すと、本当に疲れます。ゆったり為替は、おそらく4桁の数のトレードパターンを一つ一つ検証してきました。

チャートを眺めたり、MT4を使ったり、エクセルを使ったり・・・しかし、完璧な方法はありませんでした。あえて書くなら、米ドル/円(USD/JPY)が80円を割ったら買いでしょ!とか、豪ドル/円(AUD/JPY)が60円を下回ったら買いでしょ!とか。

それって、トレード方法と言って良いのかどうか怪しいですが、ゆったり為替が最も好きな方法でもあります。

勝率100%を目指すから疲れるのであって、勝率55%でもいいから、最終的に損しない方法はないかな~くらいの気持ちで考えると、トレード方法は見つかるものです。

連敗しても信じられるか?

あとは、実際にそのトレード方法を採用した時に、連敗してもその方法を信じて使えるか?です。

これはかなり重要だと思います。本当は最終的に負けない方法であったとしても、途中で使うのをやめてしまえば、負けて終わりかもしれません。

ウェブサイトで情報を探して、「この方法はいいんじゃないかな?」と感じたくらいのトレード方法の場合、連敗してもその方法を使い続けられるか?と問われれば、難しいのではないでしょうか。負け続けても使い続ける理由がないからです。

過去について、そのトレード方法を使った時の
・ 勝率を把握している
・ 勝つときの見込額を把握している
・ 大負けするときの状況を把握している

こういう情報を持っていれば、連敗しても「過去の最大連敗数は・・・だから、まだ大丈夫」と耐えられるかも知れません。

欲を言えば、自分で試行錯誤して見つけた方法が望ましいです。最終的に負けない方法であっても、他人から簡単に得た方法では、歯を食いしばって使い続けるのは難しいかもしれません。

苦労して見つけた方法なら耐えられる

バックテストをしてみると、ほとんど全てが使えないトレード案だと気づきます。スーパーマンのような素晴らしいトレード方法がないからこそ、群雄割拠のようにトレード方法が乱立しているといえるでしょう。そして、それらの方法はどれも、「自分の方法は素晴らしいよ!」という顔をしています。

そんな中から苦労して探し出した方法、そういう方法ならば、少々の困難に遭遇しても使い続けられると思います。
 

「ウェブサイトで良いトレード方法を探しているけれど、見つからない」このような不満をお持ちの場合、考え方を転換してみると良いかもしれません。すなわち、自分で見つけるのです。

・ MT4を勉強しよう!
・ エクセルでバックテストしてみよう!
・ 上の二つはしんどいから、マネーパートナーズのHyperSpeed NEXTでバックテストしよう!

急がば回れ、です。自分で探すと、新しい発見があるかもしれません。

ただし、「発見があるかもしれません」です。ゆったり為替の場合、100パターン検証して全てダメだった・・・ということは珍しくありません。むしろ、たいてい全滅です。

全部ダメだった場合、それは徒労ではありません。そのパターンはダメだったという知識を得ることができます。また、ダメだと分かった方法から新しい何かがひらめくこともあります。

FXで勝つために必要な条件

以上のように考えると、FXはしんどいです。強烈な運を持っていれば勝てるでしょうが、ゆったり為替には残念ながらそのような運はありませんでした。

そこで、ゆったり為替が考える、FXで勝つために必要な条件とは!

FXが好きだという情熱

これです。困難に遭遇しても情熱で打ち破る気合です。ゆったり為替はデイトレがヘタクソですが、その理由はおそらく、デイトレが好きでないからでしょう。「絶対デイトレで勝つ!」という情熱が今一つです。

→ ピラミッディングはメリットもデメリットも大きいが、価値あり!
→ 勝率60%なら、100回トレードして60回勝つ?それって本当ですか?
→ バックテストって、どうやればいいの?
→ ゴールデンクロスのバックテスト(ポンド/円)

-その他のトレード方法

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.