トライオート実践記録

ゆったり為替の成績(7月6日の週):第3回トライオートFXグランプリ

投稿日:

今週の第3回トライオートFXグランプリ。ゆったり為替の成績はどうだったでしょうか。

成績と分析をお届けします。



結果: 

仕掛け注文: 205円(仕掛け:売り追尾_300pips_AU_利確30p_1K)
pinbar: 0円

通算成績:

仕掛け注文: 205円
pinbar: 0円

7月10日(金)時点の順位
損益ランキング: 230位
獲得pipsランキング: 210位

今週の評価:

今回は仕掛け注文を使うと決めていましたので、早速6日(月)に稼働・・・の予定でしたが、ギリシャ問題で相場が大荒れ。円高の可能性のほうが高そうだと思いながらも、ゆったり為替のチャート分析が使えない動きでしたので、見送りました。

そして、7月7日(火)に初めて仕掛け注文を使ってみました。豪ドル/米ドル(AUD/USD)で売りの仕掛けを選択しました。

ただし、7月7日(火)はオーストラリアの政策金利発表日だったので、(普段とは違いますが)政策金利発表後に為替レートが飛ばなかったことを確認してから稼働しました。この辺り、いつもとは異なる公開トレードならではのゆったり為替の行動が見られます。

さて、夜になって確認してみると、見事に下落していました!そこで口座を確認してみると・・・おっと、利益が数百円しかない?!

そうだった・・・1,000通貨の取引でした。1,000通貨だと、100銭の値幅でも1,000円の利益です。5,000通貨を選ぶべきだったか?と思いましたが、ギリシャ問題がどう動くか分からないので、1,000通貨でOKです。

今回の仕掛け注文は、1,000通貨の取引を数多く設定して小さな利益を積み上げており、損切り注文は遠くに設定しています。この場合、スイングトレードの目標値に到達しなくても、相場がジグザグと動いてくれれば小さな利益を積み上げることができます。

今回の利益はこれに該当しました。

本来ならば取引を継続して来週以降も利益確定を繰り返してほしいところですが、週末にギリシャ問題でどのような動きになるのか分かりません。大きく上方向に窓が開くと困るので、仕掛け注文を終了しました。

初めて仕掛け注文を使用してみて、かなり雰囲気をつかめました。頭で理解しているのと実際に行動するのでは、かなり違います。選んで使うところはシストレと似ていますが、その実質的部分で大きく異なるところがあります。回を改めて、その違いを報告します。

なお、利益は少額ですが、10日(金)に受信したメールによると、損益も獲得pipsも順位は200番台前半です。多くの人はまだ様子見といったところなのでしょう。

→ トライオートの特長はこれ!チェックすべき6つのメリット
→ 第3回トライオートFXグランプリの取引方針決定!

-トライオート実践記録

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.