EUR(ユーロ)

ギリシャ国民投票(2015年7月)の開票速報は日本時間でいつ?

投稿日:

→ (7月6日追加)ギリシャ国民投票の結果速報

ギリシャの国民投票が7月5日(日)に実施されます。いよいよ明日です。しかし、その結果はいつ発表されるのでしょうか。

ギリシャの国民投票公式ページを見ても書いてないし、前回の選挙の時と同じような感じかな・・・と思っていたのですが、情報がありました。



(ソースはロイター) 
投票締切時刻: 日本時間7月6日午前1時
出口調査速報: 投票締切後ほどなく開始
公式速報発表: 日本時間7月6日午前3時ごろ

投票締切後すぐに開票速報が始まるところは、日本の選挙速報と同じような感じの模様です。

出口調査の発表が午前1時。ゆったり為替は完璧に寝ている時間です。ゆったり為替の気合がみなぎっている場合は、早寝して午前1時前に起きて、情報収集にあたろうと思います。その結果をブログでお伝えします(その時間に起きていればですが)。

さて、選挙前の世論調査の状況ですが、各社の情報を見ると、債権団の緊縮増税要請受け入れに賛成する票が、反対票を上回っているようです。しかし、その差はわずかです。どうなるのか事前に予想することが難しいです。

ロイターの情報をみると、銀行や投資銀行などでは、もしもの場合に備えてスタッフ集合!という感じらしいです(スタッフ集合!の模様は、上のリンクからご覧ください(英語記事です))。

なお、今回は、ゆったり為替のトレードスタイルから考えると、投票結果がどうなってもトレードはできそうもありません。

・・・いや、「らくらくFX」で、ゆったり為替のデイトレ能力向上プロジェクトを実施中です。よって、デイトレはするかもしれません。

らくらくFXはスリッページがないというシステム設計ですが、果たして、ギリシャの結果を受けて波乱の相場になっても、それが維持されるかどうかに注目したいです。

また、ゆったり為替はAUD/CHF(豪ドル/スイスフラン)を超長期で買って持つというトレードをしています。大波乱でスイスフランがさらに急騰したらどうする?ですが、「よっしゃ~!」という感じで買います。

どこまでスイスフラン高になったらどれだけ買うか、ということを事前に決めているので、あとはそれに従って買うだけです。少し怖いですけれど・・・。

→ (7月6日追加)ギリシャ国民投票の結果速報(随時更新)
→ (7月6日追加)ギリシャ国民投票:投票締切後発表の世論調査は「NO」優勢

→ 緊縮財政反対は民意か?(2015年7月:ギリシャ国民投票)
→ ギリシャの長期金利推移を振り返る(1993年1月~2015年5月)
→ ギリシャとユーロはどうなる?トレードしづらいことこの上なし。

-EUR(ユーロ)

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.