トライオート実践記録

第3回トライオートFXグランプリの取引方針決定!

投稿日:

第2回トライオートFXグランプリでは、取引頻度が少ないうえにマイナスの成績を計上するという、面白くない結果になりました。

その反省を生かして、今週から始まった第3回トライオートFXグランプリでは、以下の方針を採用します。守備重視の中でも、積極的に利益を狙いに行きます。



第3回トライオートFXグランプリのトレード方針

目標 第2回トライオートFXグランプリのマイナスを取り返すぞ~!

え?ランキングトップ10を狙うんじゃないの?というツッコミがあるかもしれません。その目標を設定して実際にトレードすることも可能ですが、私の守備重視のトレードスタイルからかけ離れることになります。

守備重視とは、たとえば、10連敗して精神的にも大ダメージを受けてどうしようもない状況になっても、FX市場から退場することがないというトレードです。FXは勝つことよりも負けないことのほうが重要です。

そのためには、1トレードあたりの取引量を、証拠金比で1%~2%程度以下に抑える必要があります。また、スイングトレードは数多くのトレード回数を見込めません。

このため、上位10位を狙うぞ!という目標は設定しないことにします(本当はしたいですが)。

<取引方法その1>

1. 取引シグナル: Pin Bar

2. トレード方法: 
トライオートで取引可能な通貨ペア全てでpinbarを狙います。1トレードの取引数量は10,000通貨とし、主に日足を使います。具体的なトレード方法は以下の通りです。

・ トレード可能なPin Barが出現したと思ったら、トレード開始。
・ トレードすべきかどうか迷ったら、トレード開始。
・ 第2回のときと異なり、始値付近でトレード開始。
・ 翌日朝(午前5時台)に決済。
・ あらかじめ損切り注文と利益確定注文を出しません。ただし、大きな含み損益が実現するなどする場合は、翌朝午前5時台になるのを待たないで決済するかもしれません。
・ 引き続きポジションを持つべき十分な理由がある場合は、2日目もポジションを維持します。

かなり積極的なトレードです。第2回トライオートFXグランプリでは、安全重視のトレード方針でした(結果が伴っていませんが・・・)。今回は、pinbarが出たらトレード!という感じで攻めていきます。守備重視の中でも攻めに重きを置きました。

皆様にお伝えできるpinbarトレードのサンプル数が大きく増えると期待できますので、本当にpinbarは有効なのか?有効でない場合は何が原因なのか?といった分析をしていただけると思います。

<取引方法その2> 

1. AP注文を積極的に使用する

2. トレード方法:
1トレードの取引数量は1,000通貨~5,000通貨とします。具体的なトレード方法は以下の通りです。

・ ランキング機能を使って、「勝てるかも?」と思う仕掛け注文を使用
・ 継続的に使うかどうか、毎日確認

ゆったり為替のAP注文といえばトラップ系の取引だけでしたが、とうとう正統派(?)のAP注文に参入します。自分で作るのは大変なので、ランキング機能をフル活用します。

取引方法1と2を同時に実行すると、取引数量がかなり多くなると期待できます。第2回トライオートFXグランプリの時とはかなり異なる状況を皆様にご紹介できると思います。

→ トライオートの特長はこれ!チェックすべき6つのメリット
→ pin bar の有効性を振り返る

-トライオート実践記録

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.