トライオート実践記録

1トレードあたりの取引額は、やはり小さくすべき!

投稿日:

第2回トライオートFXグランプリでのゆったり為替の成績は散々です。仕方ありません。

ここで、証拠金額と取引数量のあるべき関係について、改めて確認しましょう。FXの世界で長生きするために極めて重要な内容だと思います。 



1回のトレードでの損失額は、口座に入金した証拠金額の1%くらいにすべき。多くても数%まで!

これは重要だと思います。今回の第2回トライオートFXグランプリにおいて、ゆったり為替の状況は以下の通りです。

入金額: 100万円
1トレードあたりの損失額: 証拠金額の0%台~2%未満

連敗しても、損失合計額の比率は小さくとどまるでしょう。 非公開のいつものトレードならば、10連敗でマイナス10万円でも何も感じないですが、公開しているので少々気が重いです。

しかも、負け方が面白くないです。相場予測そのものは外していないのですが、損切りの注文レートの判断が良くありません。

気が重いと、トレードの判断が鈍るでしょう。すると、負けトレンドからの復活には時間がかかるかもしれません。仮に、1取引で証拠金の5%の損失(5万円)を想定した場合、わずか5連敗でも証拠金比で25%の資金を失ってしまいます。

気の重さに加えて、負けの金額の重さ。かなりシビアな状況になるかもしれません。

なお、損失の大きさがいくらになると、証拠金を元の額に戻すにはどれだけ大変かという記事を以前書きました。こちらも是非参考にしてください。

→ 負けから復活するために必要な利益率はとても高い

ゆったり為替の第2回トライオートFXグランプリは負けでしょうが、資金管理は万全なのでこれからもFXを続けることができます。調子が上向いて来たら資金を回復すればOKです。

資金管理が悪くて全てを失ってしまったら、トレードできなくなります。調子が上向いても意味がなくなってしまいます。よって、再び上の話に戻ります。

1回のトレードでの損失額は、口座に入金した証拠金額の1%くらいにすべき。多くても数%まで!

→ トライオートの特長はこれ!チェックすべき6つのメリット
→ ゆったり為替の成績(6月8日の週)
→ 調子が上がらない時のトレードのやり方

-トライオート実践記録

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.