トラリピ実践記録

両建てトラリピ記録29

投稿日:

豪ドル円(AUD/JPY)でトラップを54.20円~107.80円に仕掛けるという、両建てトラリピです。
取引開始来の結果は以下の通りでした(2014年8月21日開始)。

実現損益 : 119,759円
評価損益 :  -31,320円

合計 :   88,439円



先々週とは異なり、先週のAUD/JPYは比較的大きく上下動しました。上下動した結果の週足は少し円高でした。この両建てトラリピにとってとても良い状況です。

売りのポジションよりも買いのポジションのほうがかなり多いので、スワップポイントの状況も改善しました。先週までの結果をグラフで確認しましょう。

20150314 両建てトラリピ

2015年になってから、評価損は5万円よりも悪化することはなく、概ね3万円くらいで推移しています。一方、実現損益累計額(リピートとスワップポイントの合計)は右肩上がりで推移しています。

よって、合計も右肩上がりとなっています。

今後もこのまま推移するか?ですが、しないでしょう。調子が良いと、このままずっと続いてほしいと思うものです。しかし、それはただの願望にすぎません。いつか厳しい場面が訪れると考えるべきでしょう。

このため、取引数量を追加せず、増加した証拠金はそのまま保有します。

こうすれば、いきなりAUD/JPYが108円になって損切りになっても、損失は限定的になります。大きく円高になるときも含み損が大きくなりますが、スワップポイントはプラスです。そこで、年単位で回復をゆっくり待ちながらリピートを積み重ねます。

→ M2Jのトラリピで押さえておくべき3つのメリット
→ 円高の時に始める両建てトラリピ:リスク管理が割と容易!
→ 両建てトラリピは、実際のところ採用する価値はあるだろうか?
→ 両建てトラリピの勝算を考える
→ トラップの配置イメージ図のある記事

******************** 
取引システム : M2Jのトラリピ(バーチャル取引)
通貨ペア : AUD/JPY
取引数量 : 1つの指値につき1,000通貨
<ロング>
  トラップ範囲 : 54.20円~95.00円
  トラップの幅 : 20銭
  利食い幅 : 50銭(500円)
  損切りレート : 54.00円
  長期ロング(ショートのスワップ損回避用): 86.04円10,000通貨
<ショート>
  トラップ範囲 : 68.00円~107.80円
  トラップの幅 : 95.00円~107.80円・・・20銭
             68.00円~  94.80円・・・40銭
  利食い幅 : 50銭(500円)
  損切りレート : 108.00円
******************** 

-トラリピ実践記録

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2018 All Rights Reserved.