バックテスト

裁量トレードで必要なバックテスト期間は?

投稿日:2015年3月16日 更新日:

過去記事において、勝率と実際の勝敗数の検証をしました。

勝率60%なら、100回トレードして60回勝つだろうか?

勝率60%のトレード方法があったとします。このとき、100回取引したら60回勝つのは、明らかなように思います。しかし、本当でしょうか。 勝率60%で100回取引した場合に勝つ回数と、それが実現する確率 ...

続きを見る

今回は、裁量トレードでバックテストに必要な期間について考察します。

バックテストとは

最初に、バックテストとは何なのかを確認しましょう。

バックテストとは、あるトレード方法を過去の相場で使った場合、どれくらいの成績を収めることができたのかを確認することです。

「これはイケる!」というトレード方法が、直感的にひらめくことがあります。

直感を信じて、いきなりトレードする人が少なくないと思います。しかし、その方法が、過去において機能したかどうかを確かめることも大切です。

というのは、そのひらめきがハズレだった場合、損してしまうからです。

もちろん、過去において優秀な成績だと確認したトレード方法が、将来はダメな方法になってしまうということもあります。

しかし、その逆、すなわち、今まで全然ダメだった方法がいきなり優秀な方法に変貌する、というのは考えづらいものです。

バックテストに必要な期間

では、どれくらいの期間でバックテストすれば良いでしょうか。

ここで、この記事の冒頭でご案内した記事が、参考になります。その記事によると、取引回数が100回程度の期間では短いです。少なくとも数百回、1,000回は必要でしょう。

というわけで、必要なバックテスト期間は、以下のとおりではないでしょうか。

  • スキャルピング:1年間~3年間
  • デイトレード:1年間~3年間
  • スイングトレード:5年間~10年以上
  • ポジショントレード:可能な限り長期

スキャルピングやデイトレードは、1年間~3年間としました。本来は5年、10年とやった方が良いでしょう。バックテスト回数は1,000回を余裕で超えるはずです。

しかし、実際に実行できるだろうか?という問題があります。そこで、1年間~3年間としています。

また、スイングトレードは、1,000回のバックテストは現実的でないです。ただし、数多くの通貨ペアで実行するなら可能かもしれません。少数の通貨ペアですと難しいです。よって、検証期間を長くしてカバーします。

なお、ポジショントレードで1,000回バックテストしようとしても、それは無理です。よって、ポジショントレードは、可能な限り長い期間で考えることになります。

ゆったり為替はポジショントレードを得意としますが、チャートを見る期間は25年くらいまでが多いです。

それよりも過去に遡ると、バブル経済以前を含むことになります。バブル経済までとそれ以降では、円を含む通貨ペアの値動きは大きく異なります。よって、参考にできる機会は限られます。

バックテストの方法

では、バックテストをするとしましょう。

チャートを見ながらバックテストをしても良いです。ゆったり為替は、チャートを見て考えるのを基本としています。

しかし、スキャルピングで数年間分のチャートを眺めてバックテストするのは、不可能ではないにしても、それに近いものがあります。

MT4でバックテストしても良いですが、それができる人は何人いるでしょう?難しいです。では、どうすればよいか?

チャートの目視と併用して、FX業者が提供しているバックテストのツールを使うのが選択肢になりそうです。

使いやすいバックテストツールを公開しているのは、マネーパートナーズの「HyperSpeed NEXT(ハイパースピードネクスト)」です。

バックテストのツールというと、難解なイメージがあります。

しかし、マネパの場合、比較的容易にバックテストすることができます。主なインジケーターを使ってバックテストができますので、トレードする前にバックテストしましょう。

FXでは儲けることも大切ですが、損しないこともとても重要です。

【公式サイト】マネーパートナーズ
株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX

-バックテスト

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2018 All Rights Reserved.