未分類

MT4でもマイナススプレッド&節税できる!

投稿日:

ダンスネコ楽天証券(旧FXCMジャパン証券)のTS口座でマイナススプレッド&節税ができるという利点をご紹介しましたが、これがMT4にも採用されることが分かりました。



楽天証券(旧FXCMジャパン証券)のホームページに、1万通貨を取引する場合の従来のMT4のレートと新しいレートの差が掲載されていますので、それを使って説明します。

FXCM_MT4

ドル円(オレンジの四角で囲った部分)を例にとりますと、

新: スプレッド0.1銭(例)+往復手数料0.4銭=取引コスト50円(10,000通貨あたり)
旧: スプレッド1.1銭=取引コスト110円

ディスカウント率54.50%・・・手数料が半額以下になります。

なお、新レートのドル円スプレッドは0.1銭とありますが、銀行間レートをそのまま提示しますので、実際はこれよりも小さいこともありますし、大きいこともあります。

また、預入証拠金が150万円以上になると、往復の取引手数料が減額されます。ディスカウント率がもっと大きくなるのです。
さらに、この取引手数料を経費として税務署に申告できます。すなわち、税金を減らせます。

ゆったり為替は楽天証券(旧FXCMジャパン証券)でMT4を使っていますので、この変更は歓迎です。
この有利な手数料体系は、MT4だけでなく通常の取引口座であるTS口座でも採用されています。

→ 危機を経て、楽天証券(旧FXCMジャパン証券)が使いやすくなりました!
→ 楽天証券(旧FXCMジャパン)のマイナススプレッド提示率は、驚異の18%




-未分類

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2018 All Rights Reserved.